TOP>ニュース > 実はこんなにあった⁉︎”猫の入浴”の健康メリット

  • ニュース

実はこんなにあった⁉︎”猫の入浴”の健康メリット

「猫に入浴は不要」は古い常識だった?

猫の健康に関する本の新刊を読むと、過去の常識がどんどん更新されていて驚くことがあります。その代表が、猫の入浴について。

これまで読んだ本では、猫の祖先は砂漠に住んでいたので、その記憶で水に濡れるのを嫌がることや、猫の被毛が水分を弾きにくく、濡れると乾きにくいのでストレスになること、そもそも日常的な汚れはなめて取るので、水浴する必要もないこと、などが常識として記されていました。

ところが、今年刊行された何冊かの本では、必ずしも入浴を否定していないばかりか、そのメリットがいろいろととりあげられていて、驚きました。日常的にシャンプーをしている猫は、口腔がんを発症するリスクが10分の1まで減少する傾向が示されているというお話も…! これはシャンプーによって被毛についた発がん物質が洗い流され、グルーミングで口に入るリスクが減少するためではないかと考えられているのだとか。

そこで、猫の入浴(シャンプー)にどんなメリットがあるのか、最新の説をまとめてみました。

入浴のメリット①…煙害リスクが軽減できる

煙草の煙が体によくないのは、人間も猫も同じこと。喫煙者がいる家の猫が口腔がん(扁平上皮癌)や腸のリンパ腫(消化器型リンパ腫)を発症するリスクが高いことはよく知られています。まさか今どき、猫と暮らす室内で喫煙するような飼い主はめったにいないと思いますが、「うちには喫煙者がいないから、煙害は関係ない」ともいえないことが、最近の研究でわかっているそうです。

怖いことに、その場に煙草の煙がなくても、環境中に残留した煙草由来の化学物質を人や動物が吸い込んでしまい、それが健康に悪影響を与える場合があるのだとか。これを「三次喫煙(残留受動喫煙)」といい、ドイツの最新の研究では、「禁煙」の映画館でも喫煙者の衣服や体についた有害物質が持ち込まれ、煙草10本分の濃度にもなる有害物質が存在したとか…!ということは(たとえ喫煙スペースで吸っていたとしても)職場に喫煙者がいたら、その人を介して有害な化学物質が飼い主の衣服などについてしまい、家に持ち込まれる危険性がゼロではないということ。そしてその有害物質が猫の毛や体につけば、グルーミングによって有害物質を口から接種してしまうことに…。しかし入浴を日常的にしていれば、そのリスクを減らすことができます。

入浴のメリット②…シャンプーで抜け毛除去

抜け毛が多い猫の場合、グルーミングで飲み込んだ毛が胃や腸などの消化器官に詰まって嘔吐や便秘などの症状を起こすことも…。そこで年に2回の換毛期にシャンプーをしてあげると、飲み込んでしまう毛が減ることになります。

入浴のメリット③…人間の猫アレルギーが軽減

家族の中に猫アレルギーの人がいる場合、入浴によってその症状が軽減されることがあります。というのも、猫アレルギーの原因となるアレルゲン「Feld1」は、軽くて空中に長く浮遊するため人間が吸入しやすいのですが、1週間に1回、猫をシャンプーなどで洗うことで、空中に浮遊している量を減らせることが報告されているそうです。

入浴が苦手なら、濡れたタオルで拭くだけでも

とはいえ、多くの猫はお風呂が苦手。医学的にも、猫をお風呂に入れるとストレスの指標である血糖値や乳酸値が大幅に上昇することがわかっており、いくらメリットがあってもストレスを与えてしまっては本末転倒です。

理想は子猫の時からお風呂に慣れさせておくこと。洗面器などにそっと入れ、短時間、ぬるま湯で湯あみをすることから慣らしていくのがおすすめです。成猫で特にお風呂が好きでない大部分の猫の場合、シャンプーほどの効果は期待できませんが、定期的に濡れタオルなどで体をふき、清潔に保ってあげるようにすると健康維持に役立つそうです。また猫用のシャンプーでパウダータイプのものは、パウダーをすりこんでブラッシングするだけなので体を濡らすことなく被毛の汚れを落とせます。

ただしくれぐれも人間用のシャンプーと兼用せず、猫が舐めても安全な成分を使っている猫専用シャンプーを使いましょう。

文・桑原恵美子

参考資料/「ネコのカラダにいいこと事典」(臼杵 新 監修/世界文化社)「獣医にゃんとすの猫をもっと幸せにする「げぼく」の教科書」(獣医にゃんとす 著/二見書房)

ぜんそく.com(http://www.e-zensoku.com/allergen/02.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

運動は効果なし…?デブ猫ちゃんは「食事制限」でダイエットを (6.12)

  • ニュース

野生目覚めよ!猫の本能をくすぐる猫じゃらし「ばねじゃらし」登場! (6.12)

  • ニュース

2人が寒そうだったから、ブランケットかけたらこんな感じに。 (6.12)

【ランドセル猫】93ー1
  • ニュース

小さすぎ!?世界の珍しい小型猫種3種 (6.11)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る