TOP>ニュース > 一緒に暮らして分かった!ロシアンブルーとベンガルの性格とは…?

  • ニュース

一緒に暮らして分かった!ロシアンブルーとベンガルの性格とは…?

飼い主だけが知れる、ロシアンブルーの本当の魅力。

動物図鑑には様々な猫種の特性や性格が、細かく記されているもの。しかし、実際に生活してみると、図鑑では知れない生態を目の当たりにすることも。今回はベンガルとロシアンブルーと暮らしているありささん(@XyIlEqb1cUrlJ7O)に、愛猫の魅力を伺いました!

血統書がつかなかったロシアンブルーを迎えて

ありささん宅で暮らすのは、ロシアンブルーのソラくん(2歳)とベンガル姉妹のミクちゃん、サチちゃん(6ヵ月)。

初めにおうちにやってきたソラくんは、友達の知り合いのブリーダーから譲り受けた子。「ロシアンブルーと暮らしてみたいと思っていた時、ロシアンブルーとロシアンブラックの混血で血統書が付かず、売れないので貰い手を探しているブリーダーがいることを友達から教えてもらったので譲り受けました。」

一般的にロシアンブルーは、人見知りをしやすく飼い主さんにのみ忠実な子が多いと言われている猫種。しかし、ありささん宅には来客が多いからか、ソラくんは人間を怖がることもなく、人見知りもしないのだそう。「来る人みんなに遊んでもらえたからか、修理業者の人が来た時も匂いを嗅ぎに行き、自分から撫でられに行っていました。」

何かをしてほしい時にのみ鳴くのもソラくんのかわいいところ。「鳴いて、目的の場所に私や夫を連れて行きます。」ロシアンブルーは時間に厳しいと言われることもありますが、ソラくんはありささんたちが休日の朝に遅くまで寝ていても無理矢理起こすようなことはなく、自分も隣で一緒に寝ているのだそう。ソラくんの行動からは図鑑では知れないロシアンブルーの魅力が伝わってきます。

「犬のように賢く、ダメだと教えたことをしっかり守るのは図鑑に書かれている通りです。トレーニングを行えば、お座りやお手を習得してくれるので、猫らしさと犬らしさの両方が味わえる猫種。」

そんなソラくんに対して、ありささんが心がけているのは、きちんと遊ばせてあげること。遊ぶことが大好きな猫種であるからこそ、大きめのキャットタワーを設置したり、おもちゃで一緒に遊ぶ時間を必ず設けたりしているそう。「上下の運動が好きなので、キャットウォークも設置しています。あと、叱る時に大声を出すと、逆に言う事を聞かなくなるので、怒鳴らないよう、低い声で叱るようにしています。」

野性味あふれるベンガルの性格は…?

ベンガル姉妹のミクちゃんとサチちゃんとの出会いは、ある里親募集サイト。実は2匹、カビが生えたから売れないという勝手な理由でブリーダーから見放された姉妹。

「母猫が育児を嫌がったのでお乳も貰えなくて。風邪も引いており、辛うじて与えられていたウェットフードを食べるのが難しかったため非常に痩せ細っていたそうです。ミクに至っては、片方の目が塞がった状態でした。」幸いにも優しい団体さんに保護された2匹は縁があり、ありささん宅にやってきたのです。

ベンガルといえば、活発で人懐っこい猫種。ミクちゃんとサチちゃんはまさにその通りで、誰に対しても自ら匂いを嗅ぎに行き、擦り寄るのだそう。「身体能力が高く、子猫では難しそうな高さでも平気。」

ただし、同じ猫種でも2匹は体格や性格に違いがあるよう。例えば、抱っこが好きのミクちゃんは大人しくて華奢。あまり鳴かず、おもちゃで遊ぶ時も追いかけるよりは待つタイプ。

対して、サチちゃんは筋肉質。とにかく走りまわり、ソラくんやサチちゃんにイタズラをする活発女子です。「持久力があり、足腰がしっかりしているので、永遠におもちゃを追いかけまわしています。よく鳴き、抱っこされるのを嫌がる自由猫です。」

ベンガルは、エネルギッシュな猫種。だからこそ、ありささんは家中を開放し、走りまわれるようにしているのだそう。「猫じゃらしで遊ぶとじゃれるというよりは追いかけるという感じなので、“走らせること”を意識しています。」

なお、ベンガルは水を浴びるのが好きな子も多いものですが、2匹はどちらも顔に水がかかるのが苦手。ただし、サチちゃんは、お風呂はへっちゃら。「ミクはお風呂も嫌がりますが、水が流れていると気になるみたい。夫が入浴していると、ドアの前で開けてほしそうに待っています。」

2匹と共に暮らす中で、ありささんはクールな見た目なのに甘えん坊だというギャップを魅力的に思っているよう。「堂々とした佇まいは見惚れるものがあります。運動神経がいいので、こんなこともできるのか…と新たな発見をさせられることも多いです。」

ロシアンブルーとベンガルは相性が悪いと言われることもありますが、3匹はとても仲良し。

「ソラは最初、1週間ほどは威嚇していましたが、徐々に慣れて今では追いかけっこやじゃれあいをしています。ソラはミクとサチがいけないことをしたら怒るし、不安そうに鳴いていたら駆け寄って心配してくれる。」

純血種であろうと雑種であろうと、苦しい状況下に置かれている猫は数え切れないほどたくさんいる。だから、新しく家族を迎えたいと考えている人はペットショップへ行く前にまず、里親になるということを考えてほしい―。そう語るありささんは3匹の姿を見つめ、今日も命の大切さを噛みしめています。

取材協力:ありささん(@XyIlEqb1cUrlJ7O)

Twitter

https://twitter.com/XyIlEqb1cUrlJ7O

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

素朴な疑問。子猫って自分の歯を飲み込んでも平気なの? (10.29)

  • ニュース

保護猫カフェから迎えたビビリ猫、「なでなで」まであと一歩! (10.29)

  • ニュース

えーと、このピンクの肉球と白い足先は…誰かな? (10.29)

  • ニュース

先住猫のアメショーと保護猫を対面させたらどうなる…? (10.29)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る