TOP>ニュース > 梅雨は猫にとって辛い季節!知っておくべき湿気対策と体調管理

  • ニュース

梅雨は猫にとって辛い季節!知っておくべき湿気対策と体調管理

梅雨は猫にとって辛い季節!知っておくべき湿気対策と体調管理

雨が降っている窓辺の猫

例年6月頃になると、ジメジメと蒸し暑い梅雨がはじまります。

2021年は全国的に梅雨入りが早い見込みで、沖縄~東海地方にかけてはすでに梅雨がはじまっているとのこと。

この時期は湿気と天気のせいでなんとなくだるかったり、頭痛に悩まされるという方も多いのではないでしょうか?

実は人間と同じように、猫も梅雨の時期に元気がなくなることがあります。

というわけで今回は、愛猫のために知っておきたい、梅雨対策と体調管理についてです。

猫は湿気の多い梅雨が苦手

雨が降っている窓のそばの猫

「猫に加湿器は必要なの?」の記事でも解説していますが、そもそも猫は砂漠に住んでいた動物なので、湿気の高い環境が得意ではありません。

猫が快適に感じる湿度はだいたい人間と同じで、50~60%前後といわれます。しかし、梅雨時期の東京の平均湿度はなんと82%にもなります(※)。

湿度が80%を超えると不快なだけでなく、ダニやカビの活動が活発になり、食中毒の原因となる細菌の繁殖にも適した環境になってしまいます。

猫のなかには、

  • よく吐く
  • 食欲がなくなる
  • よく寝る、だるそうにしている
  • 皮膚炎や脱毛の症状が見られる

 

など、梅雨の環境が原因で元気がなくなってしまう子も多いのです。

※参考 気象庁|過去の気象データ検索(2020年6月のデータより)

梅雨時期に気をつけたい猫の体調不良と5つの原因

こちらでは、梅雨時期に起こりがちな猫の体調不良と主な原因をまとめました。

症状や原因を知っておくことで事前に対策しておくことができるので、ぜひチェックしてみてください。

①体温調節が上手くできずに元気がなくなる

クッションの上で毛づくろい中の三毛猫

猫のグルーミングには、毛を清潔に保つ毛づくろいの他に、体温調節をする役割があります。

体についた唾液が蒸発するときに気化熱(※)となって体温を下げる仕組みなのですが、室温が高すぎてしまうとそれが上手くいかず、熱を放出することができなくなってしまうのです。

元気がない、ご飯を食べない、など熱中症のような症状を起こしてしまうことがあるので注意しましょう。

※液体が期待になるときに周囲の熱を一緒に奪っていく現象のこと

②換毛期で嘔吐が増える

床で寝ている茶トラ猫

その年の気温や猫によっては、梅雨の始まりぐらいまで換毛期が続いていることがあります。猫はもともとよく吐く生き物ですが、大量の抜け毛が原因の毛球症などには注意が必要です。

特に、短時間に何度も吐く、吐いた後ぐったりしている、下痢を併発している、嘔吐物に血が混じっている、などの場合は病気の危険があるので、すぐにかかりつけの動物病院へ相談することをおすすめします。

特に梅雨時期の嘔吐は体調不良のサインである場合もあるので、愛猫の様子をよく観察しておきましょう。

③傷んだフードを食べて食中毒を起こす

湿度が高い梅雨は、食中毒の危険性も高くなります。

人間の食べ物と同じように猫のごはんも痛みやすくなるので、フードの新鮮さや食器の衛生面にはいつも以上に気を使うようにしましょう。

食中毒の主な症状は、嘔吐や下痢、食欲不振、よだれ、痙攣、発熱、低体温など。食べた直後だけではなく、時間が経ってから症状が現れる場合もあります。

④ノミやダニが原因の皮膚トラブルが起こる

前述したように、梅雨の気温と湿度はノミ・ダニなどの寄生虫にとっては大好物な環境です。ノミ・ダニの活動が活発になると、猫がアレルギー性皮膚炎など皮膚病を起こすリスクが高まります。

