TOP>ニュース > 亡くなった愛猫たちが会いに来てくれた話

  • ニュース

亡くなった愛猫たちが会いに来てくれた話

またいつか会おうね。それまで、さようなら。

私が人生をきちんと終わらせたら、一緒に虹の橋を渡ろう。それまで待っててね―。亡くなった2匹の愛猫にそんな言葉をかけるのは、しのぶさん(@kikitonyanta)。しのぶさんは愛猫のキキさん(享年20歳)とニャン太くん(享年推定11歳)が天国へ旅立った後、不思議な体験をしました。

2匹の愛猫と運命的な出会いをして…

キキさんは、ペットショップの店員さんから譲り受けた子。

「当時、一緒に住んでいた友人とお店に行ったら、店員さんから我が家で生まれた猫はどうかと声をかけられて。友達宅から出ていく時、私が連れて帰りました。」

対して、ニャン太くんは元野良猫。

しのぶさんとは、赤い糸で結ばれていたかのようでした。「ある日、人懐っこい子猫と出会いました。連れて帰りたいなと思いましたが、すでにキキがいたので諦めました。」

しかし、数年後、とある駐輪場で自分のバイクにだけ足跡をつける猫を発見。その猫は鼻提灯をつくり、見るからに具合が悪そう。「飼い主がいるかもしれないと思い、しばらく様子を見ていましたが、いる気配はなく、このままでは死んでしまうと思ったので動物病院へ連れて行きました。」

その猫は体重が1.9kgしかなく、熱があり、口内炎や脱水症状も見られたそう。「子猫かと思っていたので、推定2~3歳と知って驚きました。それで気づいたんです。数年前に出会って、飼いたいと思っていた子だなと。」

2匹はおうちで、ほどよい距離感を保っていましたが、どちらかが変な鳴き声をあげると飛んできて心配し合っていたのだとか。喧嘩ごっこをした時の勝者はいつもキキさん。

「若いオスだったニャン太は、その気になればやっつけられただろうけれど、キキがニャン太の頭を叩いたら終了の合図でした。」

ニャン太くんにとって、年上のキキさんはお姉さんであり、お母さん。良いことも悪いこともキキさんの真似をして学習しました。

中でも、しのぶさんの心に一番残っているのはトイレを覚えてくれたこと。「ニャン太は初め、紙の上で用を足していたので、どうしたら覚えてくれるのだろうと悩んでいました。でも、キキのトイレを見て覚えてくれた。トイレ砂でしてくれた時は母と共に感動しました。」

大人しく、優等生のようだったキキさんと暴れん坊でストーカー気質のあったニャン太くんは性格の違いを尊重し合いながら、同居生活を楽しんでいたようです。

大切な愛猫たちの最期

しかし、年を重ねるにつれ、2匹の体には異変が見られるように。「キキの場合は食欲がなくなり、トイレも失敗し始めたので病院へ。初めは、腎機能が落ちたのかもしれないと言われましたが、リンパ腫でした。」

最期の日、キキさんはなぜかリビングからしのぶさんの部屋に這いずってでも行こうとしたため、自室で寝かせることに。「そしたら、呼吸が荒くなり、瞳孔も開いてきて。母と共にお別れの言葉をたくさん言いました。」しのぶさんが「ありがとう。楽しかったし、愛してるよ」と伝えた瞬間、キキさんは口をパクパクさせて息を引き取ったそう。

「多分、最後のお返事とお別れの言葉を言ってくれたんだと思います。キキには『20歳まで生きて、死ぬときはピンピンコロリよ』と言い続けていたのですが、本当にその通りになって…。」

一方、ニャン太くんは舌をしまい忘れることが増えたため、病院へ。

レントゲンを撮ると鼻腔の辺りにかすかなモヤがありました。やがて、鼻血混じりの青っ鼻が出るようになり、点鼻薬も効かず、食欲不振に。体重も減っていきました。

そして、ある日、後ろ足がもつれ、頭を撫でていたしのぶさんを威嚇。これまで牙を向けたことがなかったニャン太くんの豹変に驚き、すぐに動物病院へ。「それ以来、ニャン太は痙攣発作を起こすようになりました。その姿を見るたび、私は頑張らなくていいとしか言えなくて…。手を握って、そばに居るよ、大丈夫だよと伝え続けました。」

それから数日後の朝、ニャン太くんはしのぶさんがバイトをしている最中に、静かに息を引き取ったそう。そして、ニャン太くんが旅立った後、しのぶさんは不思議な出来事を経験しました。

亡くなった愛猫たちが会いに来てくれた

「亡くなった日の晩、部屋に何かいるなと思ったら、ニャン太が箱座りしてたんです。」その日だけでなく、しのぶさんはお盆の1週間前にも奇妙な体験をしたのだそう。「ベットで手を出しながら寝ていたら、何かが私の手に擦るように触れて。ニャン太がする癖と同じ。あの子が来てると思いました。」

また、今年の秋分の日はキキちゃんが夢に現れたそう。「キキは新盆の時に1度だけ夢に出てきてくれたのですが、今年はペット供養があった日に久しぶりに出てきてくれて。」夢の中でキキさんはみるみる小さくなり、サバ柄の子猫に。「もしかしたら、今度はこの柄で生まれてくると教えてくれたのかもしれません。まさかの見つけてねという意味だったら驚きです(笑)」

もしかしたら私たちが亡き愛猫を想うように、旅立った愛猫たちも飼い主さんを恋しく思い、不思議な形で会いに来てくれることもあるのかもしれません。再び会えた時、3人はどんな思い出話に花を咲かせるのか、今から楽しみになってしまいます。

 

取材協力:しのぶ(@kikitonyanta)さん

Twitter

https://twitter.com/kikitonyanta

文=古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫好きなら知っていて当然!アビシニアンにはどんな特徴がある? (10.31)

  • ニュース

猫の“首の後ろ”に隠されたヒミツと、誰もが知るあのマークの由来。 (10.31)

  • ニュース

生後2ヶ月の仔猫が見せるスリッパへの異常な愛情 (10.31)

  • ニュース

音にびっくりした黒猫、同様に目を丸くしてこちらを凝視。 (10.31)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る