TOP>ニュース > 飼う前によく考えて!猫を手放してしまう人たち、そのさまざまな理由

  • ニュース

飼う前によく考えて!猫を手放してしまう人たち、そのさまざまな理由

飼い主の生活の余裕は、猫の幸せに直結している

ペットと一緒に暮らすことは素敵なこと、素晴らしいことだ。
しかしその日々を継続させるために必要なものがある。それがお金の余裕である。

人生の価値観はさまざま。
「お金がなくても幸せ」って人は多いし、僕もそれは否定しない。
でもペットと暮らす以上、お金は多いに越したことはない。

既にメディアでも話題になっているが、近年は新型コロナウィルス感染症の蔓延のせいで仕事がなくなる人まで出始めている。
特に飲食のお店はどこも大打撃。
ただでさえ客入りが悪くなったうえに、感染が拡大すると営業の時短を要請され、これに従わないとネットでも叩かれる。
まさしく八方ふさがりだ。

そういう方々が元からペットと暮らしていた場合、現実的に手放すことを視野に入れなければならない部分が生じる可能性は、決して皆無でない。

大切な家族だけど…ペットと別れることを決断した人の話

僕はコロナ禍にかかる失業と、そのためにペットを手放すという選択をする人に対しては、正直非難などできない。
誰も予想できなかった災難なんだもの。

そして失業してしまうと、ペットを育てる力は失効する。
そうなったのは本人の責任ではない。よって一切の非難は的外れと考える立場だ。

今現在、そういう境遇になってしまい、泣く泣くペットを保護団体や愛護センターに預ける人も既にいるわけで、恐らくまだ今後も増えることになる。
そういう人たちの苦渋の決断は、これはもう決して身勝手ではないだろう。

知人が都内で飲み屋をやっていたが、まだ最初に緊急事態宣言が出る前に店を閉めることになった。
そのうえで、知人は猫と暮らしていたが、その猫を当時の交際相手に託すことにした。
いち猫好きとしては「そんな…」って気持ちにもなるが、理由が理由だけに、これはもうしょうがないことのように思える。

コロナ禍のさなか、急に店を閉めるにも金がかかる。
自分がいくら困窮しても身から出た錆。しかしそれにペットを巻き込むことはできないと考えての行動だったと察する。

また、これはコロナには関係なかったが、病気をしてしまってやむなくペットを保護団体に預ける決断をした飼い主さんもいる。
独り身の場合はペットのお世話をする家族もない。
このため、まさに後ろ髪をひかれる思いで手放すことを決断したというわけだ。
これも本当につらい別れと言える。

ペットを迎えることは大変な決断

しかし、前述のような不遇の人に混じって「よく考えずにペットを飼ったが、ちょっと無理だった」みたいな理由で動物を手放す人もいる。
以前も触れたが、テレワークに移行して暇になったのでペットを飼うという安直な行動ができる人がいる。
そして実際、今多くの保護団体では、コロナ禍以降にペットの引き取り依頼が増えている。

事前に依頼を打診するぐらいならまだマシかもしれない。
僕が以前訪れた保護猫シェルターでは、今年になって施設の前に箱に入った猫が遺棄されていたが、本当にこういうことはやめてほしい。
「遺棄をするな」と言う以前に、飼えないのに飼育しようと安直に考えること自体をそもそもやらないでほしいと願うのだ。
幸いにも、このとき遺棄された猫は某動物好きの俳優さんが個人として保護し、トライアル後に無事家族として養うことが決定したが、毎回そう話がトントン拍子で進むことはない。

また、これも僕の知人の話だが、結婚をし、子供ができたとき、大型犬を飼った人がいる。
あまり悪く言いたくないけど、これも「どうかなぁ」と思ったものだ。

要は犬は子供と一緒に育ち、子供と一緒に学び、そして子供より先に死ぬので、死の在り方を教えてくれるという考え方ってあるでしょ? それに感化されたわけだ。
僕はそもそも死生観については本で学べばいいと思っているし、教育のためのペットの飼育には意味を見出せないタイプだ。

ところがこの知人、ほどなくして離婚。
原因は自身の借金問題とのことだが、肝心の犬がその後どうなったかの連絡がないので、こちらとしてはため息しか出ない。

犬の死で命の尊さを考えるよりも、「もし自分が離婚したら、犬の所在をどうするか」みたいなことをあらかじめ考えておくほうが大事だろう。
身勝手な理由でペットを手放す人というのは常に、目先の心配ができない傾向にある。
一寸先は闇なのが人生である。

そうそう、今年の初めにはSNS経由で僕に飼い猫3頭を引き取ってほしいと要請してきた人もいる。
僕は猫が大好きだけど、その人の飼い猫はその人のことを飼い主として大事に思っているはずなので、考え直すように説得した。
説得したが、会ったこともない僕に猫を押し付けようとしていたわけだし、今思うとあれで良かったかどうか……。

でもこっちにはこっちのキャパがある。
既に猫がいるのに、新しく3頭も迎え入れてしまうリスクを、僕の飼い猫たちに負わすことはできなかった。

おわりに

思えばコロナ禍にしたって、去年の今頃にはまさに絵空事だった。
しかし今になれば生活が困窮してしまい、ペットを手放すことになった飼い主は発生している。

こういうことにならないために、よほどの事情がない限りは手放さなくて済むように、大切なのはお金だ。
お金の余裕は心の余裕に直結している。

このような緊急事態に際しても問題がないように、常に資金面でゆるぎない状態にするか。
あるいは収入が人並みかそれ以下であっても、かけるお金はきちんとペットにかける覚悟があるような人だけが、本来飼い主になるべきではないだろうか。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

なぜ猫は飼い主のトイレをのぞき見したくなるのか? (1.17)

  • ニュース

わらわらわら…「むらがりつく猫」【まんが】 (1.17)

  • ニュース

猫さん、教えて。悲しさとも寂しさとも違う”せつなさ”の意味 (1.16)

  • ニュース

野良猫の無法地帯で保護した「三毛猫姉妹」 (1.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る