TOP>ニュース > 車いすの飼い主さんと1匹の保護猫のしあわせな日常

  • ニュース

車いすの飼い主さんと1匹の保護猫のしあわせな日常

車いすの飼い主さんと1匹の保護猫のしあわせな日常

車いす生活でも、猫と一緒に暮らしたい。そんな夢を叶えた@Raoh80169015さんは愛猫ラオウちゃんと過ごせる日々に幸せを感じています。

葛藤を乗り越えて手に入れた「猫と暮らす日常」

家族と同居していた頃に猫を飼っていた@Raoh80169015さんは、一人暮らしを始めてからも、また猫と暮らしたいと思い、保護猫を迎えるために様々な保護施設へ足を運んでいたそう。
しかし、車いすであることを理由に断られてしまうことがほとんど。

そんな時に行きついたのが、ラオウちゃんを保護していた施設。
「色々と葛藤はあられたようですが、私に任せてくださいました。今では、大事にしてくれてありがとうと、お礼まで言ってくださって。」

実は、ラオウちゃんを迎える前、自分は本当に猫を幸せにできるだろうかと悩んだこともあったそう。

「正直、少しだけ、猫生に責任を持つことに対して不安がありました。」けれど、長年ずっと抱いてきた「お迎えしたい」という気持ちのほうが強く、勇気を出すことに。

「いざ迎えてみたら不安は吹き飛びました。毎日一緒にわいわい過ごせることがとても嬉しいです。」

お迎え後に「女の子」であることが発覚!

「ラオウ」という名前は、人気漫画「北斗の拳」から取ったもの。
ところが、命名後、実は女の子だったことが発覚。

「でも、今はジェンダーレスな世の中なので、引き続きかっこいい子になるよう、ラオウで通しています(笑)」

ラオウちゃんは初め、@Raoh80169015さんが乗る電動車いすの音を怖がっていましたが、今ではタイヤに近づいたり、車いすの上で寝たりと、すっかり慣れた様子。
時には車いすをベッドにし、くつろぐこともあります。

日常生活の中では、@Raoh80169015さんを優しく包み込んでくれることも。

「私が風邪で寝込むと、自分のぬいぐるみを枕元に持ってきてくれ、一日中ぴたっとくっついて看病してくれます。こんなお利口な猫はいないなと思う。」

一方、ラオウちゃんは若猫らしいやんちゃな一面も持ち合わせています。

一見、おしとやかな美猫さんに見えますが、@Raoh80169015さんを引っ掻いたり、部屋の中でひとり運動会を開催したりすることも。

しかし、そんな光景も@Raoh80169015さんにとっては、笑顔の理由になっています。

愛猫に「恩返し」をしたい

なくてはならない、本当の家族のような存在―。
ラオウちゃんを、そう表現する@Raoh80169015さんは自動給餌器やシステムトイレを導入し、共に快適に暮らせるよう、配慮。

「動物病院への移動や投薬など、自分でできないことは友人や周りの方々が手伝ってくれます。」

障がいを抱えていると、動物と暮らす上で健常者とはまた違った工夫が必要になることは、たしかにあるもの。
けれど、日頃から周囲と連携できているからこそ、いざという時に大切な家族の命を守りやすくもなります。

これは、共に生きる中で大切なこと。自分の身が明日どうなるか分からない、こんなご時世だからこそ、@Raoh80169015さんとラオウちゃんの暮らしや周囲との繋がり方から、私たちが学べること、気づかされることはたくさんあります。

「ラオちゃんがいることで助けられていることがたくさんある。私も恩返ししなきゃ…と思わされます。」そんな想いを抱く@Raoh80169015さんに対してラオウちゃんはきっと、「そばにいてくれるだけで十分」と思っているはず。

寄り添い合いながら暮らす2人は今日も、お互いのぬくもりを感じ、幸せを噛みしめています。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

心と体に負担を与えないためには?猫のダイエット時に意識したいポイント3選 (12.1)

  • ニュース

出産後の母猫が気を付けたい3つの病気とは? (11.28)

  • ニュース

猫用木製家具ブランド「KARIMOKU CAT」など、愛犬・愛猫と心地よく暮らせるペット用... (11.26)

  • ニュース

どの時間帯に掃除機をかければ、愛猫のストレスにならないのか? (11.25)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る