TOP>ニュース > 猫の性格と力関係は、生活環境によって大きく変わるもの

  • ニュース

猫の性格と力関係は、生活環境によって大きく変わるもの

環境の変化は、性格の変化にも影響する

昔から、犬は人に懐き猫は家に懐くといわれている。
猫は環境に適応しようとする意思が強いので、どんな場所で育つかによって性格も変わるし、飼い主への態度も変わる。

まあ、さすがに大半の猫は大事に自分を育ててくれる飼い主のことは信頼するそぶりを見せてくれるけど。

今日こちらのコラムで主張したいのは、複数の猫を飼育する場合、この環境の変化で大きく関係性が様変わりするということだ。
元々とっても仲良しだった猫同士が、環境が変わることで大きくその関係性を変えることが、実際にある。

引っ越し前は蜜月の関係だった猫たち、引っ越し後は険悪に…

これは僕の友人が飼っている、2頭の猫の話。
元々都会のアパートで飼育していた猫たちは、家が狭いこともあってか下手に争うこともなく、縄張りも作らずにのんびり仲良く暮らしていた。
その様子はとても癒されるものだったことだろう。

しかし、この友人が少し部屋数の多いマンションに引っ越してから、猫の関係性が変わった。
環境の変化。
それも部屋が多くなったことで猫それぞれが、独自に自分の縄張り意識を高めたため、小さな規模ではあるが小競り合いが起きるようになったのだ。

「これまでそんなことなかったんだけどなぁ」と飼い主である友人も困惑。
無理もない。
だけどこのように、引っ越しという環境の変化は猫の関係性も一度リセットされ、それぞれに自己主張を強めるという事例は別に珍しいことでもない。

また、ある知人は海外で暮らしているが、日本と違って家が広いため、猫の縄張り争いもまた苛烈になりがちなんだそうだ。
もちろん、よほど相性のいい猫同士ならそんなことも乗り越えて上手くやるんだろうけど、やっぱり縄張り意識は強い性格の猫も多い。

ある程度、広い空間になるとこのような衝突は、たとえどんなに元々仲良しであってもあり得る。
ただまあ部屋数は多ければ、関係が険悪になってもそれぞれ隔離できるという抜け道はあるんだけどね。

2頭寄り添い仲良しだったウチの猫も、3頭目の登場でリセット

実はウチの猫も、この手の変化を見せてくれたことがある。

元々白猫と僕と2人で暮らしていたが、数年前に戸建てを借りてそこに引っ越し。
その引っ越しから1か月もせずに2頭目が来たんだけど、1頭目とこの2頭目の相性は一見バツグンに見えた。
お互いに身を寄せ合って暮らしていたし。

そうこうしているうちに「子猫を育ててくれ」という話が舞い込んで、そこで3頭目が加わった。
この子猫が成長すると、関係性が大きく変わることになる。

2頭目が自分の縄張りを強く主張するようになり、1頭目と3頭目にケンカを吹っかけるようになったのだ。
1頭目も委縮してしまうし、3頭目は応戦するし。
たった数か月のうちに、猫の立場も一変してしまい、飼い主としてはかなり焦ってしまった。

その関係性は今もあまり変わっていないが、さすがに1頭目も腹に据えかねるようになったのか、最近は2頭目、3頭目を追い回すようにもなっている……。

おわりに

猫を複数飼育するなら、みんなで仲良くしてもらうに越したことはない。
でも現実は必ずしも理想通りとは行かない。

引っ越しをしたり、新しい仲間が加わるとこれまで険悪だった猫が仲良くなったり、仲良し同士が一転して縄張り争いをするようになる。
環境の変化で関係性も変わるようになる。

こればかりは事前に予測できないため、環境の変化、飼育頭数の変化には、大なり小なりデメリットがあることを認識しておきたい。特に若い個体同士はいきなり仲が悪くなることもある。

彼らも、環境の変化に適応するために必死なのだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫のひげは縁起がいい?“猫と縁起”にまつわる日本と海外のジンクス (1.22)

  • ニュース

里親に命を託した保護猫ムギの話 (1.22)

  • ニュース

輸血時に大活躍!「供血猫」って知ってる…? (1.22)

  • ニュース

新人猫のアプローチがイケイケすぎる!(笑) (1.21)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る