TOP>ニュース > 猫に見られる「便秘サイン」ってどんなものがある?

  • ニュース

猫に見られる「便秘サイン」ってどんなものがある?

便秘のサインってどんなもの?【猫クイズ】

最近、愛猫の排便回数が減っているような気がする…。そんな変化を感じた時、頭によぎるのが便秘になっているのではないかという心配。便秘は放置すると、「巨大結腸症」という病気を引き起こすこともあるため、早期発見し、動物病院へ連れて行ってあげることが大切です。

そこで今回はクイズを通して、便秘時に見られる症状を解説。便秘と間違われやすい「しぶり腹」とはどんな病気なのかもお伝えします。

.便秘のサインとして正しいのは、次のうちどれ?

①便の色がミルクチョコレート色

②トイレに何度も行く

③まっすぐに歩けなくなる

正解は次のページ。

正解は②の「トイレに何度も行く」です。

他にも便秘の時は、下記のような症状がみられるといわれています。

・3日以上便が出ていない

・便の色が黒く、形は細長い

・排便時に痛みを感じている(鳴き声を上げたり、出血が見られたりする)

・活発でなくなる

・お腹が張る

・食欲不振

トイレに何度も行くのは、出なくて力むため。排便ポーズをとるのに2日以上便が出ていない場合は、獣医師に相談してみてください。

便秘は水分不足だけでなく、食物繊維不足や他の基礎疾患が関係して引き起こされることも。例えば、マンクスのように尻尾が短い猫種は尾骨や仙骨に先天的な奇形が生じる確率が高いため、骨盤周辺の神経系に異常が見られることがあり、便秘になりやすいと言われています。

突発的な便秘はサツマイモやカボチャなどを少量与えたり、お腹をマッサージしたりすることで改善することもありますが、慢性化している場合は便秘対策用のフード(療法食)を検討していくことが大切です。

また、シニア猫は運動不足から筋力が衰え、排便がしづらくなって便秘が引き起こされるケースもあるので、できる範囲で運動させ、不要な手助けはしないことも重要。

なお、便秘とよく間違われやすい「しぶり腹」は直腸が炎症によって過敏になり、便の量が少なくても肛門周辺の筋肉が痙攣してしまうので便意を感じてしまう病気。トイレに何度も行ったり、排便ポーズをとっても便がでなかったり(出てもほんの少しや粘液のみ出る場合も)することから、便秘と間違われやすいもの。飼い主さんが見分けることは難しいので、異変を目にしたら、獣医師に相談するようにしましょう。

猫はもともと、水分をあまり摂らない動物であるからこそ、普段の便の状態や回数をしっかりとチェックし、健康を守っていきましょうね。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

猫好きなら知っていて当然!アビシニアンにはどんな特徴がある? (10.31)

  • ニュース

猫の“首の後ろ”に隠されたヒミツと、誰もが知るあのマークの由来。 (10.31)

  • ニュース

生後2ヶ月の仔猫が見せるスリッパへの異常な愛情 (10.31)

  • ニュース

音にびっくりした黒猫、同様に目を丸くしてこちらを凝視。 (10.31)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る