TOP>ニュース > 東京都内の猫伝説のある場所を写真つきで解説した「和猫のあしあと」

  • ニュース

東京都内の猫伝説のある場所を写真つきで解説した「和猫のあしあと」

「かわいいだけじゃない猫」の魅力が伝わってくる【ブックナビ】

コロナ禍で外出制限されているせいか、旅の本が目につきます。中でも猫好きさん達の旅心を、猛烈にくすぐってくれる一冊が登場しました。「和猫のあしあと~東京の猫伝説をたどる」(岩﨑永治著、緑書房発刊)です。

PETomorrow読者のみなさんにとっては身近な猫ですが、著者の岩﨑永治先生によると、日本ほど猫にまつわる史跡が残されている国は他になく、日本人と猫には深い関りがあると書かれています。

新刊書「和猫のあしあと」は、「かわいいだけじゃない猫」を伝えることを信条に掲げ、日本猫のルーツを探求する「和猫研究所」を主宰している著者が、東京都内の猫伝説のある場所を写真つきで解説した一冊です。


東京都青梅市・住吉神社の大黒天猫。カラフル!

世田谷区の豪徳寺や墨田区の回向院は有名ですが、他にもこんなにたくさんの猫にまつわる場所があるとは、と驚かされます。実際に訪れる時に便利な地図や、写真、御朱印マークをつけるなど、ガイドブックとしても使えるような、便利な構成になっていました。

単に猫旅ガイドとして便利な本ではありません。私たち日本人が古くから猫とどのように接してきたのか、伝説を通じて猫の新たな魅力を掘り起こしてくれる、とても嬉しい内容です。

特に「わねこらむ」と称する猫の読み物3点は、猫好きにはたまりません!ゲゲゲの鬼太郎で有名な猫娘のモデル(?)が実際にいたなんて!想像上の妖怪ではなかったのですね。興味のある人はぜひ手に取って読んでみてください。


東京都青梅市・常保寺の御朱印

これを読めば、うちの猫がもっと素敵に見えるはず。コロナが終結したら、ぜひ街へ飛び出し、本を片手に猫をめぐる歴史の旅を楽しみましょう!

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

愛猫、突然の局所脱毛。原因は1か月続いた水道工事か? (7.23)

  • ニュース

換毛期でも困らない!愛猫の「抜け毛問題」はどう解決する? (7.22)

  • ニュース

ペットに優しいのはどっち?「ペット可物件」と「ペット共生物件」の違いとは【猫クイズ】 (7.21)

  • ニュース

猫との散歩はリード1本では安心できない説 (7.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る