TOP>ニュース > 猫もフィラリア予防が必要?症状や予防薬について知っておこう!

  • ニュース

猫もフィラリア予防が必要?症状や予防薬について知っておこう!

猫もフィラリア予防が必要?症状や予防薬について知っておこう!

こちらを見ているマンチカン

フィラリア症は犬特有の病気だと思われがちですが、実は猫でもかかることがあります。

犬に比べると低いですが、感染率は意外と多く、室内外のネコチャンにとっても他人事ではありません。

というわけで今回は、猫のフィラリア症の症状や感染経路、予防薬についてまとめてご紹介します。

フィラリア症はどんな病気?

蚊

フィラリア(犬糸状虫)とは、蚊を媒体にして主に犬に感染する寄生虫のことです。

犬のフィラリア症は心不全などの深刻な心臓病を引き起こすため、命に係わる危険な病気として広く知られていますよね。

犬の場合、フィラリアの幼虫を体内に宿した蚊に刺されると、血管を通って心臓に寄生されます。

しかし、猫の場合は感染しても成虫になって心臓まで達することはごくわずかだといわれています。本来フィラリアは犬に寄生する生き物なので、猫の体内に入ったフィラリアの幼虫は猫の免疫反応によってほとんどが死滅するのだとか。

それなら大丈夫なのでは?とあなどるなかれ!

猫でも成虫に寄生された事例はあり、犬に比べて猫のフィラリア症は診断が難しいため、突然死や重篤化に繋がりやすいのです。

フィラリアが幼虫のまま死滅する場合にも、猫の体内で炎症を引き起こすため犬とは違った症状が現れます。

猫のフィラリア症の主な症状

具合の悪そうな茶トラ猫

  • 嘔吐
  • 息切れ
  • 呼吸困難
  • 食欲不振
  • 痙攣
  • 失明 など

 

主に肺や呼吸器に症状が現れますが、特異的な症状ではないため他の病気と区別しにくいのが猫のフィラリア症です。

猫喘息と誤解されることが多く、なかにはフィラリア症にかかっていてもはっきりとした症状が現れない猫もいるのだとか。

場合によっては突然死を引き起こすこともあり、死亡後の解剖検査でフィラリア症だと発覚することもあるということです。

猫もフィラリア予防をした方が良い理由

犬の場合、フィラリア予防が徹底されたことでフィラリア症で亡くなることが大幅に減りました。

近年は猫のフィラリア予防についても動物病院などで推奨されはじめていますが、実際にはまだ認知が低いのが現状です。

こちらでは猫もフィラリア予防をした方が良い理由についてまとめたので、参考にしてください。

①どこにでもいる“蚊”が感染経路だから

フィラリア症に感染した犬を吸血した蚊が猫を刺すと、猫の体内にフィラリアの幼虫が入り込み、感染します。

室内飼いのだと蚊取り線香などで虫除け対策をされている飼い主さんも多いかと思いますが、それでも100%蚊に刺されないとは限りませんよね。

外と自由に行き来しているネコチャンや、お出かけをする習慣があるネコチャンならなおさらです。

②猫でも意外と感染率が高いから

ねこのフィラリア症って?

出典:ねこのフィラリア症って?|ねこを守ろう

 

実は少し前まで、フィラリア症は猫には感染しないとされていました。

しかし近年は、猫の10頭に1頭はフィラリアの幼虫に感染しており、そのうちの約4割は室内飼いの猫だというデータも出ています。

実際に、猫の突然死の原因の約1割がフィラリア症だといわれています。

「猫には珍しい病気」と思われているのは、フィラリアだと診断されることが稀なだけだという意見もあるほどです。

③猫はフィラリアの抗原検査で発見されにくいから

通常、フィラリア症にかかっているかどうかは「フィラリア抗原検査」で確認します。

しかしこの検査はメスのフィラリアのみを検出するものなので、オスや幼虫のみではほぼ検出されないため、寄生数の少ない猫の場合発覚しにくいといわれています。

④猫は有効な治療法が確立されていないから

寝ている2匹の猫

犬のフィラリア症の場合、駆虫薬を使った治療や外科手術で成虫を取り除く方法があります。

しかし猫の場合、今のところ有効な治療法は確立されていません。炎症を抑えるためのステロイドやこれ以上の感染を防ぐための予防薬の投与を行い、完全に治すのではなくできるだけ症状を和らげる治療を続けることになります。

