TOP>ニュース > 母の忘れ形見。ヘルパー先で出会ったサビ猫のかなちゃん

  • ニュース

母の忘れ形見。ヘルパー先で出会ったサビ猫のかなちゃん

辛い時期を一緒に乗り越えた愛猫。そして、これからも…

今から4年ほど前の秋に保護されたサビ猫のかなちゃんは、
えこーさん(@Littleecho22)にとって、特別な存在。

「この子は、母の忘れ形見。大切な家族で娘みたいなものです。」2人は共に支え合いながら、大切な人の死を乗り越えてきました。

ヘルパー先で母が保護した1匹の子猫

かなちゃんは、ヘルパーをしていたえこーさんのお母さんが利用者さん宅にて出会った子。当時、えこーさん家族はちょうど猫と暮らしたいと思っていたため、おうちに迎えることにしました。「数匹の子猫がいた中で、とっさに掴んだのがこの子だったそうです。利用者さんの名前の一部を貰い、かなちゃんになりました。」

幼いかなちゃんは、家族が驚くほどの破壊魔。壁紙を剥がしたり、ダンボール製の爪とぎをバラバラにしたりとやんちゃな性格をいかんなく発揮しました。「一度、里親さんに託したのですが、暴れすぎて3日で帰ってきました(笑)それからは、ずっと一緒です。」

保護したのはお母さんでしたが、おうちで実際にかなちゃんのお世話を担当していたのは、えこーさんだったよう。「母はわりと私にお世話を丸投げしていました(笑)ただし、爪切りの時には2人で協力していましたね。」

そんな光景を見ていたお父さんはかなちゃんのために、専用のねこ小屋をDIY。家族の愛をたっぷりと受け、かなちゃんはすくすく成長していきました。

母の死を一緒に乗り越えた大切な家族

しかし、それから3~4ヶ月ほどしてお母さんが逝去。大切な存在を亡くし、2人は悲しみにくれました。「まだ子猫で、一緒に過ごした期間も短かったので、かなちゃんが母の死をどこまで理解していたかは不明ですが、何かは感じていたような気がします。母が亡くなってからはよく、仏間には入り込んでいました。」

それまでかなちゃんはお母さんとえこーさんの両方にベッタリでしたが、お母さんが亡くなった後は寂しさを埋めるかのように、えこーさんにより甘えるように。気温が低くなると、えこーさんの寝床に潜り込み、眠るようにもなりました。

「いつも辛い時には、かなちゃんがそばにいてくれました。母が亡くなって沈んでいた私はかなちゃんによって癒された気がします。」

現在4歳となったかなちゃんは、相変わらずえこーさんにベッタリ。出勤前や帰宅時には、必ずお見送りをしてくれます。「他人には狂暴な面を見せることもありますが、私だとされるがまま。狂暴で破壊魔だけど私にだけはデレてくれるので、正直たまりません。」

こうしたギャップだけでなく、後ろ足に茶トラが混じり、靴下模様になっているところにもえこーさんは日々、キュンとしています。「多分、人生で最初で最後の猫―。ずっと一緒だよと伝えたい。」

お母さんが残してくれた命ある形見はえこーさんにとって、様々な記憶を思い出させてくれる大切な存在でもあるよう。2人はいつかお母さんと再会できる日を想いながら、今日を謳歌しています。

取材協力:えこー(@Littleecho22)さん

Twitter
https://twitter.com/Littleecho22

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

温泉宿の敏腕の広報担当!雪の中を突き進むラッセル猫に惚れた!! (1.19)

  • ニュース

猫にも同性愛はある?オス同士での交尾行動の意味とは (1.18)

  • ニュース

ヒャッホーー!!ぬいぐるみをもらってテンションアゲアゲな仔猫 (1.18)

  • ニュース

なぜ猫は飼い主のトイレをのぞき見したくなるのか? (1.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る