皮膚に炎症があったり、やたらとかゆがる場合には病院に連れて行くようにしましょう。

また、なかには換毛期や湿気が原因の過剰なグルーミングにより、脱毛症状になってしまう猫もいます。

⑤ストレス・免疫力の低下から病気にかかりやすくなる

手を伸ばして寝ているキジトラ猫

梅雨の期間は1か月程度、長い年では1か月半程度続きます。

猫にとってずっと不快な環境が続くとストレスとなり、あらゆる病気の原因となってしまうことがあります。

突発性膀胱炎、尿路結石、心因性脱毛症、猫風邪などは、ストレスが起因していることも多い病気です。

ストレスを予防するためには、梅雨時期でも猫が快適に感じる環境づくりが必要です。

愛猫に元気に過ごしてもらうための梅雨対策

ここからは、梅雨の時期も愛猫に元気に過ごしてもらうためにできる対策をご紹介します!

どれも簡単にはじめられることなので、愛猫の体調のためにもぜひ実践してみてくださいね。

①こまめに換気をして湿気がこもらないようにする

籠の中で寝ているキジトラ猫

室内に湿気がこもらないようにするためには、まずこまめな換気が一番です。

「外の湿度が高い時に窓を開けては逆効果なのでは?」と思いがちですが、たとえ雨の日でも窓を開けることは湿気対策になります。

ポイントは2か所以上開けて、空気の通り道を作るということです!

窓を開けるときは、ネコチャンが脱走しないように注意してくださいね。

②除湿器やエアコンのドライモードを利用する

一日家を開けるときや、窓のない部屋であれば除湿器やエアコンのドライモードを活用するのがおすすめです。

ただ、猫は寒いのも苦手なので部屋の温度は下がりすぎないように設定してあげましょう。

エアコンをつける時は風が直接猫に当たらないように上向きにして、寒くなったら他の部屋と行き来できるように部屋のドアを少し開けておいてあげるのもポイントです。

③フードと水を新鮮に保つ

ご飯を食べる猫

食中毒を予防するためには、梅雨の時期の食べ残しはすぐに処分して、置きっぱなしにしないことが重要です。

ごはんの時間にはフードボウルや水入れをしっかり洗い、水もいつも以上にこまめに変えてあげましょう。

フードの保管場所についても高温多湿を避け、湿気対策などを行うのがおすすめです。

④晴れの日を有効活用する

窓辺で寝ている猫

猫にも安全なダニ予防をするなら、日光による殺菌消毒が一番です。

梅雨時期は晴れの日が少ないので大変ですが、お日様が出ている日には猫が使うベッドやお布団などを干すのも忘れないであげてくださいね。

干すときに先に叩くとダニが奥に逃げてしまうため、たっぷり日光を当てた後、しまうときに表面を払うようにしてダニを落とす方法がベストです。

⑤ストレス発散の爪とぎやおもちゃを用意する

梅雨は体がだるくて運動不足になりがちな時期なので、ストレス発散のためにもいつも以上に積極的に遊ばせてあげたいところです。

新しいおもちゃなど、猫のお好みに合わせて魅力的なものを用意してあげると良いでしょう。

ストレスのはけ口になる爪とぎやカミカミ系グッズ、けりぐるみなどを新調してあげるのもおすすめですよ!

湿気対策をして愛猫と梅雨を乗り切ろう

お花とブリティッシュショートヘアー

湿度が高すぎると猫の健康にも精神的にもあまり良いことはありません。

気温がそこまで高くないからといって気を抜かず、梅雨の時期はしっかり湿気対策をして、いつも以上に愛猫の様子を気にかけてあげてくださいね。

文/黒岩ヨシコ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫で釣られて結婚に至った猫好きの私 (6.21)

  • ニュース

コロナ禍だから再チェック!猫のワクチン接種の「副反応」リスク (6.21)

  • ニュース

「行動力」が明暗を分ける。あなたにはある?ない?【心理テスト】 (6.20)

  • ニュース

子猫の食事で大切な3つのポイント【獣医さんに聞いた】 (6.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る