TOP>ニュース > 大型の長毛猫「ラガマフィン」の特性・性格・飼育法を解説

  • ニュース

大型の長毛猫「ラガマフィン」の特性・性格・飼育法を解説

大型の長毛猫!ラガマフィンの特性・性格・飼育法を解説

ふわふわとした被毛を持つラガマフィンは見た目だけでなく、性格も愛くるしい猫種。ノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンと同じ大型の猫ですが、その特性はまだあまり知られていません。

そこで今回は、ラガマフィンの特徴や性格、飼育法などを解説。おうちに迎える際は、ぜひ参考にしてみてください。

ラガマフィンの外見的特徴とは?

さび色のラガマフィン1

ラガマフィンは、骨太な大型の猫種。ボディータイプは、ロング&サブスタンシャル。体が完全に完成するのは4歳頃。一般的な猫より、肉球に厚みがあるとも言われています。

前足よりも後ろ足が短く、頭部は丸いくさび型(V字型)。マズルは短めで、頬とウィスカーパッドはふっくら。横から見ると、鼻にへこみがあります。

長毛種ですが、被毛は中くらいの長さ。ポインテッド以外の多種多様な毛色や毛柄が認められています。手触りは柔らかく、首回りと腰回りの被毛は他の部位よりも長め。ふわふわの被毛で覆われた尻尾はボリューミーな印象を与えます。

なお、体重は4~7kg。10kg近くなるメインクーンやノルウェージャンフォレストなどよりは軽い大型猫です。

ラガマフィンの性格的特徴は?

見た目通りの性格。ラガマフィンは、まさにそんな言葉で表現できる猫種。温厚そうな見た目の通り、穏やかな性格をしており、しつけもしやすいと言われています。

のんびりとした性格の子が多いのも特徴。飼い主さんに甘えることを好む子も少なくありません。遊び好きな性格でもあるので、おうちに迎えた際はスキンシップを取りながら猫用おもちゃなどで遊んであげましょう。

ラガマフィンの飼育法は?

ラガマフィンは運動量と食事量が多い猫種なので、住環境と食事管理を工夫していきましょう。

例えば、上下運動ができるよう、キャットタワーを用意。大型猫であるため、据え置きタイプだと不安定になってしまうので、天井に突っ張らせることができる突っ張りタイプを選ぶのがおすすめ。突っ張りタイプのキャットタワーは高さがあり、固定が不十分だと怪我の原因になることも…。悲しい事故を防ぐには、梁などにしっかりと突っ張らせるようにしましょう。

食べるのが大好きな子の場合は、食事回数を増やすことで肥満対策を。例えば、1日2回、食事をあげているのならば適正量を3~4回に分けてあげてみましょう。こうすると満腹感を得られやすくなります。早食いしてしまう場合は、ボールを転がすとフードが出てくるような遊び食べできる猫グッズを用意し、防止してみてください。

なお、ラガマフィンは長毛種であるため、日常的に被毛のケアをしっかりとしてあげることも大切。最低でも1日1回はブラッシングを。コーミングで毛の流れを整えてからブラッシングをすると毛が絡みにくくなり、ブラッシングが嫌がりにくくなります。

そして、被毛をケアするために2週間に1回程度はシャンプーを行いましょう。猫はにおいに敏感であるため、無香料のペットシャンプーを選ぶのもおすすめです。

ラガマフィンは日本ではまだそれほど知名度が高くありませんが、見た目も中身も愛くるしい猫種。成長するにつれて、どんどんゴージャスになっていく被毛に惚れ惚れさせられもします。おうちに迎えたいと考えている方は特性を知った上で、お互いが幸せになれる飼育法を考えていきましょう。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

25歳を迎えた3本脚のご長寿猫ちゃんは「ワガママ」が長生きの秘訣? (4.13)

  • ニュース

爪とぎは、猫にとって“精神安定剤”だった (4.12)

  • ニュース

「猫飼い主にプライベートはない」ことがわかる証拠写真 (4.11)

  • ニュース

猫が「あいつは地雷男だ」って教えてくれた。 (4.11)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る