TOP>ニュース > コロナ禍で里親を探している犬猫たちはどうなってる?

  • ニュース

コロナ禍で里親を探している犬猫たちはどうなってる?

コロナ禍でのペットの譲渡会、ここが安心ポイント!

二度目の緊急事態宣言も延長となり、世間はまだまだコロナ禍にかかる自粛を強いられている。しかしそんな状況でも増え続けているのが、里親を探している犬猫たちである。

特に猫の場合は、今年も残念なことに屋外で繁殖した個体が続々と増え、そして屋外で死んでいる。偶然にも助けられたわずかな猫たちが、里親を探している。

各地の保護団体さんたちにも収容できる個体数に限度はあるので、こういう非常時であっても譲渡会をする必要性は、どうしても出てくる。
ただ「コロナ禍なのに譲渡会に行っても大丈夫かな?」と心配になるという方も当然いるはず。

そこで今回は、昨今の譲渡会に見られるコロナ対策として、実に多くの団体さんが既に実行している取り組みを紹介していこう。

譲渡会への参加は予約制が大半に!

従来の譲渡会は、規模が大きければ大きいほど当然人も集まりやすかった。
それだけ里親希望者が名乗りを上げる頻度も高かったわけでメリットだらけではあったが、今のような状況では明確に「密」を招いてしまう。

そこで今、多くの保護団体は譲渡会を予約制に切り替えている。
これなら30分ないし1時間ほどで来場者が入れ替えとなり、密も回避することができる。

さらには来場者にとっても、じっくりと迎え入れる家族を選定する時間をキープできることになる。

それと、予約制にすることで「あんまり里親になる気はないけど、なんとなく来てみました」という人をある程度ふるいにかけることもできる。
予約制になったことで、いわゆる野次馬を避けることもできるということだ。
これがまた結果的にはソーシャルディスタンスを保ちやすくもなる。

各種消毒、マスクの徹底も必須に

それから、これは譲渡会に限っての話ではないんだけど、当然会場では消毒を徹底するようなルールが設けられている。
さらにはマスクもまた必須。

新型コロナウィルス感染症は、人から動物への感染も報告されている。
もしも自分がウィルスを有しているという場合、マスクをし、手をしっかり洗浄して猫と触れ合うことで、彼らへのリスクも下げることができるというわけだ。

あわせて会場をクラスター発生源にしないため対策でもあるので、来場者や各保護団体のボランティアさんたちを守るためにも機能する。
一に消毒、二にマスク。
これで譲渡会もより安全、安心に開催できるということになる。

今後はネット開催の譲渡会にも注目か

既に平時からそうしている団体もあるんだけど、これだけコロナ禍も長引くと、今後はネットでの譲渡会を開くなど、譲渡会の在り方自体にも大きな変化が生じるのかもしれない。

オンライン会議も随分普及したが、そのガジェットを流用すればオンライン譲渡会も可能にはなる。

恐らくこれからそういったスタイルでの譲渡会(というか顔見せ程度にはなるけど)は増えるはず。

まずオンラインでお見合い候補の犬や猫を確認し、その後日程をすり合わせて実際に会ってみるという形で。

さらにこれって譲渡会を開催する側からすると、里親候補さんと話をする際にも自宅の間取りや、十分ペットが暮らせる環境かどうかをそれとなくチェックもできる。双方にメリットもある。

おわりに

とまあコロナ禍でのペットの譲渡会についての話をしていったわけだけど、予約制かつ消毒とマスクの徹底が絶対条件であれば、その譲渡会の安心感は確実に増す。

こういった条件で譲渡会を行っている団体の、感染に対するリテラシーは高いはずなので、動物の里親を真剣に探そうと考えている方は、是非参考にしていただきたい。

一点、これまで積極的に里親になろうとは考えてなかったものの、寄付目的で譲渡会に出向いていた方に向けて。

今の時期は状況が状況だけに、なかなか顔を出しにくくなっている。

ただ、寄付自体は保護団体を支える生命線であるため、ネット振り込みなどで応援するか、譲渡会場に出向いて、入り口で寄付をして「また来ますね」とあいさつすることはできる。

きっと保護団体側も嬉しいと思うはずなので、遠慮せずにどんどん応援していただきたい。支える力があってこその保護・譲渡活動なので。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

散歩中に子猫発見で焦るも…即座に見つかった飼い主候補に安堵 (6.22)

  • ニュース

今年に入ってミーが遠慮のないゴロゴロをする理由が判明! (6.22)

  • ニュース

猫で釣られて結婚に至った猫好きの私 (6.21)

  • ニュース

コロナ禍だから再チェック!猫のワクチン接種の「副反応」リスク (6.21)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る