TOP>ニュース > 「嘆きの涙はいらない」…写真集『庭猫スンスンと家猫くまの日日』が教えてくれたこと。

  • ニュース

「嘆きの涙はいらない」…写真集『庭猫スンスンと家猫くまの日日』が教えてくれたこと。

愛猫の死からずっと自分を責め続けていた私

「先立たれた時のペットロスに耐えられそうにないから、最初から動物とは暮らさないと決めている」という人がいます。その気持ちはわからないではありません。20年近くともに暮らした愛犬を亡くして数年たっても立ち直れずにいる友人が身近にいますし、私自身も引き取ってたった1年で病死させてしまった愛猫に対し、ずっと消えない罪悪感と後悔を抱いていました。

いっしょにいられる時間はたっぷりあると思っていた自分の傲慢さを許せず、「あの時こうしていれば今も生きていたかも」「引き取られたのがうちでなければもっと幸せだったかも」と自分を責め続けました。でも先日、『庭猫スンスンと家猫くまの日日』という写真集と出会い、目の前がパッと明るくなったような思いがしたのです。


▲2015年に発売され注目された写真集『庭猫』(2015年 パイ インターナショナル)の、待望の第2弾『庭猫スンスンと家猫くまの日日』(安彦幸枝著/小学館)。2021年1月22日発売。

この本は、写真家の安彦幸枝さん宅の庭に住みついた「庭猫」スンスンと、元・庭猫から「家猫」になったくま、その後に引き取られた2匹のやんちゃな子猫たちとの日々を、愛に満ちた写真とシンプルな言葉で構成した本です。

3軒の家をまわり、たくましく、のびのびと街を闊歩していた「スンスン」

スンスンは、安彦さんが近所でよく見かけていたノラ猫。ある時「困ったらおいで」と声をかけ、「うちはあそこだよ」と自宅の方向を指さして教えたら、翌日本当に家に来たそうです! ご飯をあげ、段ボールで庭に寝床を作ってあげると通ってきてそこで眠るようになったその猫は、鼻炎のせいでいつも鼻をスンスンと鳴らしていたことから「スンスン」と呼ばれるようになりました。

病院で持病の鼻炎と眼炎と口内炎の治療をすると、スンスンはどんどん元気に丈夫になっていきました。庭にいない時のスンスンがどうやって暮らしているのが気になり、散歩のあとを追うと、いろいろな人から違う名前で呼ばれ、かわいがられていることがわかったそうです。首輪に電話番号を縫い付けたところ、連絡があり、世話をしていた1人とはメールのやりとりをするように。スンスンは3つの家をかけもちして暮らしていたことが判明します。

地域の人たちに見守られ、街を闊歩し、のびのびと暮らしていたスンスン。安彦さんの写真からはスンスンの、外で暮らし続けた猫特有のたくましさと生命力、チャーミングな人なつっこさが伝わってきます。

庭の熊笹の茂みから現れた「くま」と、後輩猫たちとの温かな暮らし

スンスンは外猫でしたが、家猫として長い時間を安彦さんたちと共に過ごし、天寿を全うしたのが「くま」。

20年近く前、安彦さんが仲間たちと共同生活をしていた家にやってきた猫で、その時すでに成猫だったそうです。 玄関や窓の隙間から自由に出入りし、猫好きの同居人たちにかわいがられて、いつのまにかすっかり居ついてしまったくま。安彦さん夫婦の新居に引き取られた後も、以前の同居人が遊びにくるととても喜んだそうです。会わない時間が長くても全員を覚えていて、「久しぶり」と目の前に座って出迎えたとか…。

くまが少しずつ年老いてきた頃、安彦家には新たに2匹の子猫「ピーヤ」と「タロ」がメンバーに加わります。

家じゅうをかけまわるこの子猫たちの写真のかわいらしさは、悶絶級です。

おばあちゃんに甘える孫のように、くまを慕ってくっつきたがったピーヤとタロ。しかし年老いたくまは次第に弱っていき、眠っていることが多くなります。

写真集には、年老いたくまが夜鳴きを始めるとすぐ駆けつけ、安心させるようにぴったり寄り添うタロの写真も…。

「私たちは、たくさんの思い出に生かされている」

猫たちの生命の輝きに満ちあふれた写真とともに感動するのが、スンスンとくまの最期を静かに温かく受け止める安彦夫妻の姿。

「この世のメンバーはみんな入れかわる。

たくさんの思い出に生かされて、その日が来るまで日日を重ねる。」

この言葉に、私は愛猫を亡くしてから抱いていた罪悪感と悲しみから救われたような思いがしました。愛するものの命が消えるのは悲しいことだけど、自然の大きな営みの中では猫も私たちも同じ存在であり、いつかひとつになれる…そう思えるようになったのです。猫好きな方はもちろん、大切な何かを失った悲しみを乗りこえたい方に、ぜひ読んでほしい本だと思いました。

