TOP>ニュース > こんなのはヤダ!猫に嫌われやすいブラッシングとは?

  • ニュース

こんなのはヤダ!猫に嫌われやすいブラッシングとは?

猫に嫌われやすいブラッシングとは?【猫クイズ】

毎日のブラッシングは、愛猫の健康を維持するために大切。特に長毛種の場合は毛づくろいだけでは被毛をケアすることが難しかったり、大量の抜け毛を飲み込んで毛球症になったりする可能性があるため、飼い主さんが日常的にブラッシングをしてあげる必要があります。

しかし、そうはいっても、愛猫にブラッシングを嫌がられてしまうと、心が折れてしまうもの…。そこで今回は、猫に嫌がられやすいブラッシングの特徴を紹介。ぜひ参考にし、ブラッシング嫌いを少しでも改善させていきましょう。

Q.猫に嫌われやすいブラッシングは、次のうちどれ?

①背骨を避けてブラッシングをする

②ブラシを軽く握ってブラッシングする

③毛がとれるままにブラッシングをする

正解は次のページ。

正解は③の「毛がとれるままにブラッシングをする」です。

猫愛が強い飼い主さんほど、「抜け毛をちゃんとケアしないと…」と思うと、被毛がとれるだけブラッシングしたくなるもの。しかし、換毛期は特にどれだけブラッシングをしても、被毛が取れ続けるので、取れる毛が減ってきたらその日は終了にすることが大切。長時間ブラッシングを続けるよりも、お手入れの回数を増やすことがポイントです。

ブラシの毛は短いものより、長いものを選ぶのがおすすめ。毛が密集しているものではなく、すきまがあるものを選ぶと痛みを感じさせにくくなります。また、ブラッシングをする時は軽くブラシを握り、力はあまり入れずにとかすようにしましょう。

なお、長毛種の場合は毛が絡まったままブラッシングを行ってしまうと、痛みを感じやすいので、ブラシを使う前にコームでといで毛玉をほぐしてあげましょう。

ブラッシングに慣れさせたい時はまず、首や顔周りなどから行い、「被毛をとく」という行為にいいイメージを持ってもらえるように。ブラシを見せると逃げてしまう場合は普段からブラシを出しっぱなしにしておき、ブラシ自体に慣れてもらうところから始めてみてください。

ブラッシングは愛猫の健康を守るためにも欠かせない、大切なお世話のひとつ。だからこそ、できる限り愛猫がストレスを感じにくいよう、たくさん工夫を盛り込んでみてください。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

災害集合住宅の大半は「ペット不可」 (9.22)

  • ニュース

「猫が病気で死にそうなんだ」猫に負けた恋人のわたし (9.22)

  • ニュース

隠れてこっそり朝食を見守る2人 (9.22)

  • ニュース

目の上の奇跡的な「眉毛模様」を持つ猫を見つけた‼︎ (9.22)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る