TOP>ニュース > 災害集合住宅の大半は「ペット不可」

  • ニュース

災害集合住宅の大半は「ペット不可」

災害集合住宅の大半は「ペット不可」

僕には友達が少ない。

それは僕の性格が悪いからなんだけども、その少ない友達の中には、僕の布教をもろに受けて犬や猫と暮らすことを検討してくれる人もいる。

日本では年々殺処分数が減っているものの、まだまだ里親を待っているペットは多い。

そういった動物を迎え入れることの素晴らしさをしばしば説いているんだけど、実際これによって「猫を譲渡会で引き取った」という友達も現れた。

草の根中の草の根だけど、これで1頭は安住の地を見つけたわけだ。

しかし、いくらペットと暮らす気持ちになっても、環境探しがネックになって進まないという友達も過去にいた。

そうである。
日本はそもそもペット可物件がまだまだ少ない。このため、なかなか踏ん切りがつかないというケースもあるのだ。

まして災害集合住宅ともなると、ペットは基本お断りだ。そして災害大国日本では、いつ私たちだって、ペットと共に暮らした家を失うかも分からない。

被災者がペットと共に落ち着ける環境はまだまだ少ない…

9月12日、一般社団法人共同通信社が「災害集合住宅でペット可は12%」という見出しの記事を配信している。

2011年3月11日に発生した、東北地方太平洋沖地震災害、および福島第一原子力発電所事故による災害によって災害集合住宅への避難を余儀なくされた被災者は多い。

記事では“東日本大震災の被災者のために岩手、宮城、福島3県22自治体に整備された災害公営住宅2万6880戸のうち、8割超を占める集合住宅タイプで、ペット飼育が可能な住宅数が12%にとどまることが12日、共同通信のアンケートで分かった”と言及している。

災害集合住宅においては、全体のほんの僅かしか、ペットの受け入れがなされていないというわけだ。

直接被災していない人にしてみれば「家を失っても、災害集合住宅があって不幸中の幸い」と無責任なことを思ってしまう側面もある。

が、災害というのは人だけでなく、あらゆる動物をも巻き込んでしまう。

特に福島第一原子力発電所周辺では、ペットを置き去りにしたまま避難を強いられ、そのまま長期間戻れなかったという被災者も多い。

野生化した家畜、犬や猫も現地にはまだ多いと言うが、置き去りのまま飼い主も帰宅を制止され、結果的に餓死してしまったペットも少なくない。

飼い主としてはやっぱり、ペットとは一緒に避難してこそなのだ。

だけど一緒に逃げ延びても、一緒に住める家が災害集合住宅にはないとなると、私財を災害によって失ってしまった人にとってはまさに絶望の一語に尽きることだろう。

“被災して宿無し”は決して他人事ではない。そうなったらどうしよう…

僕は不安だ。これだけ毎年のように地震、台風で少なくない被害が出ているわけだし、「いつかは我が家も」という杞憂はある。

特にウチは戸建てなので周囲に気兼ねもせずに猫と暮らしているが、いざ被災者の身に転じたら、キャリーを抱えたまま避難し、行く先々で同じ境遇の人たちに気を遣わないといけない。

考えたくないことだが、日本に住む以上、これは考えておかなければならない問題ではないだろうか。

前項での引用元の記事にもあるように、東日本大震災のあとに作られた災害集合住宅の大半は、ペットの受け入れはできないものになっている。

普通に考えれば集合住宅である以上、入居者の距離も近い。
動物嫌いな人も大勢いるし、アレルギーの問題もある。

だから集合住宅でペット不可というのは、これはもう仕方がない傾向だろう。

一方で日本は年々ペットを飼育する世帯も増えている。ペットの需要の高さと飼育世帯の多さに、まだまだ需要が追い付いてない様子が垣間見える。

おわりに

日本には「明日は我が身」という言葉がある。

最善策は、万が一、災害によってペットと共に家を捨てなければならなくなったときに備えての蓄えを用意しておくことだ。

もし被災しても、別の地域にすぐに入居先を求めることができる程度の。

そして、万が一の事態は実際に大規模災害のたびに、誰かの身に起きている。

幸い、戸建ても安くて古い物件であれば選択肢としてはそこまで狭くなくなる。もちろん、そのうえでペット可でなければ意味がないが。

もしもに備えて、一気にペットごと引っ越しできる程度の貯蓄。これを常に意識して貯めておくことも、災害大国日本で生きる上では大切なことだと感じる。

それに、徐々にではあるが昨今のペット事情を鑑み、ペットOK物件の数は増えている。

いずれは大規模災害の折にも、避難所から住宅まで、一貫してペットの存在を考慮した自治体も増えてくるはず。

今はそれを待つ過渡期なのかもしれない。

(参考)
一般社団法人共同通信社「災害集合住宅でペット可は12%」
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0912/kyo_200912_3021381068.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

素朴な疑問。子猫って自分の歯を飲み込んでも平気なの? (10.29)

  • ニュース

保護猫カフェから迎えたビビリ猫、「なでなで」まであと一歩! (10.29)

  • ニュース

えーと、このピンクの肉球と白い足先は…誰かな? (10.29)

  • ニュース

先住猫のアメショーと保護猫を対面させたらどうなる…? (10.29)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る