TOP>ニュース > 先住猫のアメショーと保護猫を対面させたらどうなる…?

  • ニュース

先住猫のアメショーと保護猫を対面させたらどうなる…?

体格差が歴然なツーショットが、たまらなくかわいい…!

サビ子ぴよさん(@oldcrow1029)宅のチコちゃん(左:キジトラ)とぴよくん(右:アメショー)が仲良く並んだこの1枚を目にすると、思わずそんな言葉が漏れそうになります。今回は、そんな2匹の絆を取材しました。

生後1ヶ月の保護猫を引き取って多頭飼いに

サビ子ぴよさんが先住猫ぴよくんを迎えたのは、かつて里親募集にて迎えたサビ猫と離れることになったため。「両親に懐いたこともあり、実家に残すことに決めたのですが、自分が寂しくなってしまって…。」

そうした心の隙間を埋めてくれたのが、ぴよくん。サビ子ぴよさんの心身に寄り添い続けてくれました。

そんな日常はチコちゃんと出会い、さらに賑やかなものに。今年の6月、サビ子ぴよさんは職場の敷地内で猫を保護しているボランティアさんを目にし、生後1ヶ月ほどだったチコちゃんを引き取りたいと申し出ました。「ぴよが寂しくならないよう、多頭飼いをしようと考えていたので迷いはありませんでした。」

おうちでは、ぴよくんの心身に配慮し、最初チコちゃんにはケージで過ごしてもらうことに。ぴよくんが気に入っている座布団やおもちゃをケージに入れたり、出したりしてにおいの交換を徹底しました。

そうした入念な下準備を経て、初対面させてみると、ぴよくんはチコちゃんをグルーミングし、受け入れてくれたのだそう。

「男の子ですが、チコを見て、母性が芽生えたのかもしれません。」

それ以来、2匹は大の仲良しに。

共に遊び、眠り、交流を深めています。

先住猫ぴよが見せる「兄心」

そんな2匹、実は性格が真逆。チコちゃんが臆病で時間をかけて心を許すのに対し、ぴよくんは好奇心旺盛で、人間好き。飼い主さんをストーキングすることもあります。「チコは朝目覚めると、何かをしゃべりながら一緒に階段を降りてくれる。一方、ぴよはリラックスしている時、遠く離れた場所からあおむけに寝転んでこちらを見てきます。」

しかし、チコちゃんという妹ができたことで、ぴよくんにはある変化が。「以前は、夜に僕の顔の横で眠っていたのですが、今はそのポジションをチコに譲っています。」

嬉しいことや楽しいことは、妹にも分けてあげよう―…。ぴよくんのさりげない配慮には、そんな兄心が込められているように思えます。

「2匹は名前の母音が同じなので、どちらかを呼ぶと共に振り返ってくれます。」日常を振り返り、そう笑うサビ子ぴよさんは2匹の性格を尊重しながら、多頭飼いライフを満喫中。

温かなまなざしを向けられたぴよくんとチコちゃんはこれからも、血のつながりを超えた絆を育んでいくことでしょう。

 

取材協力:サビ子ぴよさん(@oldcrow1029)

Twitter:https://twitter.com/oldcrow1029

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

侵入してきた野良猫ちゃんに怒り心頭のフーちゃん (12.3)

  • ニュース

婚活貧乏で三十路の私が猫で結婚できたわけ (12.2)

  • ニュース

猫のサイレントニャー。実は人間が聞き取れないだけだった説 (12.2)

  • ニュース

気になる中身は?ヴィレッジヴァンガードの「猫の台所福袋」! (12.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る