TOP>ニュース > 誰かの苦しみにも寄り添えるように。鳥取県・岩美町にペットと泊まれるゲストハウスをオープンさせたい

  • ニュース

誰かの苦しみにも寄り添えるように。鳥取県・岩美町にペットと泊まれるゲストハウスをオープンさせたい

「保護猫×自然」大きな夢の実現に向けて

鳥取県・岩美町は、全国トップクラスの透明度を誇る海や四季の移ろいを感じられる山々がある地。松葉ガニの水揚げ量が日本一で、日本海の幸を使った魚料理が味わえたり、豊かな自然の中で源泉かけ流しの温泉を楽しめたりもします。

そんな土地で、ペットと泊まれるゲストハウスを建てたいと願っているのが、横田さん。

2022年のオープンを目指し、現在CAMPFIREにて支援を募っています。

2匹の保護猫たちとペットOKなゲストハウスを作りたい

「私は10年間ほど、親の希望で教員をしていました。でも、人の上に立って指導することにやりがいを感じられなくて。結婚するもDVやパワハラなどを受け、離婚…。何度も体調を崩す中、自分が本当にやりたいことは何だろうかと考えるようになりました。」

そうした中で浮かんできたのが、学生時代にビジネスホテルや温泉旅館でアルバイトをし、“誰かをもてなすこと”にやりがいを感じた記憶でした。「釣りが好きなので、以前からよく岩美町は訪れていたのですが、この時に初めて鳥取県の東部にはペットと泊まれるゲストハウスがないことを知りました。だから、古民家をリノベーションしてペットと宿泊できるゲストハウスを建てようと思ったんです。」

そこで協力を要請したのが、自身の愛猫ウニちゃん(4歳/三毛猫)とシノちゃん(0歳/茶トラ)。

ウニちゃんは女将、シノちゃんには社長に就任してもらうことにしました。

実は、2匹とも保護猫。上品な印象を与えるウニちゃんは4年前、仕事の帰りに出会った子。弱々しく鳴く姿を見て放っておけなくなった横田さんは、家に迎えることにしました。

生まれて初めての猫との暮らしは毎日、戸惑いと驚きの連続。当時、生後3ヶ月ほどだったウニちゃんは家中の障子を破ったり、ダンボールを食い破ったりとやりたい放題。「でも、初めて膝に乗ってきてくれた時はとても嬉しかった。あの感動は今でも忘れられません。」

一方、シノちゃんは野良猫の子どもで、今年の2月に近所の方によって保護された子。「なんとか一匹だけでも助けて」とお願いされ、横田さん宅へやってきました。

しかし、迎えた直後から、いくら排便を促しても中々出なかったため、動物病院を何件もめぐることに。ようやく判明したのは、先天性の鎖肛(※生まれつき直腸がなかったり、極端に狭かったりする病気)だという事実でした。

「シノは私が教員だった時に生徒が拾ってきて助けられなかった子によく似ていた。だから、これはきっと試練だと思い、絶対に救おうと決めました。」横田さんはクラウドファンディングを活用しながら多額の手術費を捻出。その結果、シノちゃんは4回もの手術を頑張り、命を紡ぐことができました。

「とても人懐っこくて、肩にも膝にも乗る甘えん坊さん。お風呂に入っている間も扉の前でウロウロしているので、かわいくてたまりません。」

横田さんは、そんな2匹とのふれあいルームもゲストハウスに設けようと考えています。「お話したり、一緒におもちゃで遊んだりできる空間にしたいと考えています。お茶を飲みつつ、ツンデレのウニちゃんと積極的なシノちゃんの対照的な姿を楽しみながらのんびり過ごしてもらいたい。」

日常の中で言えない想いに寄り添える場にしたい

自然豊かな地で、日常の疲れを癒したい―。そう願う横田さんは他にも、様々な工夫をゲストハウスに取り入れようと考案中。

「私自身もゲストハウスに宿泊した経験が何度かありますが、知らない方と同じ部屋で過ごすのは意外に緊張感や大変さがあったので、当館は相部屋ではなく、全室ベッド使用の完全個室にしようと思っています。」

現在、想定している宿泊料金は1泊4,980円ほど。広い庭をミニドッグランとして活かしたり、台所を開放して自由に調理ができたりするようにしたいとも考えています。

「コロナ禍であるこの時期を、快適に過ごしていただける宿を研究するための時間にあて、地盤を固めていきたい。そして、コロナが収束する頃には開業し、岩美町を照らすひとつの光になりたいです。」

なお、ゲストハウス内では女性限定にはなりますが、プチ人生相談も受ける予定。「生きづらい、死にたい、つらいなどの気持ちを気軽に相談してほしい。『がんばれ!』なんて言いません。「今」を生きているだけで、充分がんばっていますから。気持ちを吐き出すことで、少しでも楽になってほしいです。」

単にペットと泊まれるだけでなく、訪れる人の心に寄り添い、明日への活力を生み出すゲストハウスを作りたい。そんな横田さんの挑戦は愛犬家や愛猫家にはもちろん、言えない傷を抱えた方の心にも刺さるはず。ぜひクラウドファンディングをチェックし、その想いに触れてみてください。

クラウドファンディングページ
https://camp-fire.jp/projects/view/300530

Twitter
https://twitter.com/qRIKhWWArxTS6QM

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫の目ヤニの原因は「色」でわかる! (1.27)

  • ニュース

なぜそこに…。ウワサの『炊飯器から生える猫』がこちらです (1.27)

  • ニュース

「ヨロコブラ」にハマった【ランドセル猫】 (1.27)

  • ニュース

大型猫種「サイベリアン」の特徴や性格は? (1.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る