TOP>ニュース > アメリカでは10月16日も29日も「猫の日」なんだって!【世界の猫の日】

  • ニュース

アメリカでは10月16日も29日も「猫の日」なんだって!【世界の猫の日】

アメリカでは10月16日も29日も「猫の日」なんだって!【世界の猫の日】

日本で「猫の日」といえば、ニャンニャンニャンの2月22日や「世界猫の日(International Cat Day)」の8月8日ですよね。でも実は、世界各国には独自の猫の日がたくさんあるんです!

世界中にある猫の日はいつなのか、世界ではどんなことをしているのか、猫ヲタクとしては気になるところ…というわけで、今回はアメリカで生まれた二つの「猫の日」をご紹介します。

●アメリカで生まれた「黒猫感謝の日」についてはこちらの記事をどうぞ
『黒猫感謝の日』を知らなかった人~?手を挙げて~!!

10月16日は「全国野良猫の日(National Feral Cat Day)」

野良の三毛猫の子猫

10月16日は全国野良猫の日(National Feral Cat Day)。野良猫の生活や問題について興味を持ってもらい、殺処分される野良猫を減らす活動を広めたいという野良猫のための日です!

自宅にいる猫を愛でるというより、地域活動的な意味合いが強いのが特徴ですね。

実は、2017年に「グローバルキャットデー(Global Cat Day)」という名称に変更されているのですが、ややこしいので当記事では「野良猫の日」の方で紹介させていただきます。あしからず。

全国野良猫の日では、不幸な道を辿る猫を増やさないための「地域猫」の活動に特に力を入れています。野良猫を捕獲器で捕獲し、避妊去勢手術をした後に元に戻すTNR(Trap-Neuter-Return)は、近年日本でも認知が広まってきましたよね。

個体数が増えすぎるのを防ぎ、安全で清潔なコミュニティを作ることができれば、野良猫も街で平和に暮らすことができるようになるというのが、地域猫の考え方。その活動を続けるための寄付やTNRの協力者を募る機会になるのが全国野良猫の日なのです。

さらに、賛同する人たちがSNSを使って活動を拡散したりすることで、普段は興味がない人たちにも少しだけ野良猫に目を向けてもらうことができるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Street_Cats_Of_LA(@street_cats_of_la)がシェアした投稿

ちなみにインスタグラムでは、野良出身の我が子を自慢する日でもあるようです。「#nationalferalcatday」というハッシュタグで見ることができるので、ぜひ幸せそうな元野良猫たちの顔を覗いてみてくださいね。

全国野良猫の日の由来って?

キジトラの野良猫

全国野良猫の日は、2001年に非営利の動物愛護団体「Alley Cat Allies」によって作られました。メリーランド州を拠点とするAlley Cat Alliesは、TNRの仕組みをアメリカへ取り入れたことでも知られています。

We are a resource for tens of thousands of dedicated cat caregivers, advocates, nonprofit groups, and volunteers driving change and accelerating protection for millions of cats worldwide.

訳:私たちは、世界中の何百万匹もの猫の変化を推進し、保護を加速する、何万人もの献身的な猫の世話をする人、擁護者、非営利団体、ボランティアのためのリソースです。

出典:About | What is Alley Cat Allies | The Leading Global Cat Advocacy Organization

TNR活動の他にも、Alley Cat Alliesは野良猫の命を守るために保護施設や地方条例に働きかけを行っている世界的なチームです。活動と地域猫に対する理解を広めたいという思いで、全国野良猫の日が作られたというわけなんですね。

10月29日は「全米猫の日(National Cat Day USA)」

女性に撫でられている猫

変わって、10月29日は全米猫の日(National Cat Day USA)です。愛猫の健康に良いおやつや新しいおもちゃをプレゼントし、マッサージやブラッシングをして、愛すべき猫の友達を称える日です!

また、家にいる友達だけじゃなく、保護施設で家族を待つ猫たちにも目を向けてほしいという願いが込められた日でもあります。

(抜粋)The Top 20 Ways to Celebrate National Cat Day
1.Adopt a cat from your local shelter or cat rescue.
3.Donate blankets, food and toys to animal welfare organizations.
12.Buy your cat a fun new toy….condo, bed or treats!
20.Have a National Cat Day party and invite all your friends and their cats!

訳:
1.地元の避難所または猫の救助から猫を養子にします。
3.毛布、食べ物、おもちゃを動物福祉団体に寄付します。
12.猫に楽しい新しいおもちゃを購入しましょう。コンドミニアム、ベッド、おやつです。
20.National Cat Dayパーティーを開き、すべての友達とその猫を招待しましょう。

出典:20 Ways to Celebrate National Cat Day

全米猫の日の公式ページには、「全米猫の日を祝う20の方法」としてこのようなことが書かれています。

不幸な猫を減らしたいという思いは全国野良猫の日と同様ですが、こちらは保護猫の里親に対する理解を広めていきたいという意味合いが強いようですね。

ちなみに、「National Cat Day」のみだと8月8日の世界猫の日の方を指すことが多いため、記事ではUSAとつけて区別しています。インスタグラムやツイッターで「#nationalcatday」のハッシュタグを検索すると大量にヒットするのですが、どちらの日を指しているかは実のところ曖昧です…

とはいえ、どちらの日のことだったとしても幸せそうな元保護ネコチャンたちの画像をたくさん見ることができるので、どちらでも良いかもしれません(笑)

全米猫の日の由来って?

