TOP>ニュース > 保護猫を迎えるなら、譲渡会?保護猫カフェ?里親サイト?

  • ニュース

保護猫を迎えるなら、譲渡会?保護猫カフェ?里親サイト?

「迎えるなら保護猫」派が、どんどん増えている!

最近読んだ4コマ漫画で、「猫好き同志なので話が合いそう」とお見合いをセッティングされたものの、片方がペットショップ派、片方が保護猫派で、全く話が弾まなかった、というオチがありました。この話、猫飼いなら深く納得するのではないでしょうか。わが家は「猫ならどんな猫でもかわいい」と思うので保護猫派ですが、理想の猫と暮らしたい!と強く思う人もいますよね。

でもこのマンガ、20年前なら意味が分からなかったかも…。「保護猫」という選択肢がメジャーになったのは、ここ10年くらいのことなのです。

上のグラフは、全国の保護施設に保護され、その後、飼い主の元に戻ったり、里親に譲渡されたりした犬猫のデータです。犬の場合、おおむね2万頭台で推移していますが、猫の場合、平成6年(1994年)に1,600頭程度だったのが、平成30年(2018年)には2万5千頭以上に増えています。

数年前、縁あってわが家に迎えた猫は2代とも保護猫。初代猫は「猫を飼いたい」と言ったら、近所の保護活動をしている方を紹介され、2代目はネットの里親募集サイトで巡り合いました。

現在は、「迎えるなら保護猫!」と決めていても、選択肢がいろいろあって迷う人も多いのではないでしょうか。譲渡会や保護猫カフェを取材させていただく機会が何度かあり、その中で私が感じたのは「初心者なら譲渡会、相性を重視するなら保護猫カフェ、細かい条件があるなら里親サイト」ということです。

譲渡会のメリットとデメリット

譲渡会のメリットとデメリットは表裏一体。保護団体が、きちんと育てられる里親かどうかを厳しくチェックするため、「この子が欲しい」と思っても、なかなかOKが出ない場合も…。でも逆に言うと、飼育経験が豊富なスタッフが、「こういう人にはこういう猫が向いている」と判断し、さまざまなアドバイスもしてくれるので、初心者でも安心です。

環境省で製作した「「譲渡でつなごう!命のバトン」」というパンフレットには、以下のようにメリットとデメリットが明確に記されています。

◎譲渡のメリット

*譲渡希望者への聞き取りが慎重に行われることで、その生活環境に見合った年齢や性格の動物を引き取ることができます。

*トライアル期間(試しに飼ってみる期間)を設けている場合もあり、相性や性格の観察ができます。

* 譲渡前の講習会や譲渡後のしつけ方教室等で、飼い方の相談や情報提供を受けられる場合があります。

◎譲渡のデメリット

*動物の年齢や病歴、これまでの飼育環境などの細かい情報がない場合があります。

*保護されるに至った背景によっては、飼育に特別な理解と技術が必要な場合もあります。

*種類や年齢、大きさなど、希望する動物に出会えない場合や、受ける側の条件などにより譲渡を受けられない場合もあります。

*それまでの飼育費用やワクチン代などがかかる場合もあります。必ず事前に確認しておきましょう。

保護猫カフェ…相性重視向き

保護猫カフェを取材した時の感想は、「いろんな性格の猫ちゃんがいるなあ」ということ。ふつうに生活している場所でふれあえるのでその猫のキャラクターがよくわかり、いっしょに暮した時のイメージもつかみやすいのです。お気に入りの猫がいたら、何度か通えば、ある程度の相性はわかります。中にはお客さんにべったりくっついて離れない猫ちゃんもいて、「そんなになついているなら引き取れば?」と思ったのですが、いっしょに暮せない事情がいろいろあるのでしょう…。

一方、譲渡会の猫は、いつもと違う場所で、知らない人に囲まれているので、みんな緊張したりおびえたりしています。またケージ越しなので、ふだんの性格などはよくわかりません。保護団体のスタッフがある程度、その子の成育歴や性格などを説明してくれますが、特異な状況の短い時間で判断することになるので、相性を何より重視したい人には向いていないかもしれません。

里親サイト…たくさんの猫の中から選びたい人向け

譲渡会も、保護猫カフェも、出会える猫の数は限られていますので、その中から決める必要があります。でも保護猫サイトなら、(地域的な限定はありますが)相当数多くの猫から、「この子!」という1匹を選ぶことができます。また、すでにいっしょに暮らしている保護主さんから、細かい情報を聞き出すことができるのもメリット。

とはいえ、1匹の保護猫に多数のオファーがあることもあり、必ず引き取れるとは限らないのは譲渡会と同じ。また写真と、保護主さんからの情報だけなので、実際に暮してみると違う、ということもあるかも。わが家の2代目の猫は、保護主さんによると「とても人なつっこい、いい子」とのことでしたが、わが家に来て2カ月くらいはソファの下から出てきませんでした…(今はとてもいい子ですが、決して人なつっこくはありません)。

今もたくさんの犬や猫が、温かい家庭を求めている

保護犬・保護猫活動は盛んになっていますが、まだまだ里親は足りていないのが実情。(少し古い資料ですが)全国の自治体に引き取られた犬や猫の数は年々減少し、平成26年度で、犬は53,173頭、猫は97,922頭で、そのうち返還・譲渡された犬は3万1625頭、猫は1万8592頭でした。譲渡率は年々増加していますが、犬で32.6%、猫で18.6%。今も多くの犬や猫が、新しい飼い主を待っています。

文・桑原恵美子

参考資料

一般社団法人 ペットフード協会 「令和元年全国犬猫飼育実態調査」

https://petfood.or.jp/data/chart2019/index.html

環境省「「譲渡でつなごう!命のバトン」」

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2809a.html

環境省「犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況」(動物愛護管理行政事務提要より作成)

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「猫の集会」を邪魔したら監視されるようになった知人の話 (6.18)

  • ニュース

まるで猫のミルフィーユ!敷布団に入り込む姿が予想の斜め上だった (6.18)

  • ニュース

簡単そうで難しい問題!ペットにとって最適なフードの選び方とは (6.17)

  • ニュース

飼育6年目で初繁殖に成功!神戸どうぶつ王国で双子のサーバル赤ちゃんが誕生 (6.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る