TOP>ニュース > 猫はあざとい?それは、人間のひがみと妄想が生み出した幻なのかもしれない

  • ニュース

猫はあざとい?それは、人間のひがみと妄想が生み出した幻なのかもしれない

実は猫も反省している。色眼鏡はかけないで!

ご存知の通り、猫はイタズラっ子です。高い所からモノを落としたり壁を傷つけたりフローリングで吐けばいいのに敢えてカーペットの上で吐いてしまったり。そんなとき飼い主が「コラッ!」と一喝すると一目散に逃げてしまいますが、しばらくすると若干うつむき加減で肩を落としながら出てきませんか?或いは部屋の隅の方で一点を見つめながら佇んでいたり。こちらを気にしながらも完全に目を合わせることなく、チラチラと覗きながら申し訳なさそうな雰囲気を演出しますよね?飼い主が近づいても視線を逸らしてどこか遠くを眺めては瞳をウルウルさせつつ……


それ演技だろ!笑


被害者ぶってるだろ!


遠くを見て黄昏れるなよ
!!!

その態度はあきらかに被害者意識を装い「悪いことをしたのは私だけど私は悪くない」を主張しまくっているように見えます。でも彼らはわかってやってるはず。あざといですよね?人間を舐めてますよね?

猫好きでさえ、たまに憤慨してしまいます。

しかし、ここは気持ちを落ち着かせて一旦視点を変えて考えてみませんか?

アングルを変えていろいろ考えたところ「猫のあざとさは人間のひがみと妄想が生み出している幻なのではないか?」と思ったわけです。

猫側の視点で見ると「人間なんて猫に従順なだけの生き物だから、どんなに悪いことをしてもテキトーに振る舞えば全然オケ」という雰囲気で生きているように見えます。その一点だけを見れば猫のあざとさのみが浮き彫りとなり、猫に問題があるかのようなイメージが定着してしまうのですが、それは猫好きにとってなんとなく不本意。

猫好きは猫が何をしとうと猫を悪く言いたくないのです。

悪いのは我々人間であると思いたいのです。

猫好きの屈折した感情がそこにはあるのです。

絶対に負けられない屈折した想いがそこにはあるのです。

なので【猫にイタズラされた時に許してしまうのは結局のところ飼い主が悪い!猫に対する人間の3大反省点】をここに記してみました。

①人間が猫のイタズラを許してしまうのは猫から嫌われたくないだけ 

猫と言えば日頃からツンデレで感情の変化をなかなか読み取れない相手。そんな難攻不落の生き物だからこそ猫好きは「相手に好かれたい」という気持ちが爆発してしまうのかもしれません。

そのため、必要以上に相手に優しくしてしまう人がいるんだと思います。自分に不利な事が起きたとしても「猫にそうさせてしまった自分が悪い」と思ってしまい、猫優先の生活を超越して「猫のイタズラ優先の生活」になっているのかも。猫に完璧に好かれるなんて頭では無理だと分かっているはずなのに必死に下手に出て好かれようとしてしまう。それも素敵な行為ですが自分が自分でなくなる可能性もあるので気をつけましょう。

②優しすぎるあまり猫のいいなりになって猫を堕落させてしまう 

猫が悪さをしても自分さえ我慢すればいい、自分がなんとかすればいい、そう思って全てを水に流す方も多いと思います。しかしその優しさは猫にとって「優しさのみ」で伝わればいいのですが、なんでも許されると伝わってしまうと自由を超えた自堕落へと導いてしまうだけかもしれないのです。尽くしてあげることは大切なこと。でも、尽くすことが何でも許すこととは違うはず。最低限の悪いことは「悪い」と指摘してあげないとダメなんです。

③もはや仏の心なのかもしれないので救いまくりで救いようがない 

猫を許してしまう心は相手が猫だからという訳ではなく、どんなことに対しても懐を広く深く持つ仏様のような人なのかもしれません。猫のミスさえも自分の生き方に反映させて人生の糧としたり、猫のミスを生活向上に活かしたり、ある意味「怒る」を排除した人。それはそれで猫も幸せかもしれませんが、心配なのは飼い主さん自身の仕事やプライベート。ヘンなトラブルに巻き込まれて損をしてしまう可能性も無きにしも非ずなのでどうかお気をつけ下さい。

ちなみに、一説によると猫が目をそらしたり顔を背けたりするのは怒られていることをちゃんと理解して反省もしているんだそうです。理解しましょう。

そして私達も諸々反省しましょう。

/太田ポーシャ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

運動は効果なし…?デブ猫ちゃんは「食事制限」でダイエットを (6.12)

  • ニュース

野生目覚めよ!猫の本能をくすぐる猫じゃらし「ばねじゃらし」登場! (6.12)

  • ニュース

2人が寒そうだったから、ブランケットかけたらこんな感じに。 (6.12)

【ランドセル猫】93ー1
  • ニュース

小さすぎ!?世界の珍しい小型猫種3種 (6.11)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る