野良猫と女性

全米猫の日は、2005年にアメリカ動物虐待防止協会の支援を受けたコリーンペイジ(Colleen Paige)という1人の女性の手で作られました。

コリーンペイジは、アメリカを代表するペットライフスタイル&福祉の専門家で、自然保護や作家など多岐にわたる活動をしています。

実は全米猫の日以外にも8月26日の「全米犬の日(National Dog Day)」や4月11日の「全米ペットの日(National Pet Day)」などを設立した功績があるという彼女。コリーンペイジが作った記念日がきっかけでSNSやネットでの動物愛護の認知が広まり、何百万もの犬猫の命が救われたであろうといわれています。

全米猫の日に仔猫を配達!?「#UberKITTENS」プロジェクト

抱っこされている仔猫

2015年の全米猫の日では、アメリカのUberによる仔猫をお届けする驚きのプロモーションが話題になりました。その名も「#UberKITTENS」!

Uberは、ご存じフードやスイーツを気軽に宅配してもらえることで話題になったUber Eats(ウーバーイーツ)の会社です。

配達は10月29日の11時~15時までの間、配達先は北米の限られた地域で、個人宅ではなくオフィスのみと決まっています。仔猫と遊べるのは15分間で、#UberKITTENSの利用者は30ドルを支払って束の間の仔猫との癒しの時間を満喫していたそう。

なんとあのクリスチャンルブタンでも#UberKITTENSを利用していたということで、ツイートを見かけた方もいるかもしれませんね。

保護猫の認知拡大や里親探しが目的のこのキャンペーンでは、実際にお届けがきっかけで家族を見つけた仔猫もいます。また、集まった金額は動物保護施設に寄付され、猫たちのために使われるということ。

仔猫に負担がかかるのでは?などと考えると賛否両論あるかもしれませんが…保護猫のことを広く知ってもらうためのプロモーションとしては画期的ですよね。たった15分がきっかけで猫の可愛さの虜になったり、保護猫の存在に興味を持ってくれる人が増えたのだと思うと素敵な取り組みです。

アメリカのペット事情、ペットショップには保護猫しかいないって本当?

かごに入った仔猫たち

最後に、アメリカにまつわるペット事情のお話を少し…

2019年1月、アメリカのカリフォルニア州では「保護施設からやってきた犬、猫、ウサギ以外はペットショップで販売してはならない」という州法が施行されました。違反者には1頭あたり500ドルの罰金が科せられます。

つまり、カリフォルニア州のペットショップで家族を待っているのは、どの子もみんな保護猫や保護犬なのです。なんて素晴らしい法律なのでしょう!(ブリーダーからの直接購入は例外ということですが)

鳴いている仔猫

日本と比べてアメリカは動物愛護に対して先進的といわれていますが、州全体でペットショップでの生体販売を禁止したのは実はカリフォルニア州が初めてです。

以前カリフォルニア州に住んでいて、現在はミシガン州にお住まいの猫飼いさんに伺ったお話によると、実際のところは州や都市によっても細かく法律が別れているのだそう。野良猫や捨て猫についても、州によってはまだまだ見かけることがあるということ。

場所によってルールが異なるという印象が強く、日本と同じように生体販売が行われているペットショップもまだあり、「色々な意見、考えがあるのがまたアメリカらしいかもしれません」とお話してくださいました。

猫の日に猫好きができること

気持ちよさそうな猫

アメリカで作られた二つの猫の日「全国野良猫の日」と「全米猫の日」についてご紹介しました。

個人的には、国内だけでなく海外の猫事情を知ることで何かできることが広がるのではないかな、と考えています。

「あ、そういえば全米猫の日だから今日はおやつを寄付しよう」「保護施設のツイートをたくさんリツイートしよう」そんなささいな猫助けのきっかけが、どんどん増えていくことを願います。

文/黒岩ヨシコ

参照:
National Cat Day | Holidays | Worldwide
colleenpaige
Clear Your Calendars—#UberKITTENS Are Back | Uber Newsroom
Uber lets users hail a kitten on National Cat Day | PR Week

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

チューするとすぐ舐める。珍しい舌ペロフーちゃん。 (10.25)

  • ニュース

注意!子猫に成猫用のフードをあげると、栄養不足になる? (10.24)

  • ニュース

猫アレルギー持ちの猫LOVERさんに朗報!猫アレルギーの出にくい猫カフェ「CatsHous... (10.24)

  • ニュース

イタリアとイギリスの『黒猫の日』を知ってる?ハロウィンとの悲しい関係も【世界の猫の日】 (10.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る