TOP>ニュース > うちの猫は時々やってくる彼が大嫌いだ。

  • ニュース

うちの猫は時々やってくる彼が大嫌いだ。

虹の橋を渡る日まで

うちの猫は時々やってくる彼が大嫌いだ。玄関のドアが開いて、彼が入ってきたとたん、顔も見たくないって感じですっ飛んで逃げて、クロゼットの奥に籠城して絶対に出てこない。

「ホントにこの家に猫いるの?」なんて彼が不思議がるほど、猫は姿を見せずに隠れる。その間、猫はトイレにも行けないし、水も飲めない。猫のために、家に彼を呼ぶことは少なくなってしまった。

私の方が彼の家に行くことがどんどん増えて、コロナで外食できなくなってから、デートは彼の家が定番になってしまった。そして、彼に会いに行く時はスーパーで食材を買うという、まるで通いの家政婦さんみたいになっちゃってる。

最初は「悪いね」なんて食費をくれたけど、最近は「飲み物は買わなくていいよ」なんて、お酒とソフトドリンクで胡麻化されている。彼の自宅デートで、私の方の負担が増えてしまった。

こちらの不満を知らずに、彼は「ホント料理うまい!今度はさ、分厚い肉、焼いて」とか、「旬の鰹が食べたい」なんて我儘だ。

食後、私がひとりでお皿を洗っていても、「後でやるから、そのままでいいよ」なんて言って、ソファーでグーグー寝ちゃったり、オンラインゲームを始めちゃうなんて、ひど過ぎない?

歳上の彼が、私にだけそんな子供っぽい素の姿を見せてくれるのだと思って、嬉しく感じてはいたけれど、最近は、何だか靄(もや)って仕方がない。

今日もLINEで「これから来ない?」なんて誘われて、いそいそ支度をはじめたら、猫がフーフー怒っちゃった。彼が家に来たわけじゃないのに、気配でわかるのかしら?

「家に来ないから大丈夫だよ」と、膝に乗せてしばらく撫でていたら、ふと我に返った。彼は私の猫じゃないのに、なんで餌をやんなきゃいけないの?

私が餌をやらなきゃいけないのは猫だけだよ。何で毎回毎回、彼の好物を調達して、せっせと料理をして食べさせてやってんのかしら。

結婚してくれるんなら良いけど、そんな話、一度も出たことがない。彼が「料理上手」「おいしー」なんて喜ぶからつい餌をやっちゃってたよ。

危ない危ない、猫に怒られなかったら、彼の餌やりおばさんを続けていた。今日は手ぶらで行って、真面目に将来のことを話し合おうと思う。

文/柿川鮎子
東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

まるで猫のミルフィーユ!敷布団に入り込む姿が予想の斜め上だった (6.18)

  • ニュース

簡単そうで難しい問題!ペットにとって最適なフードの選び方とは (6.17)

  • ニュース

飼育6年目で初繁殖に成功!神戸どうぶつ王国で双子のサーバル赤ちゃんが誕生 (6.17)

  • ニュース

素朴な疑問。猫の女の子にも冷え性が多いのか? (6.15)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る