TOP>ニュース > 目の前で飛び出し事故!撥ねられ、横たわった子猫が数分後に。

  • ニュース

目の前で飛び出し事故!撥ねられ、横たわった子猫が数分後に。

目の前で飛び出し事故!撥ねられ、横たわった子猫が数分後に…

ある程度生きていると、人は見なくてもいいもの。見たくもないものを目にしてしまうこともある。
僕のような生き物好きにとっては、動物の巻き込まれる交通事故なんかはその筆頭だ。

特に猫のロードキルについては、日本だけでも年間数十万もの数に上るという。
これは遺体が回収されてはじめてカウントされる数字であるので、カラスや他の動物が持ち去ったり捕食した場合は計上されていない。
実数は殺処分数よりもはるかに多いと目される。

「猫はお外を自由に暮らすのが当たり前」という昔ながらの考えは、実際には残酷な最期を迎える猫に対しては、割かし無責任なものである。
今回は、僕が目にした猫の交通事故について、即死を免れたものの……という話をしていきたい。

暗い夜道で車に撥ねられた子猫

夜の街にいる猫

10年ぐらい前、自転車に乗って仕事から帰っていると、家の手前でまさに道路に飛び出した子猫が車に撥ねられる瞬間を見てしまった。
猫は跳ね飛ばされて道路に叩きつけられ、動かない。

道が狭かったのでそのまま自転車を停めると邪魔になる。すぐに駐輪場に自転車を停めて現場に戻ったが、車はもう走り去っていた。
しかし不思議なことに猫がいない。

必死に辺りを見回すと、なんと撥ねられた猫がよたよたと茂みに入っていく。
僕が目を離した隙に立ち上がって、逃げ出したというわけだ。

翌日、その子猫によく似た柄の死骸があった。
恐らく事故の衝撃で内臓にダメージを負っていたんだろう。
一度はなんとか立ち上がったけど、結局ダメだったということだ。

猫は咄嗟の事故でも全力で逃げ去る…

道路の真ん中にいる猫

実は猫って、交通事故に遭っても意識がある限りパニック状態で走り去るってことが結構ある。
たとえ骨折しようと内臓を損傷していようと、とにかく何がなんだか分からないままその場から離れようとする習性があるのだ。

あるときも、歩道から飛び出した猫が思いっきり車にぶつかるのを見た。
しかし猫は跳ね飛ばされ、地面に激突する間際に体勢を上手くとって着地し、そのまま路地裏に全速力で走り去った。

衝突のときの大きな音から察すると、決して無事では済んでいないと思えるけど、とにかく本能的にその場から離れたということなんだろう。

その猫がその後どうなったかは分からない。
首輪をつけていた気もするので、その場合は飼い主さんが異変に気付いて病院に連れて行ってればいいのだけど……。

軒下に潜む大怪我をした猫。これも交通事故の犠牲者か

路地裏に座っている猫

また、あるときたまたま、軒下で血塗れになったままうずくまっている猫を見たこともある。
この時見た猫の姿が、もうトラウマものだった。
頭の片方が陥没し、顎も骨折しているのか、口の開き方もおかしい。

僕は当時中学生だったが、その家の持ち主に猫がいることを知らせると、動物好きだったのか、すぐに獣医さんに連絡をとっていた。
さらに、前日に家の前の車道で大きな衝突音がしたとも話していた。
ということはこの猫は、大変な怪我を負ったまま一晩耐えていたということになる。

「このあと病院に連れて行くから心配せんでいいよ」と言われ帰宅を促されたが、あの怪我の具合はどう見ても致命傷。
それから猫がどうなったかは恐ろしくて聞けないままだった。

おわりに

猫は、とっさの交通事故で命を落とすことが本当に多い。
猫には交通ルールは分からないから、それも当然だし、どう考えても危ないと思うタイミングで飛び出す猫もいる。

いざ事故に遭ったら、もし即死を免れてもダッシュで逃げて、すぐには治療させてくれない。
こうして対処が後手に回って結果として死んでしまう猫はかなりいるはずだ。

ドライバー視点で考えれば、避けようのない事故であるし、そういう意味で猫の飛び出しは頭の痛い問題だろう。
どんなに注意深く運転していても、無茶な飛び出しをする猫はいるので。

屋外に出る猫のロードキル数は、年間あたりの殺処分数よりも多い。
そう考えたときに猫を外に出している飼い主さんが「それでもウチの子は大丈夫」と思って猫を外に出すのか。
「危ない。明日は我が身」と感じて完全室内飼育に移行するのか、という話になるだろう。

悪いことは言わない。
猫は安全で、常に飼い主さんの目の届くような空間で飼育すべきだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

明け方の大騒動!飼い猫たちが突然の大運動会。何故か室内にクワガタが… (7.31)

  • ニュース

ペットが「高級フード」しか食べない理由と対策 (7.30)

  • ニュース

猫がゴロゴロ鳴らすのはハッピーな時だけじゃない?どんな時に鳴らす? (7.30)

  • ニュース

野性の狩猟本能を満たす!猫のストレス解消には「かくれんぼ」ゲームが効果的!? (7.29)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る