TOP>ニュース > ”本当の”猫好きとは。『猫は外で自由に暮らすべき』は間違い?

  • ニュース

”本当の”猫好きとは。『猫は外で自由に暮らすべき』は間違い?

”本当の”猫好きとは何か

「猫が好きなんです」
この言葉を聞くと、身構える人は多いかもしれない。

世の中にはざっと2種類の猫好きがいる。
1つはキチンと猫を飼育し、周辺に迷惑をかけないで飼い主としての責務を全うする猫好き。
もう1つが、「猫が好きな自分が好き」というだけで無責任に餌付けをし、繁殖を促し、手が付けられないほど野良猫を増やしてしまうタイプの猫好き。

前者はまさしく猫好きの見本であるが、残念なことにまだ今の時代においても後者は多い。
昨今はテレビ広告や近隣の衛生環境の見直しなどによってだいぶこの手の迷惑な猫好きも減ったには減ったが、まだ意固地になって餌付けをしている人はいる。
「そんなに猫が好きなのに、外に放置しててよく平気だなぁ」と思ってしまう。
なにせ屋外には危険が山ほどある。

虐待、カラスやアライグマなどの襲撃、病気、猫同士のケンカに子殺し。そしてなにより、ロードキル。
交通事故死する猫は、多いのだ。

「猫が好きなのに外に放置するのはひどい」が分からない人たちはいる

僕は以前にも、自宅近隣で野良猫に餌をばら撒く迷惑な人のせいで、やらなくていい苦労(糞尿の始末、放置された残飯の処理、僕自身が猫を飼っているので、近隣に疑われたことへの弁明)を強いられてきた。

餌付けをする猫好きたちは、自分たちのやりたい行為の裏に、近隣住民が割を食っていることを、基本的には知らないし指摘しても聞き入れてくれない傾向にある。

そうして彼らは怒りの表情で「猫に餌付けして何が悪い」という。
猫が好きなのかと問うと「うん」という。
では連れ帰って自宅で育ててくれといえば、「それは無理」だの「アレルギーが」とか「猫は自然の中にいるのが幸せ」なんていわれる。そういうことが僕だけの事例に限らず、日本中で起きている。

猫はその論争の間、まさに蚊帳の外。
迷惑な猫好きが身勝手に餌付けをし、身勝手をとがめられて反論をし、しかも結局猫のことは放置して暖かい布団のある自宅に戻り、また天気が良くて暇な日にやってきて、粗末な餌をばら撒く。
それを近隣住民が処分する。

猫としては食べるものに困っているから、そういう迷惑な餌付けをする人に必死で縋る。

が、彼らにはあの必死さが、せいぜい「かわいいおねだり」程度にしか思えてないんだろうなぁ。

餌付けする人間は都合が悪くなると逃げ出す。衛生面を考えれば対処は全方位で…

とにかく、ウチの周りでもしばしば餌付け事例が発生するし、都度野良猫が殖えては死ぬ、を繰り返しているのを見るのがしんどい。
それに、近所の衛生面が悪化するのでやめてほしいと常々困ってる。

猫が本来は外来生物であることを知らないという餌やりさんは一定数いる。
知らないのはまだしも、そもそも自分が管理できていない動物を餌付けで増やすのは本当に身勝手なことだ。

これが在来のタヌキだろうとカラスだろうと、人間が無責任に、自分が捕獲して自宅で飼育するわけでもないのに、手を出すべきではないのである。
この当たり前の理屈が分からない、あるいは分かっているから深夜にこっそり餌付けをして逃げる。
そういう人がもしも近隣に出没する場合は、地域全体で問題視しないと最悪、大阪・住吉区の無責任餌付け事件のように大変な結果にも通じる可能性がある。

なので、僕としては市役所と警察を頼ってみるのも手だと考える。
自分が猫に餌をばら撒くという娯楽を楽しんでおいて、そのしりぬぐいを他人にさせようなんてのは迷惑千万な話。

本当に困ってるなら行政でも警察でも、誰かにSOSを出すのはその地域に住んでいて、野良猫被害に迷惑を被っている人としては当たり前の権利だ。
そして何より、餌付けされている猫にとっても、管理する人がいないのに殖やされるということは、とても可哀想なことである。

おわりに

僕は今年も、千葉県の某地域猫コミュニティにて投薬治療が必要な個体もいるにもかかわらず、そしてまたその旨を知らせる看板があるにも関わらず、餌をばら撒く老夫婦を見た。
そのコミュニティを管理している団体さん曰く、そういう餌付けだけする人はやはり一定数いるという。
また、この手の猫好きたちは自分が暇で、気温も良好な時にはやってくるが、雨だったり寒い気候の時には絶対に足を向けない。
身勝手ここに極まれり、という話だ。

また、同じ場所で夏には4頭の子猫が遺棄されているのも目撃した。
警察に通報し、その地域の保護団体にも電話をし、せっかくの休みだったけど、結構な時間をその対処に追われた。
既に我が家にいる猫たちの飼育環境との兼ね合いから、遺棄されていた彼らを引き取れなかったことは、今も毎日のように悔やんでしまうところである。

思うんだけど、なんで無責任な餌付けや遺棄をした人間を、本当の意味での猫好きがフォローしなければならないんだろう。
近頃僕は「猫好きなんですよ」といってくる人に対して、多少の警戒心を抱いてしまっている。

自分勝手な猫好きが、多いのだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「猫の集会」を邪魔したら監視されるようになった知人の話 (6.18)

  • ニュース

まるで猫のミルフィーユ!敷布団に入り込む姿が予想の斜め上だった (6.18)

  • ニュース

簡単そうで難しい問題!ペットにとって最適なフードの選び方とは (6.17)

  • ニュース

飼育6年目で初繁殖に成功!神戸どうぶつ王国で双子のサーバル赤ちゃんが誕生 (6.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る