TOP>ニュース > ペットを緊急時に診てもらえる病院、確保してある?

  • ニュース

ペットを緊急時に診てもらえる病院、確保してある?

ペットを緊急時に診てもらえる病院、確保してある?

突然の病気やケガ…それも病院の診察時間外に!さぁどうする?

毎日平和?油断は禁物です!

「うちの子は若くて元気だし、ケガも病気もしたことがない」と思う飼い主さんもいるかもしれませんが、油断は禁物。

「犬生」「猫生」の間に一度も緊急時がこなければもちろんそれが一番いいことです。

でも、たとえばわんぱくな子犬はちょっと目を離した隙に誤飲をしたり、猫が一日中オシッコが出なくてぐったりしていたりなど、トラブルはいつでも起こり得るもの。
持病がある子なら、急変の可能性もあります。

それがかかりつけの病院の診察時間内ではなく、深夜や早朝だったらどうしましょう。

万が一の時のために、ぜひ、緊急時に診てもらえる病院を探しておくことをお勧めします。

愛猫の嘔吐が止まらず、深夜に救急病院へ

「私が“大・興・奮”してしまったねねちゃんです」

筆者の愛猫ねねは、ある日の夜、何の前触れもなく突然嘔吐が止まらなくなったことがありました。

もともと吐く体質ではなかったこと、連続で嘔吐して脱水の恐れがあったことから、救急病院に電話してすぐに向かいました。

幸い、かかりつけの病院から車で20分ほどのところにある本院が深夜も診察を行っており、分院と電子カルテを共有していることからこれまでの病歴もすぐに把握してもらえ、診察はとてもスムーズ。

ねねは吐き気止めと点滴を打ってもらい、事なきを得ました。

実はつい最近も、危うく救急病院にお世話になりそうな出来事があったんです。

新しい薬をねねに飲ませることになったある日のこと。
夕方に薬を飲ませたところ、夜に「興奮して延々と鳴き続ける」という副作用が発生しました(涙)。

見ているのがツラいくらい興奮していたので、救急病院に相談の電話をしたところ、獣医師が「時間と共に副作用は収まりますよ」と言ってくださり、それだけで安心感がありましたね。

「今の状態だと飼い主さんも眠れないと思うので、預かりますよ?」と優しい言葉もかけていただきましたが、しっかり家で見守りました! 新しい薬は夕方から始めちゃダメだと実感した体験です。

もしもの時に診てもらえる病院の探し方

誰がいつ、具合が悪くなるかなんてわかりません!

まずはかかりつけの病院の先生に聞いてみましょう。
個人病院なら、「急患はいつでも受け入れている」という可能性もあります。

そうでない場合も、適切な病院を紹介してくれるはずです。
その病院まで、「Googleマップ」などで家からどのくらいの時間かかるのかもチェックしておきましょう。

近くにそういった病院がない場合は、最近は獣医師にオンラインで相談できるサービスもあるので、情報を探しておくのも手です。

病気、ケガ、事故、そしてめったに遭遇することはないかもしれませんが、「夜に目もまだ開いていないような子猫を保護した」なんていう時も、夜間・早朝に診察してくれる病院の存在は頼もしいものです。

飼い主さんが慌てることのないように、万が一の時に備えておくデメリットは何一つありません。

この記事を読んでくださった方が、すぐに行動に移してくださると大変うれしいです。

文/賀来比呂美

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫アレルギー持ちの猫LOVERさんに朗報!猫アレルギーの出にくい猫カフェ「CatsHous... (10.24)

  • ニュース

イタリアとイギリスの『黒猫の日』を知ってる?ハロウィンとの悲しい関係も【世界の猫の日】 (10.23)

  • ニュース

白猫が「育児放棄」する驚くべき理由って? (10.23)

  • ニュース

猫が雨の日におとなしくなる理由 (10.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る