それにしても安彦さんはなぜ、愛する者の死をこのように温かく美しく受け止めることができたのでしょうか。安彦さんご本人に、お話をうかがってみました。

「私が船出するとき 嘆きの涙は欲しくない」…最後の言葉に救われた

――安彦さんご夫妻の、スンスンとくまの死への接し方に感動しました。なぜこのような受け止め方ができるようになったのでしょうか。

安彦さん「前作の『庭猫』の担当編集者に、その後もずっと撮りためた猫の写真を見てもらっていました。2冊目の出版も視野に入れていたのですが、『一番伝えたいことは何か』と問われると自分でもうまく言葉にできずに迷っていました。そんな時に、大好きだった伯父の死や友人の大病が重なりました。伯父はクリスチャンで、教会での葬儀の際に参列者へメッセージが残されていました。好きだった詩の引用です。

『私が船出するとき

嘆きの涙は欲しくない

ともに過ごした日々を喜んで欲しい

そして こう言って欲しい

みち潮だ よい船旅を』

伯父は明るく朗らかな人でいつも冗談を言って周囲を笑顔にしてくれました。その伯父が残した最後の言葉に、残された家族は救われました。大病をした友人もいまは元気に暮らしていますが、死を身近に感じた日々があり、それは本のラストシーンに影響したかもしれません。コロナの自粛期間中に構成を考え直すことができて、この本で本当に伝えたいことがやっとまとまりました。私の母はかねてから樹木葬を望んでおり、冗談半分で『千鳥ヶ淵に散骨してもらったら、桜の時期は賑やかで楽しいだろうなあ』と言っていて、そんなことも影響しているかもしれません」

――「猫にとって何が幸せかなんて、人間には永遠にわからない。」という一節も心に残っています。「うちに来て不幸だったかも」なんて決めつけるのは、猫に対して失礼だったかもしれない、と思えました。

安彦さん「そうですね。同じく叔父の言葉で、(きっと何かの本の引用だと思うのですが)

『全ての人生は等価である。なぜならその人にしか、その生を生きることができないのだから』

も強く記憶に刻まれていて、折に触れてその言葉は思い出しています。それは人も猫も同じだと思っています」

――今回の本の中で、安彦さん自身が特に気に入っていらっしゃる写真は?

安彦さん「全部好きですが、強いてあげるなら、タロが腕を伸ばしてセルフ腕枕をしている写真が好きです。口元のマズルもぷっくりして。猫の眠りを妨げず、いつもまでも安心して眠らせてあげたい、と見るたびに思います。

スンスンの写真では、これ。庭を見ると、いつのまにかスンスンが来ていて、いつもの場所でスヤスヤと寝ていることがありました。無防備に横たわる様子から、この庭は安心だ、と思ってくれているんだなあと嬉しかったのを思い出します」

――これからこの本を手にとられる方に、メッセージをいただけるとありがたいです。

安彦さん「超個人的なことをまとめたので、読んでくださった方がどんなふうに思うか想像できません。が、動物と暮らしたことがある人には、似た経験をされた方もいると思います。ともに暮らすあいだに人間のほうにはいろいろと事件は起こり、そんな時にもいつも近くいてくれたんだな、とあとあと思い返すことは救いにもなるのではないでしょうか。

そして、猫と暮らすことはその死を見届けることもどうしても含まれます。かわいい姿だけを編集したものは苦手で見られません。命が消費されているようで悲しくなってしまうのです。同じ思いを持つひとは、少なくないかもしれません。ひょっとしたらそんな人に、この本は届くかもしれないし、届いたらいいなと思います」

「Yahoo! ニュース」で総合アクセス連続2位! 1月末に写真展も開催

『庭猫スンスンと家猫くまの日日』の発売は2021年1月22日ですが、先行配信しているWEB連載「Sippo」(朝日新聞社)が「Yahoo! ニュース」で総合アクセス連続2位となるなど、早くも猫好きの熱い注目を集めています。

また写真集発売に合わせて、週替わりで1冊の本に限って販売する書店「森岡書店銀座店」で2021年1月26日から31日まで、写真展を開催します。

会期中に写真集をお買い上げの方には、「庭猫スンスンと家猫くまオリジナルマスキングテープ」(写真上)をプレゼント! 「他にもスンスン切手やくまバッチ、ポストカードなど、かわいらしいグッズをたくさん用意しております。換気してお待ちしておりますので、どうぞお越しくださいませ」(安彦さん)。

※遠方で来られない方には郵送での販売も受け付けております。

取材協力:安彦幸枝(あびこ・さちえ)

写真家。庭に来る白猫アフとサブが主人公の物語「庭猫」(パイインターナショナル)、「荒汐部屋のすもうねこ」(平凡社)「どこへ行っても犬と猫」(KADOKAWA)「安彦家の窓辺の猫 カレンダー2020」ほか。猫以外には旅と食を得意とし、機内誌や旅雑誌、ガイドブックや書籍などの媒体を中心に活躍中。

取材・文/桑原恵美子

◎関連サイト

小学館新刊紹介(https://www.shogakukan.co.jp/books/09682351

朝日新聞社「Sippo」連載記事(https://sippo.asahi.com/article/13449310

森岡書店facebook(https://www.facebook.com/%E6%A3%AE%E5%B2%A1%E6%9B%B8%E5%BA%97-298077600652659/)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

新人猫のアプローチがイケイケすぎる!(笑) (1.21)

  • ニュース

猫エイズや白血病と闘ったメロくん (1.20)

  • ニュース

猫が「切れ痔」になったら飼い主はどうする? (1.19)

  • ニュース

キャンプで超役立つ「猫グッズ」を紹介! (1.19)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る