TOP>ニュース > もし猫が牛乳を飲んだらどうなる…?

  • ニュース

もし猫が牛乳を飲んだらどうなる…?

猫と牛乳の関係性

赤ちゃんにとって母から摂取する母乳は必要不可欠。人間だけでなく、猫にとっても母乳は必要で「母乳=牛乳」のイメージで猫に私たちが飲んでいる牛乳を飲ませても問題ないと思ってしまいがちですが・・・。

しかし、牛の母乳の牛乳と、猫の母乳は似ているようで成分が異なります。今回は、ときに猫にとって危険となる牛乳について紹介いたします。

猫にとって牛乳はよくないの?

先ほども述べましたが、牛からとれる牛乳と猫の母乳とでは成分が異なります。ですので、子猫にとっての母乳と牛乳では栄養分が異なり、栄養不足を起こす可能性があります。

ただし、子猫にとって牛乳は栄養不足になることを除けば、体に害があるわけではありません。しかし、成猫は異なります。人でも牛乳を飲むと下痢をしたり体調を崩す人がいます。

その理由は、牛乳に含まれる糖質の乳糖を消化する酵素、ラクターゼが少ないもしくは働きが弱く、乳糖を分解できず起こる現象です。

猫の場合は、授乳中の子猫のときはこのラクターゼがきちんと働いていますが、授乳を終えるとこの酵素の働きが弱くなります。それにより、成猫が牛乳を飲むと、人と同様下痢などの症状を起こしてしまいます。

猫が牛乳を飲んだら?

通常、乳糖は消化酵素ラクターゼの働きによって分解され、腸壁から血液に吸収されますが、ラクターゼが欠乏していると消化吸収できず、腸にとどまり発酵します。それにより、胃のムカつき、下痢、吐き気、食欲不振などの胃腸トラブルを引き起こす原因になります。

ただし、人と同様にすべての猫がそうなるわけではありません。しかし、人用の牛乳は脂肪分も多く、猫にとって必要な飲み物ではないため、人用の牛乳は猫にお勧めできません。

牛乳の代わりに何を与えるのがいいの?

猫は生まれて歯が生えてくるまで母乳を飲み、それから離乳食に変化していきます。生後約12週間ぐらいまではラクターゼが機能していますが、徐々にその機能は弱くなります。

猫にとって水分は重要なので、母乳の代わりに水を多く与えてください。
あまり水を飲まない猫にはウエットフードを与えることを推奨します。

ただし、時には母乳の味が忘れられず、牛乳を欲しがる猫もいます。
その場合は、クリーミータイプのウェットフードなどミルク風味が味わえる食べ物を与えるのがよいでしょう。

文/舟津カナ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ミーは常識はずれに長時間”モミモミ”をする。 (12.5)

  • ニュース

猫のお腹が白いのにはちゃんとした理由がある。 (12.4)

  • ニュース

「おもちゃ、掴めなかった…」感情が顔に出すぎてる猫 (12.4)

  • ニュース

冬本番。地域猫たちはどうやって寒さを凌いでいる? (12.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る