TOP>ニュース > 猫カフェ初心者はチェック!今すぐわかるルールと楽しみ方

  • ニュース

猫カフェ初心者はチェック!今すぐわかるルールと楽しみ方

猫カフェに行ってみたい人、結構多いのでは?

近年、飼育頭数が犬を抜いて、日本一位になっている猫。その人気は未だに留まるところを知らず、猫需要も高まりを見せている。

一方で日本では住環境的にペット付加の物件に暮らしているという人も多い。そのため、せっかく猫好きなのに、日常的に触れ合えず、フラストレーションを溜めているという方も……。

そういう場合、猫カフェに出向くというのは、とても有効な対処だ。日本各地に開店している猫カフェでは、お店ごとに色んな猫ちゃんたちがあなたを待っている。だから、すぐにでも……それこそ今からすぐに猫カフェに飛び込んでほしい!そうは言っても、猫カフェを利用したことがないという猫好きさんも少なくないはず。

そこで今回は、猫カフェ初心者でも読むだけで猫カフェという施設のルール、仕組み、料金体系などがおおよそつかめるコラムを書いていきたい。ちょっと長いけど、これさえ読めば、もう知識面では歴戦の猫カフェユーザーにも遜色ないレベルに近づけるに違いない!

料金制度はどうなっているの?

行ったことのないお店で一番気になるものって、やっぱり費用だ。「猫カフェに行きたいけど、料金がどのぐらいかかるかわからない」という方もいることだろう。こういうときはまず、最寄りの猫カフェをネット検索するに限る。

するとその猫カフェのホームページが用意されていることが多いので、閲覧して料金システムを調べればOK。ただ、中にはホームページがない猫カフェもある。このような場合は、相場を頭に入れておくといい。

全国津々浦々の猫カフェ。その料金制度は基本的に大体似通ったものがある。このパターンを知っておくと、はじめての入店でもお財布の中身の心配をする必要はなくなる。

たとえばフリータイム制を採り入れている猫カフェってのは結構多い。これは入店した時点で1000円から2000円前後の料金を払い、さらにドリンクやお菓子などを、別途数百円単位の料金を支払ってオーダーするという形になる。
お店によってはフリータイムの料金にワンドリンク分が含まれているケースもあるので、そういう場合はちょっとお得だ。カラオケ店と同じく、猫カフェのフリータイムはかなり混雑しない限りは時間を気にせずのびのび猫と触れ合うことができるのが嬉しい。

一方で、「20分で500円」といったような形で、時間毎に料金を設定している猫カフェも多い。この手の猫カフェは、「あまり時間はとれないけど、猫と触れ合いたい」という忙しい人には最適だろう。
もっとも、この料金制もたとえば1時間以上利用すると1500円程度を上限に、それ以上金額が発生しなくなるというシステムを採っている猫カフェも多い。

猫カフェ利用者の目的は、猫と触れ合ってリラックスすること。そのための対価は、多くても平日で2000円ほどと考えておけば、大体間違いはないだろう。ちなみに、土日、祝日の場合は幾分料金も高くなる傾向があることはおぼえておきたい。もちろん、ドリンクや猫にあげるおやつなどは、都度注文ごとに料金がかさむのは言うまでもない。

猫カフェの利用上のルールは?

料金の話をしたところで、次は猫カフェを利用する際のルールについても書いておきたい。これはしっかり店舗に注意書きとして掲示しているお店も多いんだけど、まずは猫の嫌がることはしないのが大前提。

いくら構ってほしいからと言って、寝ている猫ちゃんを起こしたり。嫌がっている猫ちゃんをしつこく追いかけたり。
自分から膝に乗って来ていない猫ちゃんを抱っこしようとしたり。こういうことをしてはいけない。

たまに「せっかく猫カフェに来たのに、すぐに抱っこできないの?」と残念がる人もいる。だけど猫も人と同じく、知らない人が来たら最初は様子をうかがうもの。じっと我慢していればそのうち抱っこをさせてくれる猫ちゃんに出会えるはずなので、「すぐに抱っこできない」と嘆くより、まずは猫ちゃんたちの警戒を解くことに努めたい。

また、大声を出すと猫がびっくりしてしまうので、店内では静かに猫と接するというのも、猫を目の前にしてテンションが上がってる人は忘れがちだが、大事なルールとなる。

猫カフェも色々あるけれど、大体上記のルールを守っていれば、猫にとってはいずれ確実に“いいお客さん”となる。せっかく猫カフェに滞在するのだ。猫からも興味を持ってもらえて、気に入ってもらえるお客さんになることを目指していこう!

猫カフェの予約ってできるの?

