TOP>ニュース > 蚕は無防備!だから猫が必要だった!?

  • ニュース

蚕は無防備!だから猫が必要だった!?

猫は昔、養蚕業の守り神だった!

キジトラ猫のアップ

その昔、養蚕業は日本の主要な産業の一翼であった。
弥生時代に中国大陸から伝わった養蚕のノウハウは、明治時代頃にその最盛期を迎えたとされる。
この頃には実に良質な生糸が国内で産出されるレベルになっており、本場中国の生糸と比べても引けを取らないものであったという。

現在では養蚕は往時の勢いはなくなって久しいが、一時は世界的に見ても良質な生糸を各国に送り出すほどの高い品質をキープしていたのは事実である。
ところで、なぜいきなり養蚕の話をしているのか?
これには理由がある。

実は養蚕業は、外敵に対して防御手段を持たない蚕を育てる必要があることから、その蚕を守るための工夫や努力が必須だったのだ。
そしてこの工夫のひとつに、猫を使うという策が用いられていたのだ。

蚕は無防備!だから番人が必要だった!

養蚕場の様子

蚕という昆虫は、人間が品種改良の末に生み出した家畜。
そのために人が手を入れないと生きていけない。自然下では絶対に存在できないほどか弱い生き物である。
だから外敵への防御手段も持たない。
そして、常に人間が良質のクワの葉を与えないとならない。自分では餌を探せないのだ。

そんな蚕なので、たとえば養蚕場に侵入したネズミにとっては、格好の餌となる。
実際にネズミによって食い荒らされる被害は昔から養蚕家の悩みの種であったようで、これに対処するために猫に白羽の矢が立ったのである。

猫はネズミを襲って食う捕食者の一面がある。
養蚕業を営む世帯にとっては、この習性はありがたいものだったのだろう。
養蚕施設に猫を番人として雇用することで、ここに侵入するネズミを退治してくれるというわけなので、直接的に養蚕家を助けることになったわけである。

ただし、猫によってはネズミを追うことをしない個体もいたはずなので、この辺は猫の実際の動き云々より、猫がいることでネズミ除けができるというおまじないのような側面で重宝されていた側面が否めない。

ネズミ除けの絵札に描かれた猫たち

白黒猫

前述のように、猫のすべてが能動的にネズミを追いかけて捕食するわけではない。
しかし、それでも養蚕業を営む上で、猫の存在は貴重でありがたいものであった。
その理由の一つが、猫という動物を崇めることで、ネズミ除けができるという一種の信仰が芽生えたというものである。

昔の人は何かにつけ「信心から」を地で行くところがあったが、養蚕業者の間では、日本での養蚕業が最盛期を迎える明治の時代にかけて徐々に猫絵が重宝されるようになっている。
この猫絵とは、家に置いておくだけでネズミが遠のくとされる護符のようなもの。
猫の墨絵が描かれており、やけに写実的なタッチのものもかなりの数が現存している。

これらを作成したのがさる大名一族で、この一族は名家ではあったもののろくな扶持がなく、猫絵を作成して出荷し、主に国内の養蚕家に供給していたとされている。
イラストは稚拙なものもあったが、多くは先に書いたように写実的なもの。
恐らくこの一族は、貧しい中にも猫を手元に置き、その猫を観察しながら、極力丁寧な猫絵を輩出していたのだろう。

猫絵の猫は体格もしっかりして太っているため、もしかするとこの一族は、自分たちの食い扶持よりも猫の食事を優先していたのかもしれない。
実際、おしゃれな首輪や飾り付きの衣装などを着せた猫のイラストも多く残っているし……。

おわりに

自力ではほとんどなにもできず、外敵からも身を守る術のない蚕は、ネズミなどの外敵にされるがまま。
そういった状況を、猫を飼うことで防げたということも、一部ではあったかもしれない。
その成功例をありがたく思った人々が、今度は猫絵を大切にして養蚕の発展と無事を祈っていたということは、当時の信心深い日本人からすると、当たり前の帰結なのかも。

もっとも、僕としては「猫は蚕も狙うんじゃないの?」と心配にはなってしまう。
が、普段からあまり動かない蚕は猫も積極的に狙わないけど、その外敵であるネズミは機敏に動くので猫の注意を引くから、捕食対象として追いかけるはず。
そういう様子を見た人たちにとっては、猫は養蚕には欠かせないコンパニオンだと認識するのは当然だったのだろう。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

行方不明だった猫が1年11日ぶりに帰宅したけど… (11.29)

  • ニュース

高画質な猫写真を自宅で楽しむ!ねこフォトカード配布イベント開催! (11.29)

  • ニュース

科学的に効果が検証された猫専用音楽を、わが家の愛猫に聴かせたら…? (11.28)

  • ニュース

なんで猫って靴下の臭いを嗅ぐの? (11.28)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る