TOP>ニュース > 猫の「におい問題」を解決する具体的な方法

  • ニュース

猫の「におい問題」を解決する具体的な方法

猫の「におい問題」を解決するには?

動物と暮らしていると、色々な悩みが出てくるもの。中でも、ストレスの原因になりやすいのが、におい問題。今回は猫飼いさんから実際に寄せられたお悩みをもとに、においを軽減する対策法を紹介します。

<今回のお悩み>

2匹の猫と暮らしているのですが、食べ残したフードやトイレのにおいが気になります。どうしたら、あまりにおわなくなるのでしょうか。

置きエサをやめよう

まず、フードのにおいを解決するには、食べ終わったらすぐにご飯を片付けることを習慣化させていきましょう。置きエサは衛生的に良くなく、フードの鮮度が落ちるので、結局、猫がおいしく感じなくなり、残してしまう…という悪循環に陥ってしまう可能性があります。

また、置きエサは肥満の原因になることも。なぜなら、ご飯を継ぎ足しながらあげていると、どれくらいの量をあげたのか分からなくなってしまうからです。ですから、愛猫の健康を守るためにも、毎日のご飯は決まった時間にあげるようにしていきましょう。

あげる回数は1日2回が一般的ですが、食いしん坊な子には適正量を1日3~4回に分けて与えるのがおすすめ。空腹を感じにくくなるので、満足度が高くなります。

猫砂の見直しと消臭機器の設置を

トイレのにおいを解決するには、猫砂を見直すことも大切です。一番理想的なのは用を足したらすぐに片づけてあげることですが、働いているとそれはなかなか難しいので、消臭力の高い猫砂への切り替えを検討していきましょう。

ちなみに我が家では、システムトイレ×木製ペレットで対処しています。トレイに敷いたトイレシーツは、1週間に2回程度取り換え。トレイ部分やトイレの淵などは、ウェットティッシュや次亜塩素酸水で週に1回掃除するようにしています。我が家ではこの方法で、夏でもにおいが気にならなくなったので、ぜひ参考にしてみてください。

また、猫用トイレを設置しているお部屋に脱臭機や空気清浄機、換気扇を設けることも大切です。我が家では換気扇と、ハンディタイプの小型脱臭機で2重に対策しています。警戒心が強い子の場合は音に怖がらず用が足せるよう、無音の小型脱臭機がおすすめです。

なお、粗相などした時は香り付きの消臭剤でごまかさず、しっかりと元からにおいを取るよう意識しましょう。特にマーキングのおしっこはにおいが強いので、粗相したところに熱湯をかけたり、次亜塩素酸水を使ったりして掃除を。

ただし、粗相の裏には下部尿路系の病気が隠れている可能性があるので、もし頻繁に粗相してしまう場合は早めに獣医師に相談してみてください。おしっこの変化はシステムトイレの「toletta(トレッタ)」などを使用すると早期発見しやすくなるので、そうしたアイテムも取り入れながら健康をチェックしていきましょう。

においによるストレスは積もり積もると飼い主さんにとって大きな負担となり、愛猫との間に溝が生じる原因にもなってしまうので、早めの対処が必要。快適に暮らすためには香りでごまかさず、もとからにおいを絶てる解決法を見つけていきましょう。

文/古川諭香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

一緒に暮らして分かった!ロシアンブルーとベンガルの性格とは…? (9.24)

  • ニュース

我が家の招き猫です【ランドセル猫】 (9.24)

  • ニュース

今のあなたに必要な人は誰?【心理テスト】 (9.23)

  • ニュース

レゴブロックに居場所を侵食された黒猫 (9.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る