TOP>ニュース > なぜ猫は飼い主のトイレをのぞき見したくなるのか?

  • ニュース

なぜ猫は飼い主のトイレをのぞき見したくなるのか?

なぜ猫は飼い主のトイレをのぞき見したくなるのか?

猫は気まぐれな生き物。

触って欲しいと近寄ってきても触ると噛んだり、一緒に遊んでいると思いきや急に冷めた顔をしたり、「女心と秋の空」といいますが、猫の飼い主は「猫心と秋の空」と思っている人がいるほど、猫は気分屋さん。

そんな猫ですが、なぜか飼い主がトイレに行くとそれについて行く、もしくはドアの外で待つ健気な行動をします。そんな猫の心理はいかに?

【理由その1】自分のテリトリーの巡回

猫は自分のテリトリーを持っており、そのテリトリーを巡回することが毎日の日課。飼猫の場合は、そのテリトリーはトイレやバスルームも入っています。

普段、ドアが閉まっているトイレやバスルームは、飼い主が用を足してるときやお風呂に入るときはドアが開き、中に入れることを学んでいます。

ですので、その時に、自分のテリトリーの巡回をしようとトイレに一緒についてくる猫もいるようです。

【理由その2】飼い主が動けないことを知っている

猫は人の適度なぬくもりが大好き。
トイレで便器に座っているとき、猫は飼い主が動けないことを知っています。

そして、その時間はテレビも携帯もなく、自分に構ってもらえることも学んでいるため、飼い主が便器に座るとすかさずその膝の上に乗ってくる猫もいるようです。

これは飼い主にとっては癒しの時間ですし、猫にとって膝の上で飼い主が構ってくれる時間なので、双方にとってWinWinな時間です。

【理由その3】とにかく飼い主が好き

トイレだけでなく、飼い主を母親と認識して後をついて行く猫もいます。
それはトイレに入るときも同様。飼い主の姿が見えなくなると不安になり、トイレのドアの外で鳴く猫もいます。

そんな姿に飼い主はキュンとしてしまいますが、あまり飼い主への依存が強くなると、分離不安症になり、ひとりでいるときにストレスを抱えたり、落ち着きがなくなったり、大きな声で鳴いたりするようになります。

猫への過剰な愛情はときには、猫を病気にさせることもあるので、注意が必要です。

我が家の猫は、お風呂に入るのは苦手ですが、飼い主が入っているお風呂の水を飲むのが好きで、いつもお風呂場をのぞきにきます。

そんな行動もかわいく見えますが、お風呂の水が入っているバスタブで溺死する猫もいます。トイレの後追いも、猫が後ろについて来ていることに気づかず、ドアで猫を挟む恐れもあります。

猫の後追いは愛らしいですが、時に猫が危険に陥ることがあるので注意しましょう。

参考:Why Do Cats Follow You Into the Bathroom All the Time? [First for women]

文/舟津カナ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

密航者の潜伏先は島のえき【田代島ドンベエ通信 】 (12.3)

  • ニュース

カプセルトイ「文豪猫」が発売。文豪たちがかわいらしい猫のフィギュアに変身 (12.1)

  • ニュース

心と体に負担を与えないためには?猫のダイエット時に意識したいポイント3選 (12.1)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る