TOP>ニュース > 猫愛とアートが融合!猫アートの祭典「藝大の猫展2020」に行って来た。【彫刻作品編】

  • ニュース

猫愛とアートが融合!猫アートの祭典「藝大の猫展2020」に行って来た。【彫刻作品編】

猫が魅せる一瞬の所作が、彫刻作品によってカタチになった。

藝大ゆかりの「猫派」アーティストが、藝大の美術学部構内にあるアートショップ「藝大アートプラザ」に集結! 2019年5月に開催され、大好評を博した猫アートの祭典「藝大の猫展」(入場料無料)の2回目となる「藝大の猫展2020」が2020年9月18日からスタートしました。今年は参加アーティストも出品作品も一気に増え、さらにパワーアップ。展示作品はすべて購入できるため、初日には人気作品目当てのお客様の行列ができ、入場制限を行ったほど。

猫好きもアート好きも見逃せない、大注目の「藝大の猫展2020」をさっそくチェックしてきました! 前編の「彫刻作品編」、後編の「絵画作品編」、2回に分けてレポートします。

フォト・スポットで、あくび猫ちゃんがお出迎え


▲松原維子「あくび 小」(66,000円)

入口で出迎えてくれるのは、大きな口を開けてあくびをしている等身大の猫ちゃん。

アートプラザ全体が撮影OKですが、特にお勧めは入口を入ってすぐにあるこのフォト・スポット。あくびちゃん(勝手に命名)とのツーショット記念写真を撮影できます。

等身大の猫アートと見つめ合える「キャットウォークSHOW」が出現!

今回の「藝大の猫展2020」最大の見どころは、なんといっても「キャットウォークSHOW」。藝大の学生と卒業生有志によって制作された等身大の彫刻作品が、高さ1200㎜という、ちょうど鑑賞者と目が合う高さのキャットウォークに展示されているのです。猫の生き生きとした一瞬を切り取った刺激的な作品ばかりで、思わず目が釘付けになりました。


▲川合香鈴「ちょっとみちくさくってるの」(66,000円)

お散歩中に虫でも見つけたのでしょうか。一心不乱に追いかけるまなざし、つかまえようとして前に突き出した手…。好奇心いっぱいの子猫の姿が目に浮かびます。


▲三谷和花「blessed」(82,500円)

表情も、ポーズも、無防備すぎる!360度、どこから見てもスキの無い可愛さ!このままおうちに連れて帰りたい…。


▲北郷江 「パトロールねこ」(75,900円)

なにかあったらすぐに逃げ出せるように体を低くしているこのポーズや表情、臆病なのに好奇心旺盛な猫ちゃんの心の逡巡や、息づかいまでもが伝わってきそう。


▲鈴木友晴「皮猫」(88,000円)

無毛種の代表といわれるスフィンクスでしょうか…。「皮猫」という作品名との併せ技でドキッとするインパクトがありますが、それでもなぜか可愛いのが、猫のすごさ…。


▲(左)藤崎りら「帰りを待つ猫」(38,500円)(右)藤崎りら「家族になった猫」(55,000円)

どちらも、“家族になった猫”特有のやわらかい表情をしています。


▲田村嶺麿「ひかげ」

コンペティション入賞作品、オープン日即完売の人気作品も!


▲平良光子「loving」(220,000円)

本展開催に先立って学内で行われたコンペティションで、「準猫大賞」を受賞した木彫り作品。まつ毛といい、毛並みといい、まるで生きているような質感にびっくり。

 
▲東條明子「いつもの背中」(308,000円)


▲東條明子「待ち人」(165,000円)

藝大アートプラザ随一の人気彫刻家の作品だけあって、オープンと同時に売約済みに。木彫に水彩絵の具や色鉛筆で彩色した作品は、かわいらしさや温かさとともにどこか、寂しさや孤独感も感じられます。


▲白井雪音「Look at  Me」(176,000円)

フォルムといい毛並みといい表情といい、猫特有の高貴なオーラが炸裂していますが、素材はなんと「新聞、割りばし、アクリル絵の具」だそうです。

作品名にこめられたアーティストたちの猫愛に、涙…

その作品名から、アーティストと猫との物語が鮮烈に浮かび上がってくる作品は、とりわけ心に残りました。

 
▲石下雅斗「猫がいた」(198,000円)

いつも傍らにいたのに、ある日、小さな羽根で天国に飛び立ってしまった愛猫…。たった4文字の作品名から、アーティストと猫が紡いできた歴史が浮かび上がってくるよう…。


▲佐々木怜央「ある日から見ない白猫のために」(55,000円)

消えてしまったために、ずっと記憶に残り続ける猫もいます。


▲佐々木怜央「君の心臓は僕より少しだけ早い」(99,000円)

最初、「なぜこれが猫…?」と思いましたが、作品名を見て胸を突かれました。哺乳類は種類によらず一生の心拍数は一定なので、寿命が短い動物ほど、心臓の鼓動が速いことになります。表面の金属箔のすき間から見える透明なガラスの気泡は、はかなくもろい生命を象徴しているよう。人間より小さく、人間より短い生しか与えられていない猫、それゆえの愛しさを、こんな風に表現できるのがアートなんですね。今回見た中で、一番感動した作品がこれかもしれません。

後編では、とりわけ多くの作品が展示されていた絵画から、特に印象に残った作品を紹介します。どうぞお楽しみに!

企画展:「藝大の猫展2020」

2020年9月19日 (土) – 11月15日 (日)

11:00 – 18:00

入場無料

休業日: 9月23日(水)、28日(月)、10月5日(月)、12日(月)、19日(月)、26日(月)、11月2日(月)、9日(月)

関連URL/藝大アートプラザ(https://artplaza.geidai.ac.jp/

2019年の「藝大の猫展」レポート/猫好きがキュン死する珠玉の猫アートだらけ!「藝大の猫展」に行ってきた。(https://petomorrow.jp/news_cat/91925

取材・文/桑原恵美子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

素朴な疑問。子猫って自分の歯を飲み込んでも平気なの? (10.29)

  • ニュース

保護猫カフェから迎えたビビリ猫、「なでなで」まであと一歩! (10.29)

  • ニュース

えーと、このピンクの肉球と白い足先は…誰かな? (10.29)

  • ニュース

先住猫のアメショーと保護猫を対面させたらどうなる…? (10.29)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る