TOP>ニュース > 2020年にTwitterを盛り上げてくれた「愛猫のバズ写真」をまとめてみた

  • ニュース

2020年にTwitterを盛り上げてくれた「愛猫のバズ写真」をまとめてみた

今年も猫に、何度も笑顔にさせてもらった!

年の瀬が迫るこの時期は、今年1年を振り返り、様々な思いに駆られることも多いもの。スマホのデータフォルダーを見返し、撮りためた愛猫写真にクスっとすることもあるのではないでしょうか。筆者宅では今年、Twitterで愛猫がバズることが多く、改めて猫ってすごい…と痛感させられた年でした。

そこで今回は、話題になった愛猫のバズツイートを改めて紹介。裏エピソードも、ぜひお楽しみください。

多くの笑顔を生み出してくれた「愛猫のバズ写真」

①毎朝出現する「髪舐め妖怪」の変顔

我が家では毎朝、歯磨きをしていると愛猫のレオンが髪を舐めにやってきます。そんな姿が面白く、つい連写をしてしまうのですが、ある日、撮りためた写真を見返してみると、背後でこっそりと変顔をしていたことを発見…!

私の髪になにか問題があったんだろうか…。レオンの何とも言えない表情を見て、そんな気持ちになったので、とりあえずシャンプーを変えるところから始めてみたいと思います。

②「安心してね」と伝えたかった日々を思い出して…

愛猫のジジは、ペットショップでセールになっていた子。ショーケースの中で、自分よりも幼い猫にご飯を譲っている姿が胸に刺さり、「お腹いっぱい食べてほしい」と思って、我が家に迎えました。

そんな経験をしたからか、お迎えして間もない頃はフードボウルをがっちりと手で掴み、取られないよう死守。

けれど、「安心して食べていいよ」と伝え続けた結果、自分のご飯がちゃんとあると思ってくれるようになりました。

「自分だけのものがある」ということは猫にとっても嬉しいことなのかもしれない―。この写真は、そんなことを考えたくなる思い出深い1枚です。

③何度見ても胸キュンできるドアノブ

筆者宅は猫と暮らせる共生住宅なのですが、「猫も人も幸せに暮らす」をテーマにしたかったので、人間がほっこりできるような工夫も取り入れました。

そのひとつが、こちらのドアノブ。

正直、少し値は張りましたが、憂鬱な気持ちになった時に心が少し軽くなるようなものを…と考え、奮発しました。

こちらのドアノブは楽天やAmazonで購入することもできるので、気になった方はぜひ「ドアノブ 猫」で検索してみてください。

④「やっとキャットフード食べられるようになったんだね」

この1枚は予想以上に反応していただき、ありがたいことにトレンド入りも果たした、印象深い写真。

人生で初めてフルーツグラノーラを食べる飼い主を見守る愛猫たちはまるで、「やっとキャットフードを食べられるようになったんだね」「ああ、僕のご飯なくなっちゃう…」と言っているかのように見え、コミカルでした。

ちなみにこの視線があまりにも痛かったので、以降、フルーツグラノーラは購入していません。ご飯、とってないよと事実が愛猫に伝わっていることを願いたいです。

今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、なにかと心が塞ぐことが多かったように思いますが、そんな時でも猫たちはいつ通りマイペースな姿を見せてくれ、人間の不安を溶かしてくれたように思います。

命に想いを馳せたくなるこんな時代だからこそ、人間だけでなく、動物の命にも目を向け、互いが幸せになれる社会を考えていきたいものですね。

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

小学生のころ、猫の標本を見て知った“大切に扱わなければ”という思い (12.3)

  • ニュース

密航者の潜伏先は島のえき【田代島ドンベエ通信 】 (12.3)

  • ニュース

カプセルトイ「文豪猫」が発売。文豪たちがかわいらしい猫のフィギュアに変身 (12.1)

  • ニュース

心と体に負担を与えないためには?猫のダイエット時に意識したいポイント3選 (12.1)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る