TOP>ニュース > 国内最大規模のペットイベント・インターペットに潜入!

  • ニュース

国内最大規模のペットイベント・インターペットに潜入!

コロナ禍だからこそのグッズも多数展示

インターペット~人とペットの豊かな暮らしフェア~が4月1日~3日間、東京ビッグサイトにて開催されました。国内最大のペットの展示会で、10回目の開催となった今年は、新型ウイルス対策が徹底されているのが大きな特徴です。会場入り口では同意書を提出し、マスクを着用の上、検温、手指の消毒を行った後、入場となります。

新型コロナ関連の商品も多数展示されていました。パナソニックのコーナーでは愛犬との散歩でも持ち運べる「携帯除菌スプレー」に注目が集まっていました。時間が経つと除菌効果が弱まってしまう次亜塩素酸ですが、この商品は使いたい時につくりたての次亜塩素酸が使えます。

また、新型コロナウイルスの影響で、室内で快適にペットと暮らすための商品も多数展示されていました。今回、インターペットに初参加のフランスベッドは、ヒトと犬が一緒に眠ることができるベッドを提案していました。

また、猫用に開発されたヘキサテーブルは、猫が中に入って遊べる、組み合わせ家具です。色や素材を吟味して高級感を打ち出し、インテリアとしても納得できるデザインとなっています。

「安全に自転車で犬を連れていけるのは、すごく便利」と飼い主さんから熱い視線を集めていたのが、日本初のペット用電動自転車です。丸石サイクルが開発した「ペットポーターアシスト」は、こども用に開発した商品をペット用に改良したもので、特に安全性に配慮した自転車です。

「ちょっと遠くの公園まで、自転車で行ってお散歩できる」という声や、「動物病院などで、駐車場に車が置けない時に便利」という飼い主さん達が、実際に犬を乗せて試していました。

いろいろなペット用品が紹介されている中、ちょっと異彩を放っていたのがペットの仏様です。MORITAが展示していたのは、仏像工房仏屋さかいが作成した木彫りの猫の仏像です。仏師酒井豪氏が手がける本格派。猫の顔をした守護本尊は、飼い主さんとペットを守ってくれるご本尊として、人気を集めているそうです。

また、愛猫・犬の姿を、仏師が木彫り仏像にしてくれるオーダーメード商品もありました。この木彫り像は本体が木曽檜で、一体ずつ手作業で彫られる、芸術作品です。作者直筆の箱書入り桐箱に収められて、大切に届けられるということでした。

会場では他にもペットフードやペットのおやつ、ペットの服など、飼い主が日常的に使う商品も展示・販売されていました。

常設ステージでは「Withコロナ時代、ニャンコ(ワンコ)との暮らしを考える」などのセミナーや、愛犬とフィットネス、またペットゥモローの「獣医さんに聞く」連載でおなじみの兵藤動物病院代表、兵藤哲夫先生の「ペットなんでも相談室」などが開催されました。

サロンで活躍しているグルーマーさんたちが技を競う「ハッピーグルーミングコンテスト」では、あっという間に美しくカットされる犬たちの姿に、会場から大きな歓声があがっていました。

昨年は自粛のため開催できなかったインターペット。2年ぶりとなった今回は、前回に比べると規模は縮小されていたものの、会場は相変わらずの熱気に包まれていました。

(取材・文/柿川鮎子、撮影/木村圭司

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

遠隔でミーの様子を確認できるハイテク機器を手に入れた (12.7)

  • ニュース

新感覚猫マンガ『猫のしもべにされまして』コミックス1巻発売&第1話全ページ無料公開 (12.6)

  • ニュース

【猫クイズ】慣れさせ方も解説!猫が嫌がりにくい首輪ってどんなの? (12.5)

  • ニュース

交通事故に遭って保護された黒猫が、今は幸せに暮らしている話。 (12.5)

黒猫ラッキーくんと同居猫たち13
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る