TOP>ニュース > 成猫の噛む力は、人間の2倍!甘噛みをされた時にしてはいけない3つのこと

  • ニュース

成猫の噛む力は、人間の2倍!甘噛みをされた時にしてはいけない3つのこと

子猫の甘噛みには、いくつもの理由がある

子猫と遊んでいると、よく甘噛みしてきますよね。甘噛みは生後2~3か月頃から見られる、子猫特有の行動。攻撃の意味ではなく、どちらかというと母猫や兄弟に甘えて「かまってかまって」とおねだりするような気持ちで噛んでいます。おっぱいを吸う時の「吸いつき行動」が抜けきれないための行動とも考えられています。つまり、幼児期の甘噛みは、飼い主への愛情表現のひとつなのです。

そのほかにも、母親から教わった狩猟本能のひとつとして、獲物代わりに甘噛みしているという説も。また甘噛みが始まる頃にはちょうど新しい歯が生えるので、そのため歯茎がむずがゆくなり、甘噛みして歯固めしているのです。

さらに、ナデナデをしている時に「もう撫でるのはやめて」という意思表示のため、噛んでくることもあります。この時はかなり、本気噛みに近くなるのでご注意を。

成猫の噛む力は、人間の2倍!

子猫だからと甘やかして、ずっと甘噛みを許していると、「人間の指は噛んでもいいもの」と猫が勘違いしてしまいます。しかし、成猫の噛む力はなんと人の約2倍!もし猫が本気で噛むと、牙のような犬歯が骨に達することもあるのです…!「猫に噛まれただけ」と軽く考え消毒だけで済ます人もいますが、できるだけ早く病院に行って手当をしてもらいましょう。

成猫になっても甘噛みしたそうなそぶりをみせたら、すかさず歯固め用のおもちゃを与えてそれを噛ませるようにしてください。それでも甘噛みをされたら、「痛い!」と短く、低いトーンで、少し大げさに注意します。これは、短く、低いトーンで言うことが大事。猫は言葉の意味はわからなくても、声のトーンで「いつもと違う」「怒っている」ということを察知します。「だめだぞ~」といった甘やかすニュアンスがあると、猫もそれを察知して、言うことを聞いてくれません。

甘噛みをやめさせるのに、してはいけないこと

1.長々と叱る

「甘噛みをするとかまってもらえる」と学習して、逆効果です。「噛んできたら無視して遊ばない」を徹底させましょう。

2.手を急にひっこめる

狩猟本能が刺激され、かえって興奮して噛んでしまう猫もいます。

3.叩く

信頼関係が壊れてしまいます。

猫が甘噛みをやめないのは、精神的な不安が原因のことも…。甘噛みをしてこない時に、やさしく話しかけたりなでてあげたりして、愛情を伝えるようにしましょう。

また、甲状腺機能亢進症などの病気で噛みついてくる場合もあります。特に高齢の猫で噛みつきが多くなった場合、「甘噛み」と流さず、獣医さんに相談をしましょう。

文・桑原恵美子

参考資料/「家ねこ大全285」(藤井動物病院院長・藤井康一著/KADOKAWA)「ねこの事典」(監修/今泉忠明、成美堂出版)「猫が幸せならばそれでいい」(動物行動学者・入交眞巳著/小学館)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

私に最初に死を教えてくれたのは猫だった。 (10.16)

  • ニュース

猫をおとなしくさせるには、首の後ろをつかむのが効果的? (10.14)

  • ニュース

「ペットロス」から立ち直る方法と、周りのサポートの仕方 (10.12)

  • ニュース

「ショボン…」しおしお顔がたまらない!おじいちゃん猫の小次郎くん (10.12)

もっと見る
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る