TOP>ニュース > 猫は吐く動物!でも飼い主の工夫で嘔吐は減らせる

  • ニュース

猫は吐く動物!でも飼い主の工夫で嘔吐は減らせる

猫の嘔吐を減らすために、飼い主が気を付けるポイントとは?

先日、よく育った猫草を近所からいただいた。

持ち帰ると猫たちが大はしゃぎ。すぐにかぶりつき、あっという間に猫草がズタボロになってしまった。

その後、20分もしないうちに猫たちが「カコッカコッ」と言い出した。
これを個人的には「嘔吐のしらべ」と呼んでいる。

一気に草を食べたので吐き戻すってわけだ。
そして猫は2回に分けて吐くことが多い。
瞬く間に家のあちこちに嘔吐の水たまりが完成した。

そしてその吐いたものの中に毛玉も混じっていた。猫草を食べさせて吐き気を催させ、毛玉も出してもらおうという目論見が成功したわけだ。
めでたしめでたし……でも、猫ってのはここまでお膳立てしなくたって元々吐きやすい動物でもある。

人によっては「うちの猫、やけに嘔吐する頻度が高いな」と心配することもあるかも。
ただ、ちょっとした飼い主の気遣いで、嘔吐する回数を減らすことはできる。

今回は、誰でもできるその気遣いについて紹介していきたい。

食事はドカ食いさせない!

猫が吐く理由としてメジャーな、一気食いからの嘔吐。
あまりに一気に食べ過ぎると、その後「食べ過ぎた、苦しい」となってしまい、吐き戻してしまう。
こういう事態を防ぐには、そもそもドカ食いさせないことが大事。

たとえばカリカリをあげる場合も、一度に30グラムも40グラムもあげるのではなく、多くても20グラムぐらいずつあげて様子見をする。
猫によっては、あればあるだけ食べちゃう個体もいるので、少しずつあたえていき、まだ足りなそうなら時間を置いてちょっと追加するなどの工夫をしてみてはどうだろうか。

これをやれば、猫も食べ過ぎで嘔吐する頻度は間違いなく低くなるはず。
嘔吐の回数が減れば、それだけ部屋を掃除したり、敷物をクリーニングする回数も減るので、飼い主の負担も少なくなる。

毎日こまめなブラッシングを!

それから、猫の嘔吐の内訳として無視できないのが毛玉の嘔吐。
猫は自分の身体を絶えずグルーミングして綺麗に保っている。
ただ、その際に自分の毛を多数体の中に取り込んでしまう。このため、毛玉として吐き出すことになる。

これを防ぐには、毎日飼い猫の身体をブラシで梳いてあげることが一番。
ブラッシングをすれば猫も気持ちいいし、抜け毛をまとめてごっそり取り除くことができる。
そのうえで猫がグルーミングをすれば、抜け毛を飲み込むことも少なくなり、ひいては毛玉として嘔吐する頻度も下がることとなる。

単純な理屈だが、やるとやらないとでは大違い。
特に毛足の長い猫ちゃんには、より一層こまめなブラッシングを心がけると効果的だろう。

おわりに

猫の嘔吐頻度は、飼育下においては飼い主がかなりの割合でコントロールできるもの。
ご飯を少しずつ様子見をしながらあたえることで吐き戻しは減るし、毎日愛情こめてブラッシングすると、毛玉の嘔吐頻度は目に見えて減る。

嘔吐の回数が減れば家具を吐しゃ物で汚してクリーニングしなければならないという面倒も減る。
飼い主も助かる。

ただ、上記のような対策や、そのほかにも色々と気遣いをしているのに、それでも嘔吐が多い場合には胃腸炎などの可能性も考えられる。
こういうときに頼りになるのはいつだって、専門家。

獣医師さんに診てもらうことを強くオススメしたい。
飼い猫の健康と、飼い主の安心のために。

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

カプセルトイ「文豪猫」が発売。文豪たちがかわいらしい猫のフィギュアに変身 (12.1)

  • ニュース

心と体に負担を与えないためには?猫のダイエット時に意識したいポイント3選 (12.1)

  • ニュース

出産後の母猫が気を付けたい3つの病気とは? (11.28)

  • ニュース

猫用木製家具ブランド「KARIMOKU CAT」など、愛犬・愛猫と心地よく暮らせるペット用... (11.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る