TOP>ニュース > 2匹の猫との“二股恋愛”を上手にこなす方法

  • ニュース

2匹の猫との“二股恋愛”を上手にこなす方法

昼ドラのようなドロドロの三角関係!?

猫はクールでツンデレな性格ながら意外にも嫉妬深い性格。心の奥底には「自分が一番」「自分が王様」という想いが溢れまくり、猫によっては同居猫や家族に焼きもちを焼いてしまう生き物。


そうだよ。知らなかった?笑

猫の多頭飼いをしている方は既に経験済みかも。それは…「2匹の猫との二股恋愛問題」。特に2匹の猫ちゃんと暮らしている方でこの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

ちなみに…

「2匹の猫との二股恋愛問題」はこのように展開します

▶最初は1匹だけを家族に迎える

▶しばらくして留守中に1匹だけだと可哀想と思う

▶そこで2匹目の猫ちゃんを迎える

▶これからは2匹だから留守中も寂しくもないし仲良く遊んでくれるはず♪ウキウキ

▶しばらくして思いのほか2匹の仲が悪いことに気付く

▶一緒に寝ない。近づくとウーウー唸る。片方ずつ遊んであげなければならない

~などなど

結果、飼い主は2匹の猫との「二股恋愛」に突入してしまうことに。2匹を相手しているうちに「二股ってこんなに大変なのか?仕事にならないじゃん!」と思ってしまうほど。苦労と苦難とストレスを物ともせず、さらに気遣いが要される恋愛の匠にしかこなせない究極のダブル気遣い。

ウチの2匹も全然仲悪い(笑)

一体なぜこんなことになってしまうのか?

当然ながら猫によって性格は様々。自我が強く感情をストレートに表すタイプの猫は嫉妬のような振る舞いが目立つ可能性が多いとか。また、甘えん坊で独占欲が強い猫ほど嫉妬深い傾向にあるといいます。

そんなタイプの猫ちゃんは新たに家族になった猫に対して攻撃的な態度を見せることも。さらに飼い主さんと新入り猫の間に割って入ってくることも!

大変だな、どうすればいいんだ?

多頭飼いの場合、まずはそれぞれの猫の性格を把握することが大事。嫉妬深い猫かそれほどでもないのか?その上で「交互に相手をする」「時間差でそれぞれと遊ぶ」「一方と仲良くしてる場面を相手に見せない」など、まるで二股恋愛してるかのような接し方で猫とのコミュニケーションをはかるのが良いかと思われます。

一応、ご飯の時や寝る場所の確保などは先住猫優先にしてあげるなどの配慮も必要。先住猫のプライドを傷つけるとまあまあ大変なことになるので、先住猫への尊敬と尊重と敬いをお忘れなく。

しかし意外と猫は陰から見ています。なので、二人きりのときには『お前だけを愛している』『お前こそ一番だ』の感情を思い切りぶつけましょう。自分が愛されているという実感こそ、猫の嫉妬を抑えてくれるはずです(たぶんおそらく)

皆さま、愛猫とのしあわせな二股恋愛を楽しみながら、素敵な猫ライフをお過ごし下さい。

どうか、ご無事で。

文/太田ポーシャ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

新人猫のアプローチがイケイケすぎる!(笑) (1.21)

  • ニュース

猫エイズや白血病と闘ったメロくん (1.20)

  • ニュース

猫が「切れ痔」になったら飼い主はどうする? (1.19)

  • ニュース

キャンプで超役立つ「猫グッズ」を紹介! (1.19)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る