TOP>ニュース > 私が保護活動をするようになったワケ

  • ニュース

私が保護活動をするようになったワケ

強い想いが込められた猫の保護活動

現在15匹の愛猫と暮らしつつ、4匹の保護猫を育てているあーちゃんさんは個人で保護活動中。今回は、動物の命を救いたいと思うようになった経緯や活動に込めた想いなどを詳しく伺いました。

きっかけは野良猫の子どもを保護したこと

あーちゃんさんが保護活動を始めようと思ったのは、今から4年前の5月に野良猫が産んだ子どもを保護したから。「祖母が自宅庭の裏に寝床を作ってご飯を食べさせていた野良猫が4匹の子猫を産みました。5月にしてはとても暑く、1匹が衰弱し、母猫も帰ってこなかったので保護しました。」

それまで、あーちゃんさんは正直、どちらかと言えば保護活動に対してマイナスなイメージを持っていたそう。生き物は同種同士でしか育てることは難しい、仮に育てられたとしても、自分の時間や余裕がなくなると考えていました。

しかし、実際に保護してみると、時間や余裕がなくなる大変さより、自分の手で生命を育て、新しい家族に生命のバトンを繋げることに達成感や幸福を感じたそう。

「それまで私はマイナス思考で、毎日生きることに必死で…。何のために生きているのかも分からず鬱々としていた。でも、全力で一日一日を楽しく幸せに生きながら成長していく姿を目にしていたら、私自身も生きることが楽しく幸せだと感じれるようになりました。」あーちゃんさんは保護活動を通し、生きることや幸せになる権利はみんな平等で、人間と動物で違いはないということを学んだと言います。

ちなみに、当時保護した子たちは今もあーちゃんさん宅に。「猫にどんな病気があるのか、どうやって哺乳瓶から飲むのか、排泄はどうするのかなど、この子たちからは本当にたくさんのことを教わりました。」

助からなかった2つの命への謝罪と、その経験から生まれた命への想い。それらは今のあーちゃんさんの原動力となっています。

「人間は怖くない」と教えたい

保護活動をする時にあーちゃんさんが心がけているのは、「人間は怖くない」と教えること。特に目が開いていない子猫は全てが初めてだからこそ、無理矢理なでたり抱いたりせず、少しずつ歩み寄るようにしています。

また、自宅では猫たちの年齢や性格に配慮し、過ごしやすい空間を保っているよう。「猫同士は、家に慣れてから対面させるようにしています。また、保護後はすぐに病院で健康診断を受けさせ、病気の子は違う部屋でケージに入れて隔離出来るようにもしています。」

他にも、離乳食に切り替える適切なタイミングを病院に相談したり、子猫がよちよち歩いたり走ったりするようになったら、家具の下などに入らないorぶつかっても大丈夫なよう、角などが出ない配置にもするのだそう。自宅がどの猫にとっても安心できる居場所になるよう気を付けているからこそ、あーちゃんさん宅の猫たちは穏やかな日常を送れています。

そんなあーちゃんさんが、これまで助けた中で一番印象深かったのは今年の9月に保護した子猫たち。「深夜、仕事に行こうとした家族が玄関先で、誰かが置いて行った7匹の子猫を見つけました。」

その日は豪雨で冷え込んだため、すでに2匹は亡くなっており、生きていた5匹も衰弱。急いで身体を温めましたが、数時間後に1匹、夜にまた1匹が逝去。だからこそ、生き延びた3匹はあーちゃんさんにとって尊い存在なのです。

「ひとつの生命を助け、育てるということは想像以上に大変なこと。金銭的負担も感じます。

私は個人で細々と出来る範囲でしていますが、出来ないことのほうが多く、悩むことあります。それに、団体ではないので保護活動をすることを周りから反対され、悔しい思いもしてきました。でも、それ以上に猫から幸せを貰えて、嬉しかった。」

消えそうな命を前に、そう感じてきたあーちゃんさん。だからこそ、コロナ禍で自宅待機になった一部の人が猫や犬を家族に迎え、緊急事態宣言解除後に遺棄しているというニュースを目にし、深い悲しみを感じました。

「動物も家族から急に離され、簡単にサヨナラされたら不安で、怖く、悲しい。だから、最期まで育てられない・一緒に暮らせないなら安易に家族に迎えいれないでほしい。幸せに暮らせる子たちが増え、ひとつの生命が助かりやすい世界になってほしいです。」

もし、保護活動をしてみたいと思ってくれるのなら、無理のない範囲で出来ることをしてほしい。そして、保護した場合は投げ出さず、命と全力で向き合ってほしい―。そう訴えるあーちゃんさんは命の儚さと生きたいと願う動物たちの強い想いを目にしながら、今日もひとつの生命を救っています。

 

Twitter:@mashukoro

インスタグラム:niyankobiyori

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

チューするとすぐ舐める。珍しい舌ペロフーちゃん。 (10.25)

  • ニュース

注意!子猫に成猫用のフードをあげると、栄養不足になる? (10.24)

  • ニュース

猫アレルギー持ちの猫LOVERさんに朗報!猫アレルギーの出にくい猫カフェ「CatsHous... (10.24)

  • ニュース

イタリアとイギリスの『黒猫の日』を知ってる?ハロウィンとの悲しい関係も【世界の猫の日】 (10.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る