TOP>ニュース > 冬に急増!猫の低体温症に注意

  • ニュース

冬に急増!猫の低体温症に注意

冬になると増える「猫の低体温症」

今の時季、動物病院に増えるのが、低体温症で緊急来院する猫。「エアコンをつけていれば大丈夫」と安心する飼い主が多いのですが、冷たい空気は下にたまるため、猫がおもに生活している床に近い場所は、人間の体感温度よりもずっと寒くなっているのです。

また。エアコンだけでは体の深部まで温まりきらないこともあり、遠赤外線ヒーターのほうがいいと推奨する獣医師もいます。

特に注意が必要なのは、子猫や高齢の猫、そしてやせている猫。できればエアコンに床暖房、そして毛布やかまくら型のクッションを用意してあげてください。ただし、高齢期の猫は寝ている時間が長いので、ホットカーペットを使用する時には低温火傷の危険も。

眠っていても、最低4時間ごとに、体の向きを変えてあげましょう。また年をとって失禁をしやすくなっていると、体の一部が濡れたまま寝てしまい、火傷をすることがあるので、注意が必要です。

冬になると増える「猫の咳」

乾燥がひどい季節は、風邪でなくても咳が止まらなくなることがありますが、猫も同じ。猫の祖先は砂漠産まれですから本来、乾燥には強いのですが、気管支が弱い猫だったり、喘息になりやすい猫だったりすると、咳が出やすいのです。室温はもちろん、湿度にも注意して、常に50%以上をキープしてください。それでも「体調は特に悪くないようだけど、ちょっとだけ咳が出ているかな?」という場合、まずは蒸気ミストを吸わせてみましょう。

  1. まず浴槽にシャワーでお湯をためましょう。ミストが出やすいように高温がおすすめです。
  2. 浴室にミストが満ちたら、猫をキャリーに入れて、10分ほどミストの中で過ごさせます。
  3. 猫が不安がる場合は、ひざに抱っこしてミストの中で座って過ごすようにしましょう。

このようなミストケアをしても咳が出る用なら、猫ぜんそくや気管支炎の病気の可能性がありますので、できるだけ早く受診を。

冬になると増える「猫の脱水症」

脱水症というと夏のイメージがありますが、じつは寒い時期にも脱水症になることがあります。それは、体温維持のため家の中で暖かい場所にばかりいるようになり、水を飲みにいかなくなるのが主な原因です。また冬場は水を置きっぱなしにしているとすぐに7℃くらいになり、猫にとっては冷たすぎて飲みたくなくなります。できればぬるま湯を容器に入れて、指につけたり、指で水をかきまわして音を出したりして直接飲ませ、飲んでいるところを見守ってあげましょう。またこの時期は脱水症予防のために、フードもスープなど水分が多いものにし、少し温めてあげるようにしましょう。

ちなみにわが家では、毎朝、茹で卵を茹でる時に親指の爪ほどのサイズのササミをいっしょに茹で、そのゆで汁を少しさましてササミを入れてあげています。そうすると、かなりの量の汁を一気にゴクゴク飲んでくれます。

文・桑原恵美子

参考資料/「家ねこ大全285」(藤井動物病院院長・藤井康一著/KADOKAWA)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

男一人はじめての猫カフェは白昼夢のようだった (8.1)

  • ニュース

今日は晴れたので、一緒に登校!【ランドセル猫】 (7.31)

  • ニュース

年齢や性別、健康状態、血縁関係、発情期…犬や猫のお尻のニオイは、情報の宝庫だった! (7.31)

  • ニュース

明け方の大騒動!飼い猫たちが突然の大運動会。何故か室内にクワガタが… (7.31)

もっと見る
人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る