TOP>ニュース > 「コンビニ前のヤンキー座り」をする美しいサビ柄のアメショー

  • ニュース

「コンビニ前のヤンキー座り」をする美しいサビ柄のアメショー

唯一無二の美しい猫!“サビ柄のアメショ―”を見たことある?

アメショ―ことアメリカンショートヘアーといえば、猫に詳しくない方でも知っているぐらい有名な猫です。

「アメショ―って、どんな見た目の猫ですか?」と聞かれたら、恐らくほとんどの方は「タビー模様の…」とか「しましまのトラ柄の…」とか回答するのではないでしょうか。

でも実は「タビー模様が入った猫がアメショ―」というわけではないんです!

サビ猫アメショ―の女の子

サビ柄アメショーのここあちゃん7

彼女の名前は「ここあ」ちゃん。珍しいサビ柄のアメリカンショートヘアーの女の子です。

サビ柄アメショーのここあちゃん1

え、サビ猫なのにアメショ―!?と思うかもしれませんが、アメショ―の中にはサビ柄ちゃんも三毛柄ちゃんも白猫黒猫だっているんです。

日本でよく見かけるのがクラシックタビー模様のシルバーなので、そのイメージがついているだけなんですって!

サビ柄アメショーのここあちゃん3

「べっこう猫」とも呼ばれるサビ猫は、黒と赤茶(茶トラ)が不規則にコラージュされた毛色を持つ猫ちゃんのことです。

多種多様な猫の毛色の中でも、個体によって全く柄の出方が違うところは三毛猫と似ていますよね。絵具を混ぜて描いたようなその不思議な毛色は見れば見るほどアーティスティックで、唯一無二の美しさなんです。

ここあちゃんとの出会い

サビ柄アメショーのここあちゃん10

でも、ペットショップなんかにはサビや三毛のアメショ―っていないよね…?と気になった方もいるかもしれません。

趣味と実益を兼ねて日々SNSで猫ウォッチングをしている筆者でも、日本の方が飼われているサビ柄のアメショ―ちゃんを見たのは実はここあちゃんが初めてでした。

それはなぜかというと…

飼い主さんがお話してくれたここあちゃんとの出会いのエピソードの中に答えがありました。

飼い主さんがネコチャンを飼おうと思ったきっかけは、先代の愛猫さんが3歳で突然旅立ってしまったことでした。あまりに辛くてペットロスになりかけていたため、新しい子をお迎えしようと考えたのです。

ある日たまたま立ち寄ったホームセンターのペットショップに、サビ柄のアメショーの仔猫がいました。

サビ柄アメショーのここあちゃん12

もともと「飼うなら保護猫を」と思っていた飼い主さんでしたが、アメショ―なのにサビ柄という理由から破格のお値段になっていたその仔猫のことが気になったのです。

その子について聞いてみようと思い店員さんに声をかけると、返ってきたのは辛辣な言葉の数々でした。

「レッドタビーを出そうと思って交配したけど出なかった失敗作」「たぶん売れ残る」「売れ残ってもこの色ならどんな毛色でも出せるから繁殖には重宝する」

あんまり酷いことばかり言われるのですっかり頭に来てしまった飼い主さんは「こんなに可愛い子をこんなところに一瞬たりとも置いておきたくない」と思い、その場で仔猫を家族に迎える決心をしたのです。

こうして、サビ柄アメショーのここあちゃんには温かいお家ができたのでした。

サビ柄アメショーのここあちゃん11

お店でタビー模様以外のアメショーを見かけることがないのは、そんな人間都合からだったんですね。

生き物を軽んじているショップ店員さんの言葉には心底腹が立ちますが、飼い主さんがここあちゃんをお迎えするきっかけになったと思えば、「ご縁」だったと考えることもできるでしょう。

飼い主さんと出会うことができて、ここあちゃんは日本一幸せなサビ柄アメショ―ちゃんかもしれないですね!

穏やかで、賢くて、ちょっとドジ…?

おやつとけりぐるみ、そして腰トントンやブラッシングが好きというここあちゃん。

よく、サビ柄や三毛柄ネコチャンは空気が読めるような子が多いといいますが、個人的にも今まで出会ったサビちゃんはみんな頭の良い子でした。ここあちゃんもその例にもれず、とっても穏やかで優しく賢い性格の持ち主なんです。

ここあちゃんのおかげですっかりサビ猫の魅力にハマってしまった飼い主さんは、「さびにすと」というサビ猫仲間さんたちの間では隊長的存在なのだといいます。

さて、そんな彼女ですが、賢いだけじゃなくちょっとお茶目な一面もあります。それは、「くつろぎ方が独特なこと」!

サビ柄アメショーのここあちゃん5

その1 コンビニ前のヤンキー座り

サビ柄アメショーのここあちゃん2

その2 おかしなゴメン寝

サビ柄アメショーのここあちゃん8

その3 クラウチングスタート寝

「他の猫ちゃんたちも同じだと思ってたんですが、みんなに『ここあちゃん変なポーズ!』と言われます」と、飼い主さんが教えてくれたのはまるでクラウチングスタートのような後ろ足。

サビ柄アメショーのここあちゃん9

しかもこれ、顔を見るとしっかり目をつぶって寝ているんですよ(笑)不思議ですよね…

さらに、ちょっとドジっ子を思わせるこんなエピソードも。

飼い主さんがお風呂に入ろうと準備していた時のこと。ちょうど「うんちハイ」で部屋の中を駆けまわっていたここあちゃんが、浴室のドアを開けた途端にタイミング良く駆けこみ、そのまま湯船の中にドボンしてしまったのです!

いつもならフタがあるので、本猫はフタに飛び乗るつもりだったのでしょう…

「慌てて救出しましたが、生まれて初めてずぶ濡れになって大パニックでずっと『シャー!シャー!』言ってました」と飼い主さん。その日はすっかり疲れてしまったのか、飼い主さんにベッタリで眠りについたのだということです。

サビ柄アメショーのここあちゃん4

ここあちゃんには申し訳ないですが、いつも優しい優等生のそんなドジっ子な一面は、かなりのキュンポイントです!(笑)

サビ柄アメショーのここあちゃん6

美しいサビ柄を持つアメショ―のここあちゃんをご紹介しました。

sabinyan.cocoaさんのインスタグラム
https://www.instagram.com/sabinyan.cocoa/

取材・文/黒岩ヨシコ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫アレルギーの猫好きはこうやって毎日を猫と暮らしている! (5.7)

  • ニュース

「何見てんだこるぅあ~!」オラつく猫のクセがすごい(笑) (5.7)

  • ニュース

ねこねこ食パンから限定フレーバー「キジトラ」販売! (5.6)

  • ニュース

老猫が一分一秒でも長く生きていて欲しいと願う理由 (5.6)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る