TOP>ニュース > 親愛の証?猫が飼い主を舐める理由

  • ニュース

親愛の証?猫が飼い主を舐める理由

猫が舐める理由は、にゃんでなの?

飼い猫が、飼い主を舐めてくる。
これ以上の幸せな時間も、そうそうないものだろう。

先日、うちの彼女が飼っている猫が、寝ている彼女の顔をペロペロ舐めて起こそうとしていた。
午前3時半だったことに目を瞑れば、とても素敵な光景だった(ちなみにご飯の催促ペロペロだったので代わりにカリカリを用意した)。

ところで、猫が人を舐める。
この素敵なシチュエーションの原動力は何なんだろう。

猫に直接「なんでなの?」と聞いても答えが得られるわけではないが、今回はその理由として「多分こういうことだろう」とされているものを紹介したい。

親愛の証として舐めている!

猫が他の生き物をペロペロと舌で毛づくろいをするように舐める光景は、僕も何度か見てきた。
ある飼い主さんは、一緒に飼っているうさぎを猫が舐めている光景を動画で見せてくれたことがある。
猫同士での毛づくろいはよく見るが、種族の垣根を超えても、こうした行動に出ることはあるようだ。

猫同士が毛づくろいをするのは、お互いに信頼しあって心を許している間柄であることが前提条件。
犬猿の仲(どっちも猫だけど)の猫同士では、こういう行動は見られない。

なので、飼い主を舐めてくる猫ってのは、飼い主のことをちゃんと仲間と認めて、毛づくろいをしてあげようと思って、そういう行動に出ているんだろう。
猫は飼い主のことを「のろまで大きな猫」と思っている、なんて説もあったし。

毛づくろいのお礼に舐める猫もいる!

また、ある一定の行動をとるだけで、猫は意外と舐めてくれることがある。

たとえば毛づくろい。
クシを使って毛を梳いてあげると、そのお返しにペロペロと毛づくろいのお返しのように腕を舐めてくれる猫もいる。

うちの猫にも1頭こういう優しい、気の利く猫がいる。
ただ、僕は猫アレルギー持ちなので、舐められた箇所が赤く腫れて痒くなる。
文字通り痛し痒しだ……。

ちなみにこのお返し行動、飼い猫でなくても人に対して好意的な野良猫や、付近の人たちとの友情が成立している地域猫であってもやってくれる場合がある。
屋外で猫と出会ったときのために、ノミ取り用のクシをバッグに潜ませておくのもいいかもしれない。

おわりに

我が家の猫たちは、基本的にみんな仲が悪いので、お互いを毛づくろいし合うということがない。
なので飼い主に対してペロペロと舐めてくるということも、基本ない。

クシでもって毛並みを整えているときぐらいしか舐めてもらえない。
しかもそれも1頭からだけだ。

飼い主としてはちょっと寂しいところだけど、舐められたら舐められたで腫れるので、これでいいのかな……。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

恐怖!夜になるとやってくる野良猫と一緒に寝たらノミの餌食に (1.21)

  • ニュース

キジトラ猫の宅配便?いろんなおもちゃをくわえて持ってくる猫ちゃん (1.21)

  • ニュース

イノシシ退治をした猫の塚のある我が家 (1.20)

  • ニュース

猫の尿の健康状態を可視化。ロイヤルカナン初の猫トイレ用顆粒「尿中ヘモグロビンチェッカー」新... (1.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る