TOP>ニュース > 実録!飼い猫に自作エリザベスカラーを装着させたら、2つの問題点が浮上した

  • ニュース

実録!飼い猫に自作エリザベスカラーを装着させたら、2つの問題点が浮上した

自作グッズを愛猫につかってみたいけど…

エリザベスカラー。
ペットが怪我をしたり、手術を経た直後などに、自分で傷をなめたりしないように用いられる円錐型の保護具のことをそう呼ぶ。
16世紀イギリスのエリザベス朝時代の壁襟に似ているからこの名称をあたえられていることは、よく知られている。

エリザベスカラーの歴史は意外に古く、1960年代に考案されたという。
その機能は未だに多くの動物病院でも重宝されているところだが、しばしばこれを自作する飼い主さんも出る。

僕も去年、材料を購入して作ってみた。
で、作ってみると分かった弊害ってのが2つあったので、ちょっと今回はそれを紹介していこうと思う。

作るのは簡単なんだけどね。

トイレに入る際に引っかかることが…

僕がエリザベスカラーを自作して飼い猫に装着させてみたところ、作った段階では想定しなかったトラブルとして一番大きかったのが、小回りの利かなさであった。
特に猫は狭い隙間にも入りたがる。
僕の場合は透明の柔らかいプラスチック素材を加工して作ったが、なまじ透明な分、猫がエリザベスの幅を考慮せずに進もうとして引っかかるってことが頻発した。

特に困っていたのが、トイレに入るときだ。
エリザベスも一応、屋根付きのトイレに入れるような寸法で作ってはいるが、それでも度々引っかかることがあり、猫も困惑していた。

屋根なしトイレも置いているのでそっちを使ってもらうことも願ったが、その猫は屋根がないと落ち着かない性分だったようだ。
結局テスト装着の段階で数日過ごしてもらったけど、最後まで入り口でモタつくって事態は解消されなかった。

異食癖持ちには要注意!

トイレの入り口に引っかかるという問題の次にやっかいだったのが、素材の強度だ。

うちにはビニールをかじるのが異様に好きな異食癖持ちの猫がいる。
かじることが出来れば何でもいいのか、とにかくアレやコレやとかじりたがって仕方がない奴だ。

よく、SNSで幅の広いカップ麺の容器の底をくり抜いて足跡のエリザベスカラーにしてしまう、アイディアマンな飼い主さんの工夫を見ることがある。
アレが出来たらウチもラクなんだけど、残念なことに異食癖の猫は、アレをかじってしまい、危険なのだ……。

柔らかく自由度が効くプラスチックで自作した我が家のエリザベスカラーも、例に漏れず噛みつきの餌食になっていた。
ただ、強度はそこそこ高かったのか、穴が開くとか、一部をかじり取られるということはなかった。

エリザベスカラーを自作する際の注意点として、色んなものをかじってしまう個体がいる場合は、その強度と安全性をかなり重視しておくべきだろう。
ペットが容易に噛みちぎれない素材じゃないとダメなのだ。
猫ですらこれなので、もっと顎の力が強い犬の場合なんて、余計に頭を抱えるに違いない。

おわりに

ちなみに、僕がエリザベスカラーを自作したのは必要だったからではなく、ちょっとした好奇心から。
なので傷病個体が出たから作ったってことでもないんだけど、あらかじめこうやって作っておくと、いざってときにきっと役に立つはず。
そういう事態は起きてほしくないけど、転ばぬ先の杖って奴だ。

作り方自体は簡単だし、暇つぶしにはなる。
興味があるというペットの飼い主さんは、時間が空いたときにでも作ってみるのも面白いんじゃないだろうか。
エリザベスの留め具に何を使うかは自由だけど、個人的にはマジックテープがオススメだった。安価だし、外れにくいので。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットが「高級フード」しか食べない理由と対策 (7.30)

  • ニュース

猫がゴロゴロ鳴らすのはハッピーな時だけじゃない?どんな時に鳴らす? (7.30)

  • ニュース

野性の狩猟本能を満たす!猫のストレス解消には「かくれんぼ」ゲームが効果的!? (7.29)

  • ニュース

猫が喜ぶトイも兼ね備えた「DoyenWorld」のトリートケース (7.28)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る