TOP>ニュース > 私は犬と猫から徹底した「取り調べ」を受けるのが習慣になっている。

  • ニュース

私は犬と猫から徹底した「取り調べ」を受けるのが習慣になっている。

虹の橋を渡る日まで

お風呂が嬉しい季節になった。この時期、私は犬と猫から徹底して風呂上がりの「取り調べ」を受けるのが習慣になっている。

最初は風呂から上がって、犬と猫から身体を嗅ぎまわられるのが不思議でならなかった。風呂上がりの湿った身体に犬猫の毛がべったりつくので嫌だったけれど、どんなに逃げ回っても絶対に逃れられないので、あきらめている。

風呂から上がった私に向かって、二頭の犬と二頭の猫がわらわらと突進してくる。何だかライオンの群れに襲われる動物のような気持もするけど、この瞬間はちょっと嬉しい。

まず、二頭のゴールデンが脛(すね)から膝にかけて、くんくん匂いを嗅ぎまわる。猫は犬たちのすき間に入り込んで体の側面を足にこすりつける。しゃがむと二頭の猫が左右の肩に一頭ずつ乗って首筋を嗅ぎまわり、犬は伸びあがって髪の毛に顔を突っ込んで匂いをかぐ。かなり徹底した匂いの取り調べを受けるのだ。

同じゴールデンを飼っている人に聞いたら、風呂上がりの取り調べはよくある行動らしい。でも、わが家の様に徹底してやられるケースは少ないようだ。「お風呂の入浴剤の匂いが気になるんじゃない?」と言われたが、わが家は入浴剤を使っていないし、シャンプーやボディーソープを無香料に変えても必ずやられる。

くんくん嗅ぎまわって私だと確認されたら終了で、またわらわらとリビングに戻っていく。ゴールデンがお尻をプリプリさせながら去っていくのを見送った後、バスルームに戻ってもう一度シャワーで身体についた毛を洗い流さなければならない。

「お風呂に入った後で、毛だらけにされちゃって、またシャワーを浴びなきゃならないのよ」と文句を言ったら、夫は「いいなあ、やって欲しい」とうらやましがる。「いろいろ嗅ぎまわられてクシャクシャにされてみたい」そうだ。そんなものかしら?

二頭のゴールデンは夫が独身時代に飼っていた子で、猫二頭は私が夫のマンションに連れてきた。引っ越した当初、猫たちは犬にフーシャー威嚇していたけれど、すぐにゴールデンの尾を枕に寝るほど仲良くなった。犬たちも猫がいないと心配してソワソワと探し回る。

私が風呂に入っていつもの体の匂いが消えると、犬や猫は心配して、私を確認に来るのだと思う。新しい環境にすぐになじんで、のんきに暮らしている様に見えるけれど、やっぱり彼らにとってはそれなりにストレスがあったのかもしれない。

優しく穏やかなゴールデンでも、新参者の私に神経を使っているのかもしれない。匂いを嗅ぎまわる時はかなり真剣で、私だとわかっているようでも、しつこく念入りに嗅ぎにきて、安心するとペロペロなめて、自分の匂いをつけたがる。

どんな匂いになっても、私が飼い主の一人だと確実に認識できたら、この「風呂後の取り調べ」は無くなるのだろうか。それとも、深刻な理由など無くて、単に風呂後の楽しい「匂い嗅ぎの遊び」なのだろうか。

理由は不明だけれど、ペットにとって「取り調べ」が必要な行為ならば、甘んじて受けてやろうと思っている。毛だらけになって、いっとき動物になった気分を味わうのも、良いかもしれない。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

 

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「猫の集会」を邪魔したら監視されるようになった知人の話 (6.18)

  • ニュース

まるで猫のミルフィーユ!敷布団に入り込む姿が予想の斜め上だった (6.18)

  • ニュース

簡単そうで難しい問題!ペットにとって最適なフードの選び方とは (6.17)

  • ニュース

飼育6年目で初繁殖に成功!神戸どうぶつ王国で双子のサーバル赤ちゃんが誕生 (6.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る