TOP>ニュース > 猫と暮らすなら「転倒対策」がバッチリな暖房器具を選ぼう!

  • ニュース

猫と暮らすなら「転倒対策」がバッチリな暖房器具を選ぼう!

ペットと暮らすなら、暖房器具は衝撃の際に自動停止するタイプが安心だよね

ヒーターの前で眠る猫

先月の電気代の明細を見て、目玉が首元ぐらいまで落ちそうになった。
今年はしっかり寒いので家のいたるところで暖房をつけている。
それが仇となって、28000円もの請求が来てしまった。

しかし、寒いんだからちゃんと暖かくしてないとダメだし、飼い猫たちの恨みを買ってしまう。
これは仕方ないことだ。

ところでペットと暮らす家で暖房器具を使う際には、暖房器具そのものの安全性にもこだわりたい。
毎年必ず、冬場にはストーブや電気カーペットの火災事故が起きている。

そういう事態を自分と、自分のペットから遠ざけるには、より安全な暖房器具を買いそろえる必要があるはずだ。

昔の暖房器具、今思うとかなり火災のリスクがあるよね…

ヒーターの前に座る猫

僕は宮崎の山の中の出身。
母方の本家では犬が飼われていたんだけど、基本的には外で飼育されていた。

ところがたまに家の中に入ってきては、火鉢などにあたることもあった。
その様子はなんとも可愛いものだったし、犬も賢かったので悪さをすることはなかった。

ただし、石油ストーブには何か興味を引かれたのか、たまに体当たりすることがあったという。
そして、一度はストーブを倒してしまい、あわや……という事態も招いてしまったこともあったとか。

幸いにしてすぐに火は消されたものの、これで犬はもう二度と座敷に上がらせてもらえなくなった。

石油ストーブは今でも、万が一の停電の際には灯油とマッチがあれば使えるので重宝する。
一方でもし転倒するなどしたら火災を招くことも考えられる。
ストーブガードを使えば一応は安心だけど、猫などは飛び越えてしまうので、今これをメインで使うってのもなかなかリスキーだ。

転倒対策がバッチリな暖房を!

ヒーターの前の猫

一方で、最近では衝撃を検知すると自動で動作を停止する暖房器具も多くなった。
我が家にもそういうファンヒーターがあるが、猫が乱暴に飛び乗っても停まってくれるため、万が一を恐れる心配がない。
だから安心して使うことができている。

さらには遠赤外線ヒーターも有能だ。
すぐに暖かくなるので、この時期はうちの猫たちもヒーター前に全員集合して転がっている。

遠赤外線ヒーターの多くが、今は転倒すると勝手に動作を停止してくれる。
これで事故も防げる。

猫って暴れ出すと結構手が付けられないこともあるし、ヒーター程度は余裕で蹴り倒す。
なので、自動停止する暖房器具って本当にありがたい。

おわりに

そもそも今は、暖房器具の多くにチャイルドロックが内蔵されている。
これもペットの予期せぬ操作を防ぐためには役に立つ。

今どきの暖房器具はペットと暮らす際にも安心、安全なものばかり。
ひと昔前と比べても、各段に導入しやすくなっているわけだ。

普段当たり前のように毎日使っている暖房器具に、感謝……!

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ネットで注文した猫のおもちゃが小さすぎた件 (4.14)

  • ニュース

見事にピーン!ちょっとおかしな行動をするペット15選 (4.14)

  • ニュース

アナフィラキシーショックに注意!愛猫のワクチン接種時に気をつけたい副作用 (4.14)

  • ニュース

25歳を迎えた3本脚のご長寿猫ちゃんは「ワガママ」が長生きの秘訣? (4.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る