それから、猫カフェの大半は事前予約にも対応してくれる。自分が遊びに行きたい日を電話などで伝えておくことで、その日のお客さんの枠を開けて待っていてくれるというわけだ。

さらに猫カフェによっては、貸し切りの予約相談に応じてくれる場合も。貸し切りの場合は当然それなりにお金がかかってしまうが、たとえば猫好き同士でささやかなお誕生日パーティーを開催したいときなどには、思い切って相談してみるのもいいだろう。静かに、猫たちと一緒に楽しむパーティー会場を提供してもらえるのは、猫カフェぐらいのものだろう。

大がかりな貸し切りでなくとも、昨今はコロナ禍のためにお客さんの入店を原則予約に切り替えたという猫カフェもある。こういう場合は通常料金のままでの予約対応となるので、気兼ねなくどんどん予約を入れていこう!コロナで猫ちゃんも退屈しているかもしれないので、気晴らしになるようにあなたが彼らと遊んであげるのだ!

アレルギーがある人は入店注意という側面も…

猫カフェは、普段猫と暮らしている人も大勢利用しているが、他方で猫を可愛いと思っているけどなかなか実生活で触れ合う機会がないという人も訪れる。そういう意味では出会いの場とも言えるんだけど、世間には一定数の猫アレルギー持ちもいる。

症状は人それぞれで、猫と触れ合うと痒みをおぼえたり、呼吸がしにくくなるというアレルギー反応がでるなどのケースがある。なので、もしも自分が念願かなって猫カフェに来店したとして、少しでも普段と違う異変をおぼえたら、無理せずにスタッフさんに申し出を行おう。猫アレルギー持ちのお客さん自体は結構多いので、スタッフさんもそういう人への対処マニュアルを心得ている。

「あれ? なんか具合が悪いかも」と思いながら過ごすのも大変なので、異変があったらすぐに知らせよう。ちなみに筆者も猫アレルギー持ちだけど、軽度なので平気で猫カフェに顔を出すし、自宅では3頭の猫を飼っている。軽度であれば、猫アレルギーは全く問題にならない(でも無理は禁物!)。

保護猫カフェってなに?

ところで、猫カフェには珍しい品種の猫と触れ合えることがウリのお店もあれば、元々野良だった猫が待っているお店もある。元野良と言うとなんだか怖い感じもするが、綺麗にケアし、大事に飼育されて良く馴れている猫がほとんど。こういう猫がいる猫カフェは、通称保護猫カフェと呼ばれる。

保護猫カフェの特徴の一つに、譲渡可能というものがある。猫カフェのスペースにいる猫ちゃんたちの里親を募集しているというわけだ。

だから、もしも気に入った猫ちゃんがいたら、その子の里親に名乗り出ることも可能。もちろんそれなりの審査(ペット可物件に住んでいるか、アレルギーはないか、などなど)はあるが、これをパスすれば自宅でその猫ちゃんを飼うことができるようになる。保護猫カフェの運営は、恵まれない野良猫を減らすという意味もなり有意義なもの。しかし、カフェ側も屋外に暮らす猫全ては保護できないので、少しずつ保護していき、カフェで猫好きなお客さんや、里親候補さんが来るのを待っているのが現状なのだ。

そのため、保護猫カフェを利用することは、その活動を金銭的に応援するということでもあり、保護猫譲渡事業に光明をもたらすことでもある。この手のカフェで運命の猫ちゃんに出会ってしまった飼い主さんも多いので、興味がある方は是非訪れていただきたい。

おわりに

ここまで目を通してくださった方は、もう知識面では猫カフェマスターとさも似たり!まだ猫カフェ未経験という方も、あとは実際に出向いて猫ちゃんたちと触れ合うだけ、という状態になったはず。

猫カフェは癒しを得ることもできるし、猫と触れ合うことで猫という生き物への理解も興味も増えていく。興味が湧けば猫という動物とも自然に仲良くなれるし、通いつめれば在籍している猫たちと仲良くなって「抱っこできない猫がいない」という贅沢な状態を味わえるようにもなる。

せっかく全国各地に猫カフェはあるのだから、まだ行ったことがないという方も、是非足を向けてほしい。可愛い猫ちゃんが、手招きして待っているはずだ!

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

今日もみんなでニャルソック!先輩ネコの真似をする仔猫 (10.26)

ニャルソックする海くん、空ちゃん、天くん4
  • ニュース

猫が家に来て、妹の人生は変わった (10.25)

  • ニュース

いまさらだけど、なんで猫って靴下の臭いを嗅ぐの? (10.24)

  • ニュース

猫を多頭飼いしたときの、1匹目と2匹目の性格の傾向は? (10.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る