TOP>ニュース > この子は生まれ変わりかも…ペットロス後に出会った1匹の茶トラ猫

  • ニュース

この子は生まれ変わりかも…ペットロス後に出会った1匹の茶トラ猫

代わりなんていないけど、また戻ってきた気がする…

多くの猫飼いさんは「いつか生まれ変わっても、また会いに来てほしい」という祈りを込め、大切な愛猫を見送るもの。そんな願いが叶ったと感じているのが、茶トラのレオくんと暮らしているmimimi.kunさん。

「顔の形や模様もそうですが、何か言葉では表現できない“この子感”がレオにはあり、ミーコの生まれ変わりだと感じます。」

かけがえのない存在だった先住猫のミーコ

先住猫ミーコちゃんと出会った時、mimimi.kunさんは小学5年生。「近所の猫が通院していた動物病院に里親募集中の猫がいることを知り、祖母や従姉妹と一緒に見に行きました。」

抱っこをした時、肩によじ登ってきたミーコちゃんにmimimi.kunさんは一目惚れ。牧場に行く予定でしたが、一般家庭に迎えられることを優先したいと考えた獣医師さんの計らいにより、mimimi.kunさん宅で暮らすことになりました。

ミーコちゃんは女の子ながら、近所のボス猫に就任。よく喧嘩をして帰ってきましたが、近所にある工場の屋根から降りられなくなって、救出に向かったこともあったのだとか。生まれ持ったおてんばな性格を晩年まで、いかんなく発揮していました。

やがて、足腰が弱くなり、外へ出ず、家の中でのんびり過ごすようになりましたが、粗相することなく、最後まで自力でトイレへ。そして、自宅に迎えてから21年が経ったある朝、眠るように息を引き取りました。

家族はみな、最愛の存在を失った悲しみからペットロスに。「ミーコだから我が家にいて、ミーコだから一緒にいた。猫はミーコだけで十分。他の子を迎えることはないと思っていました。」

大好きだった愛猫の面影を感じる猫に出会って

ところが、それから5年後、運命の出会いが。ある日、熱帯魚を見にペットショップへ行ったお父さんとお兄さんはスコティッシュフォールドのレオくんに目を奪われました。

mimimi.kunさん家族はどちらかというと「命を買うこと」に否定的でしたが、レオくんを見た途端、2人は「ミーコの面影がある」と感じ、家に迎えることを即決。mimimi.kunさんのもとにはお母さんから「猫が来るかも」というメールが入りました。

「それまで、猫を飼うなんていう話は全くなかったので、意味が分からないと思いました(笑)でも、なぜだかメールを見た時、ゴールドに色のミーコが頭に浮かんで。帰宅したら、イメージした通りの子がお行儀よく座っていたのでびっくりしました。」

実際、レオくんと接してみると、食いしん坊なところや撫でられるのがあまり好きではないところがミーコちゃんとそっくりだったそう。「でも、レオはミーコよりもおっちょこちょい。現代っ子ならぬ、現代猫感があります。」

レオくんは今やmimimi.kunさんにとって子どものようでもあり、時には子分、師匠にもなってくれる存在。毎日「かわいいね!天才だね!お利口だね」と声をかけ、スキンシップを取っています。

「人からかわいいと褒められたら、そうなんですと認めちゃうほど私は親バカで猫バカです。でも、こうやって一緒にいられる今、愛情をたくさん表現したいと思っています。たとえ、噛みつかれたとしても(笑)」

ペットを亡くす悲しみを知っているからこそ、一緒に過ごせる時間を大切にしたいと考えるmimimi.kunさん現在ペットロスで苦しんでいる方に向け、こんなメッセージを贈ってもいます。

「悲しんで悲しんで悲しんだらいいと思います。だって、忘れることなどできないし、代わりの子なんていないのですから。ただ、旅立ったあの子がどんな自分を好きでいてくれたか、どんな瞳で見つめてくれていたかを少しだけ想像していただけたら…と。」

そしたら、食事もしないといけないし、お風呂も入らなければいけないと思えるはず。今日も明日も明後日も泣いていい。想いを馳せてもいい。けれど、少しずつ少しずつ、当時と同じような生活をすることも大切―。

そう語るmimimi.kunさんはゆっくり時間をかけて心を癒し、死を受け止められたら…と考えています。「後悔はきっとたくさんあるはず。でも、それはこれまでいっぱい大好きで大好きで大好きだった証です。」

動物家族の死は人間家族の死よりも、まだまだ軽視されやすいもの。しかし、遺された側が感じる悲しみや苦しみに差はありません。mimimi.kunさんの言葉はぽっかりと空いた穴の埋め方を見つけるヒントとなるはず。

2人の生活を見守りつつ、悲しみの受け入れ方も少しずつ考えていきたいものですね。

取材協力:mimimi.kunさん

インスタグラム

https://www.instagram.com/mimimi.kun/

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

あなたの足も猫足に!「能ある猫は、爪隠す」シリーズから猫が爪を隠している手足をイメージした... (6.13)

  • ニュース

愛猫家なら知っておきたい!猫にまつわるオススメの歌を集めてみた! (6.13)

  • ニュース

どこ行くの?と可愛い2人が見てきた。 (6.13)

  • ニュース

運動は効果なし…?デブ猫ちゃんは「食事制限」でダイエットを (6.12)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る