TOP>ニュース > 「ビタミンA」が欠乏すると猫の体はどうなる?【猫クイズ】

  • ニュース

「ビタミンA」が欠乏すると猫の体はどうなる?【猫クイズ】

猫は人間よりも、多くのビタミンを必要とする生き物。ビタミンは病気に対する抵抗力を高めたり、発育・繁殖機能に重大な役割を果たしたりしています。今回はクイズを通して、ビタミンの過不足が猫にとってどんな影響を与えるのかを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Q.ビタミンAが欠乏すると現れる可能性がある症状は、次のうちどれ?

①夜盲症

②骨軟化症

③皮膚以上

正解は下記のとおり

正解は①の「夜盲症」です。

ビタミンAは網膜細胞の機能を維持したり、視覚色素を作ったりと目に働きかけることが多いため、「目のビタミン」だと言われています。

欠乏すると、角膜乾燥症や精子の形成障害、骨や歯の発育不全が起こる可能性が。普通なら暗く感じる程度のところがほとんど見えなくなってしまう「夜盲症」も、ビタミンAの欠乏で現れることがあるので注意しましょう。

また、反対に過剰摂取すると骨疾患や歯周病などの病気が引き起こされる可能性があるため、こちらも要注意。妊娠中は死産、胎児に奇形が生じるなど母猫もお腹の子も苦しい結果になることがあります。

ただ、一般的なキャットフードは猫に必要な栄養素を考慮して作られているため、よほどのことがない限り、欠乏症や過剰摂取には繋がらないでしょう。気を付けるべきは、愛猫に手作りごはんをあげたいと思った時。栄養素の過不足が病気に繋がる可能性があるということをあらかじめ理解しておくことが重要です。

猫と人間では重視する栄養素が異なり、必要な量も違います。だからこそ、手作りごはんをあげたい時は動物栄養学を学んだり、ペット栄養管理士などの専門家が監修したレシピを参考にしたりすることが大切。愛情のこもった手作りごはんが愛猫にとって本当に喜ばしいものになるよう、まずは飼い主さんが知識を身につけていきましょう。

なお、ビタミンAだけでなく、ビタミンC、D、E、K、B1、B2なども過不足すると猫の体に異変が生じる可能性があるので、どの栄養素もバランスよく摂取できるように配慮していきましょう。

食べるものに気を配る―。それは、愛猫の健康を守る第一歩になります。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

なぜ猫は飼い主のトイレをのぞき見したくなるのか? (1.17)

  • ニュース

わらわらわら…「むらがりつく猫」【まんが】 (1.17)

  • ニュース

猫さん、教えて。悲しさとも寂しさとも違う”せつなさ”の意味 (1.16)

  • ニュース

野良猫の無法地帯で保護した「三毛猫姉妹」 (1.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る