TOP>ニュース > デザインよりも安全性。猫の首輪は充分に考慮して選ぼう!

  • ニュース

デザインよりも安全性。猫の首輪は充分に考慮して選ぼう!

猫にとって唯一のアクセサリーだからこそ…

飼い猫には首輪をつけてあげるもの。
そう考える飼い主さんは多い。

しかしこの首輪ってのもピンキリで、安全性が十分確保されているものもあれば「万が一のとき、命にかかわるのでは」と思えるものもある。

首輪は飼い猫のアイデンティティの一つを担うものだけど、一番大切なのは安全であるということ。
今回は猫にとって首輪がどれだけ大切な要素なのか。
これについての話をしていきたい。

万が一のとき、外れない首輪は危ない…

そもそも猫の首輪は、個体識別のための意味合いを持つものでもある。
たとえばもしも飼い猫が脱走してしまった際、首輪は目印として機能するし、連絡先も書いてある首輪なら保護した人から電話がかかってくることもある。
とても大切なものなので、極力外れてほしくはない。

ただ、外れたら外れたで困るものの、全く外れないのも怖いのだ。

たとえば飼い猫がどこかに首輪を引っかけてしまうと、最近の市販品は大体ある程度の体重がかかると外れるようになっている。
でも、丈夫な作りをしていて、そういう機能もない首輪だとそうも行かない。

悲しいことに、高い場所から降りるときに首輪が木の枝に引っかかり、そのままもがいて力尽きてしまった猫というのもいる。
なので、こういう緊急事態に直面したときは、首輪が外れてくれないと命取りになるということはおぼえておきたい。

それにもし、逸走した猫の首輪が外れたとしても、マイクロチップを埋め込んでおくと保護されたのちに再会できる可能性も残る。
心配性な飼い主さんも、首輪は第一の再会手段。マイクロチップが第二の手段、といったように認識しておくことで、力が加わると外れる首輪をつけてもらうことに抵抗もなくなるはずだ。

我が家でもヒヤリ!安全な首輪でよかった…

猫と暮らしていると、一度ぐらいは首輪周りのトラブルに遭遇することがある。

たとえばウチではよく後ろ脚で首回りを掻いているとき、脚が首輪と首の隙間に入り込んで抜けなくなることがある。
大体数秒でスポッと抜けるけど、たまに爪が引っかかると軽いパニックになる。

そういうときにドタバタ暴れることで外れてくれる首輪は、やっぱり安心できる。

また、前に飼い猫同士がケンカしていたとき、猫の前脚がやはり首輪に引っかかって2頭ともパニックになったことがあった。
このときも首輪が引っ張られることで外れてくれたので事なきを得た。

これがもしも、なかなか外れにくい作りをした首輪だったら、お互いに怪我をしていたかもしれない。
やっぱり首輪は、有事の際にはちゃんと外れてくれるものを選ぶに越したことはない。

おわりに

とかく、猫の首輪は何かに引っかかったときに外れないと、それだけで事故のリスクが高まってしまう。
なので、ある程度の力が加わると外れる仕様のものにしておくと、命の危険がない。

もちろん首輪には、万が一の脱走の際に役立つように日ごろから連絡先を記入しておくことも大事。
だがそれよりも、トラブルの際には外れてもいいように割り切っておくことも大切だ。

ウチでは猫の首輪専門店で購入した、強い力が加わると外れてくれる首輪を愛用している。
デザインも可愛いものが多いので集める楽しみもある。
今はおしゃれで安全な首輪が多いので嬉しいところだ。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

あなたの足も猫足に!「能ある猫は、爪隠す」シリーズから猫が爪を隠している手足をイメージした... (6.13)

  • ニュース

愛猫家なら知っておきたい!猫にまつわるオススメの歌を集めてみた! (6.13)

  • ニュース

どこ行くの?と可愛い2人が見てきた。 (6.13)

  • ニュース

運動は効果なし…?デブ猫ちゃんは「食事制限」でダイエットを (6.12)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る