猫のフィラリア症の予防薬・予防法

ブロードライン【猫専用】フィラリア症予防・ノミ・マダニ、お腹の虫の駆除薬

出典:ブロードライン【猫専用】フィラリア症予防・ノミ・マダニ、お腹の虫の駆除薬|ノミダニフィラリア.com

 

発見するのも難しい、発見しても有効な治療法がない、完全室内飼いでも守ることができない、それならどうすればいいのか?

飼い主としては、やはり「予防」しかないのでは!ということになりますよね。

猫のフィラリア予防は、スポットタイプの予防薬を首筋に投与することで可能です。

有名なフィラリア予防薬

何に効果がある? 何歳から?
レボリューション6% フィラリア(犬糸状虫)・ノミ・ミミヒゼンダニ・猫回虫 子猫用(2.5kg未満)が生後8週間から
レボリューションプラス フィラリア(犬糸状虫)・ノミ・ミミヒゼンダニ・猫回虫・猫鉤虫・マダニ 子猫用(2.5kg未満)が生後8週間から
ブロードライン フィラリア(犬糸状虫)・ノミ・猫回虫・猫鉤虫・マダニ・瓜実条虫・多包条虫 S(2.5kg未満)が生後7週間から

 

注射や飲み薬ではないので比較的簡単で、動物病院でやってもらうこともできますが自宅で飼い主が行うこともできます(※)。病院がストレスになる猫でもチャレンジしやすいですね。

時期は関東でも5月~12月頃までの間、月に1回続けることが推奨されています。

ちなみに、ブロードラインと同社から出ているフロントラインプラスはノミ・マダニ・ハジラミの駆虫効果はありますがフィラリア予防薬にはならないので注意しましょう!

※フィラリア予防薬を自宅で投与する際の注意については次の見出しをご覧ください

勝手に行ってもいいの?副作用はある?

猫をなでる指

フィラリア予防薬は要指示医薬品に指定されているため、獣医師の処方・指示が義務付けられています。

副作用の危険もあるため、自宅で飼い猫に行う場合も自己判断でやるのではなく、必ずかかりつけの動物病院に相談してからにしましょう。

副作用として明記されているのは、一過性の過敏症(そう痒、赤み、脱毛)や、被毛の変色、投与部位を猫が舐めたことによるよだれや嘔吐など。

特に多頭飼いの場合、猫同士が毛づくろいし合うことで舐めてしまう危険性が高くなるので注意してください。

脱毛などは一過性であることが多いといいますが、異変が続く場合は獣医師に相談しましょう。

猫もフィラリア予防をしよう

窓辺で寝転がっている白黒猫

猫のフィラリア症の症状や危険性、予防の方法をご紹介しました。

徐々に気温が高くなり、これから蚊やダニの活動が活発になる季節。外をお散歩するネコチャンはもちろん、室内飼いのネコチャンも他人事ではないのがフィラリア症です。

予防薬の費用はかかりますが、愛猫の健康とは比較できないものなので、今までしたことがなかったという飼い主さんはぜひ今年からはじめてみてくださいね。

文/黒岩ヨシコ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫で釣られて結婚に至った猫好きの私 (6.21)

  • ニュース

コロナ禍だから再チェック!猫のワクチン接種の「副反応」リスク (6.21)

  • ニュース

「行動力」が明暗を分ける。あなたにはある?ない?【心理テスト】 (6.20)

  • ニュース

子猫の食事で大切な3つのポイント【獣医さんに聞いた】 (6.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る