TOP>ニュース > 我が家の王様は愛猫のぎん!庭に現れた白猫を家族にして―

  • ニュース

我が家の王様は愛猫のぎん!庭に現れた白猫を家族にして―

10年経っても変わらない愛猫への想い

ぎんは我が家の王様―。愛猫をそう表現するgintyannomamaさんは10年ほど前の8月にぎんくんと出会い、その愛くるしさに魅了され続けてきました。

1匹の白猫が庭に現れて…

ある日、自宅の庭に1匹の猫が出現。gintyannomamaさんは少し前に家族から、町内のゴミ箱を漁り、彷徨っている白猫がいると聞いていたため、もしかして…と思い、声をかけてみることに。「ニャーと言ったら、ニャオンと返してくれて。人懐っこかったので迷子かもしれないと感じ、保健所や警察に連絡しました。」

しかし、該当する猫はおらず、保健所の方から「預かってもらえないか」と言われたため、家族に迎えることを決意。保護時は成猫であったものの、体重はわずか2.8kg。野良猫と喧嘩したような傷はありましたが、至って元気そうに見えました。

ところが数日後、ぎんくんの体から異様なにおいが。ご飯も食べられず、黄色い胃液を吐いたため、病院へ連れて行くと後ろ足の爪がはがれ、腐り、化膿していることが判明。「便秘でお腹はパンパン。肝臓も悪かったので、即入院となりました。」

治療しても助かる可能性は、五分五分。獣医師から、そう言われたものの望みを託し、入院させることに。すると、1週間後、ぎんくんは無事に退院することができ、1ヶ月の通院を経て、病気は完治しました。「今でも、いつもと違うと感じたら、すぐに病院へ行くように心がけています。」

自分の感情を大切にする「まっすぐな男の子」

一緒に過ごす時間が長くなるにつれ、ぎんくんにはある変化が。「今日はこのフードを食べないとか、自分の意志をはっきりと伝えてくるようになりました。」ぎんくんはブラッシングが嫌なことも、しっかりと主張。そのため、gintyannomamaさんは被毛がよく取れるブラシを使い、寝ている隙にそっと抜け毛ケアをしています。

「実は保護した時、毛玉だらけでどうにもならず、ライオンカットにしたことがありました。毛玉ができていたところは皮膚が引っ張られ、赤くなり、痛そうだったので、もうそんな目に遭わないようにと思い、ブラッシングはしっかりしています。」

なお、意思表示をはっきりするぎんくんは、責任感が人一倍強いよう。「今は鍵を必ず閉めているので、もう出られませんが、以前は庭に野良猫が入ってくると無理やり戸をこじ開け、飛び出していきました。この家は俺が守ると思っていたのかも。」

そんな逞しい姿を披露する一方、ぎんくんは家族にだけかわいい一面を見せもします。

「ごはんの時は『ごぉはぁぁん』と鳴いてくれます。あと、耳掃除が好きで、してあげると気持ちよさそうな顔をし、後ろ足で耳を掻く。甘えた声や仕草がたまらなくかわいいです。」

そして、面倒見がよく優しいところもぎんくんの長所。

7年前、野良猫が連れてきた子猫をおうちに迎えた際には教育的指導をしながら、幼い命を温かく受け入れてくれました。優しさうかがい知れるエピソードは、他にもあります。

「前に次男がインフルエンザで寝込んでいたら、ぎんは虫を持って部屋へ入ってきました。」これ、お見舞いなんだけど…。そう言っているように感じたものの、お子さんはティッシュに包んで虫を処理。しかし、それを見たぎんくんは気に入らなかったと勘違い。再び、虫を持ってきたのだとか。「だから次男は、『それはぎんちゃんのだよ』と伝えたそうです。そしたら、渋々出ていったみたい(笑)」

これからも「かわいい」の声をかけつづけていきたい

そんなぎんくんは現在、推定16~18歳のシニア猫。gintyannomamaさんは身体の変化を受け入れ、共に過ごせる日々を愛でています。

「高いところに登れなくなりましたし、走るのが遅くなったり、歩く時に足の関節が鳴るようになったりしてきたけれど、これからも寝て起きて食べて、楽しく幸せに暮らしてほしいです。」

出会った時から今日までにかけてきた「かわいい」の声は、数えきれないほど。「これからも毎日かわいいと言いながら、大切に育てていきたい。」

心穏やかに暮らせる場所があること。それは、ゴミを漁って必死に命を紡いできたぎんくんにとって、何よりも尊い幸せです。

取材協力:ぎんちゃんのママさん(@gintyannomama)

Twitter

https://twitter.com/gintyannomama/media

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

目の前で飛び出し事故!撥ねられ、横たわった子猫が数分後に。 (1.15)

  • ニュース

猫のグルーミングし過ぎハゲや怪我、ペット用の衣服で防止できる? (1.15)

  • ニュース

性格は真逆? 世界最小の「クロアシネコ」と「サビイロネコ」の違い (1.15)

  • ニュース

ジーっ。窓から家の中を覗く猫、『米袋茶太郎』くんの華麗なる毎日 (1.14)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る