TOP>ニュース > 異物を食べて緊急手術も!事故事例から学ぶ、愛猫の安全対策

  • ニュース

異物を食べて緊急手術も!事故事例から学ぶ、愛猫の安全対策

事故事例から学ぶ、愛猫の安全対策【兵藤哲夫の徒然日記】

今年はコロナの関係で、猫ちゃんとじっくりお正月を過ごすご家庭も多いでしょう。来客が少ない静かなお正月は、実は猫にとってストレスなく過ごせる快適なお正月でもあります。楽しいお正月を快適に過ごすために、実際に起きた冬の事故事例をもとに、安全対策について紹介しましょう。「うちも気を付けなくちゃ」と思っていただけたら幸いです。

バスルームのドアにはカギをかけて!

寒くなると、暖かい部屋をさがして猫ちゃんがウロウロ。お風呂のお湯であたたまった蓋の上はぬくぬくしてあったかい!あたたまろうと、飛び乗った瞬間、お風呂のフタがズレて、湯船に落ちてしまった子がいました。

ドボンという音を聞いて、すぐに救出できましたが、「留守中だったら溺死していたかもしれない」と飼い主さんは震えていました。こうした事故は案外多いので、お風呂場のドアにはカギをかけてくださいね。

ストーブの前に居続けて被毛を焦がしちゃった!

ストーブ前の特等席で温まっていたら、なにやら焦げ臭い・・・・・・・被毛を焦がしてしまった子がいました。幸い、皮膚に異常はなく、火傷はしていませんでしたが、焦げた被毛はカットされて、ハンサムな姿が台無しです。

ヒゲを焦がしてクルクルにさせてしまった子もいましたが、どちらも皮膚に異常がなければそのまま放置しておいても大丈夫です。2-3ヶ月で新しい被毛が生えて元の姿に戻ります。

ストーブには人間の赤ちゃん用のガードや猫侵入防止のマットを敷いて、少し遠くから温まるように工夫してあげると良いでしょう。

ペット用の固いプレート式の電気マットを使っている飼い主さんは低温火傷に注意してあげましょう。

プレートの上に毛布を敷いて使っている人は特に注意です。この毛布がズレて直接、固いプレートに皮膚が触れ、長時間使っているうちに低温火傷となるケースは結構、多いですよ。

時々だっこして、異常に熱をもっている部分が無いかを確かめておけば安心ですね。

異物を食べて緊急手術!

ひも状のおもちゃで遊んでいるうちに、食べてしまった猫ちゃんが開腹手術になってしまいました。猫の舌はザラザラしていて、ひも状のものが絡まりやすく、飲み込んでしまう事故はとても多いのです。

できればおもちゃは棒を付けて飲み込みにくくするほか、靴ヒモなどはきちんとしまっておきましょう。最近はコロナで編み物や刺繍をする人が増えていて、洋裁用の毛糸や刺繍糸を誤食してしまうケースも目立っています。猫のいない部屋で、安全に保管したいものですね。

換気のために窓ガラスを開けたら転落事故に!

暖房の換気とコロナ対策のために窓を大きくあけていたら、猫ちゃんが高い窓から地面に落下してしまいました。転落後、猫がじっと動けなかったので、飼主さんがすぐに病院に連れて来られましたが、幸い、骨に異常はありませんでした。

動物病院でもコロナ対策のために、病院の待合室の窓を開けて換気をしています。ご家庭でも暖房中に換気のため、窓を大きく開けることが多くなります。窓から外へと飛び出す事故には、十分注意しましょう。

外を走っていた車が大きなクラクションを鳴らしてびっくりした猫がとっさに窓から飛び出てしまい、ケガをしたケースもありました。「うちの子は大丈夫」と思わないで、窓を開ける時は別室に移動させてあげましょう。

家の中はどこでも必ず安全であると過信するのではなく、猫の目線でもう一度、見直してみて欲しいと思います。

そして、何かあったらすぐにかかりつけの動物病院で相談してみてください。「心配だけど様子を見よう」とやって悪化させるよりも、早めに病院に行って「何でもなくて良かったね」と安心できる方が、飼い主さんと猫にとって良いことだと、私は思います。

兵藤動物病院 兵藤哲夫
麻布大学獣医学科卒業後、1963年横浜市にて兵藤動物病院を開設。ヒョウドウアニマルケア代表として公益社団法人日本動物福祉協会理事、横浜市獣医師会理事などを歴任。TBSラジオこども電話相談室の回答者などをつとめた。

文・編集/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

男一人はじめての猫カフェは白昼夢のようだった (8.1)

  • ニュース

今日は晴れたので、一緒に登校!【ランドセル猫】 (7.31)

  • ニュース

年齢や性別、健康状態、血縁関係、発情期…犬や猫のお尻のニオイは、情報の宝庫だった! (7.31)

  • ニュース

明け方の大騒動!飼い猫たちが突然の大運動会。何故か室内にクワガタが… (7.31)

もっと見る
人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る