TOP>ニュース > 獣医さんに聞く。なぜ猫にとって大切な栄養素に「水」が含まれるのか?

  • ニュース

獣医さんに聞く。なぜ猫にとって大切な栄養素に「水」が含まれるのか?

なぜ猫にとって大切な栄養素に「水」が含まれるのか?【兵藤哲夫の徒然日記】

これから寒くなると冷たい水を嫌がって、飲水量が減ってしまうネコちゃんがいます。猫の死因のナンバーワンでもある腎臓病の引き金になってしまうので、お水はたっぷり与えてあげたいものですね。

水は6大栄養素のひとつ

この水ですが、猫にとって必要な栄養素の中に含まれます。人間とおなじく猫が必要な「六大栄養素」と呼ばれるものがあり、炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル・水となっています。

「水なんてカロリーゼロなのに、なぜ?」と思われる人も多いかもしれませんが、水は身体の大部分を構成している栄養素のひとつで、身体の中の代謝反応や物質の輸送に「必要不可欠」なのです。したがって、猫にとって水はとても大切な栄養素として位置づけられています。

炭水化物やビタミンが身体から50%以上失われても命に影響はありませんが、体内の水分を15%以上失うと命の危険があります。水はネコちゃんにとっても、とても重要な栄養素のひとつなのです。

猫はもともと砂漠の生き物で、水分の少ない地域で命を繋いできた歴史があります。少ない水を体内で有効に使うために、尿を濃縮して排泄する身体の仕組みになっています。そのために、腎臓に負担がかかりやすく、猫の死亡原因のトップが腎臓病になってしまうのです。

好きなタイプの水飲みを見つけよう

水分を積極的に摂取することが、猫の健康維持のためには絶対に欠かせません。水を上手に飲ませるコツのひとつとして、よく飼い主さんにアドバイスしているのが、部屋の中で複数の水飲み場を作って、飲みたい時にすぐ飲めるようにすることです。

特に高齢のネコちゃんは水飲み場に行くまでの間がストレスになっていて、飲水量が少なくなることがあります。どこでもすぐに、水が飲めるようにしておきましょう。

猫が好きな水飲みのスタイルもあります。小さな器は、顔を器に突っ込みたくない子には適しません。流れる水が好きな子のために、給水器を用意するのも良いでしょう。顔が写るステンレスが嫌な子や、陶器でないと飲まない子など、その子の好みに合わせて用意できれば良いですね。

意外と「水飲み用の器を変えたらたくさん飲むようになった」という飼い主さんは多いので、いろいろ試してみるのも良いかもしれません。その際にはネコちゃんのストレスにならないよう、古い器はそのままにして、安心感を保ちつつ、新しい器を加えて試す方法が一番です。

水は汲みたての水道水が一番です。人間用のミネラルウオーターでは、尿路結石の原因となる場合があります。

兵藤動物病院 兵藤哲夫
麻布大学獣医学科卒業後、1963年横浜市にて兵藤動物病院を開設。ヒョウドウアニマルケア代表として公益社団法人日本動物福祉協会理事、横浜市獣医師会理事などを歴任。TBSラジオこども電話相談室の回答者などをつとめた。

文・編集/柿川鮎子

 

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

地震の時に猫の目を見たらダメって本当? (11.29)

  • ニュース

あっちゃ〜…あなたが陥りやすいメールの失敗【心理テスト】 (11.29)

  • ニュース

行方不明だった猫が1年11日ぶりに帰宅したけど… (11.29)

  • ニュース

高画質な猫写真を自宅で楽しむ!ねこフォトカード配布イベント開催! (11.29)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る