TOP>ニュース > 猫の目ヤニの原因は「色」でわかる!

  • ニュース

猫の目ヤニの原因は「色」でわかる!

「愛猫の健康チェックで目安にしていること」上位は「目ヤニ」

自宅で行っている猫の健康チェックは何か、という飼い主へのアンケートで、必ず上位に来るのが「目ヤニ・目の状態」だそうです。人間と同じように、猫も健康な状態でも目ヤニが出ることがありますし、その場合は顔を洗えば無くなるので猫も気にしないのですが、飼い主のほうが気にする傾向が強いのだとか…。

「目ヤニくらいで病院に連れて行くのもな…」と思いがちですが、中には受診したほうがいい場合も。その目安は「色」だそうです。あくまでも目安ですが、下のような色だとこのような原因があてはまることが多いとか。

*茶色や薄茶色…普通

*白っぽい…外傷性

*涙を伴う…アレルギー性

*黄色から黄緑色のねばつく目ヤニ…猫カゼ、または肺炎を起こすマイコプラズマという細菌が関与している

猫カゼには、原因となった感染菌によって症状が異なりますが、目ヤニが出るのは、「猫ヘルペスウイルス感染」や「猫クラミジア感染」。特に猫ヘルペスウイルス感染の場合、菌が角膜や結膜にも感染します。重症化すると炎症によって組織がくっついてしまったり、角膜が白く濁ってしまったりすることも…。特に3か月未満の子猫は衰弱が早いので、もし気が付いたらすぐに病院に連れていきましょう。

目ヤニを取ってあげる時の注意点

健康に問題のない普通の目ヤニでも、ずっとついていると取ってあげたくなりますよね。でも目はとてもデリケートな部分なので、なかなか触らせてくれないもの。後ろから、そっと静かに近づいて、お湯で湿らせたガーゼやコットンで、やさしくそっと拭きとるようにしましょう。

注意したいのは、人間用のウェットティッシュは絶対に使わないこと。猫が苦手なアルコール成分が入っているので、もし目に入ったら大変なことになります。また皮膚について、ただれてしまうことも…。犬猫用のノンアルコールの目ヤニ取りシートが市販されていますので、それを使ってもいいでしょう。

涙目の理由は2つある

目ヤニ以外にも、「よく涙目になっている」ということはありませんか? 猫の涙目は医学的にいうと「流涙(りゅうるい)症」といいます。角膜炎や結膜炎が原因で涙が多くなっている場合と、涙が排出される「涙小管」や「鼻涙管」が狭くなっていて、涙が花に排出されずに外に流れ出ている場合があります。どちらも病院での精密な目の検査が必要です。病院では鎮静させたうえで、涙管洗浄を行うこともあります。

ヒマラヤンやペルシャなどの短頭腫の猫は、涙が鼻に排出されにくい構造になっています。そのためあふれてまぶたの外に出て、目元の毛を汚してしまいがち。この汚れがずっとついたままだと、涙ヤケとなって目元の毛が変色してしまいます。気が付いた時にはお湯で湿らせたコットンでやさしく拭いてあげましょう。

ちなみに「悲しいことがあった時、猫も涙をこぼして泣いていた」という話をたまに聞きますが、医学的には猫の涙は感情とは無関係。なんらかの疾患によるものだそうです…。

文・桑原恵美子

参考資料:「猫のための家庭の医学」(動物・野澤クリニック 野澤延行著/山と渓谷社)あ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

可愛くって不織布製!「猫柄使い捨てマスク」&関連グッズ集めました (2.27)

  • ニュース

個性的な巻き毛!セルカークレックスの歴史や特徴・性格とは? (2.26)

  • ニュース

猫は水の味にこだわる「水ソムリエ」ってホント? (2.26)

  • ニュース

ウミネコ、ネコザメ…猫以外の動物が猫と呼ばれる理由 (2.25)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る